56件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

薬価、2.4%引き下げ 厚労省 消費増税で改定率告示 (2019/8/26 素材・医療・ヘルスケア)

新たな薬価は10月1日に適用する。... 新薬創出加算は、20年度に予定される薬価制度改革の焦点の一つだ。18年度の抜本改革では製薬業界の要望に反し、加算の範囲が縮小された。

国内市場も薬価制度改革の影響で先行きが読みにくく、各社は今後、中計の期間や数値目標をどう設定・開示するかが悩みどころとなる。... 協和キリンの宮本社長が述べた通り、国内は薬価制度の動向が読みにくく、...

薬剤費はコストではなく健康長寿社会の実現に向けた投資と考えるべきだとする製薬協の主張が、今後、薬価制度への反映という形で受け入れられるか注目される。... 製薬協は20年度薬価制度改革に向けて、社会的...

治療によって回復した患者の就労促進や介護者の負担軽減、医学・薬学への寄与といった社会的価値を評価するよう政府や医療関係者に提案し、2020年度の薬価制度改革で実現を目指す。 背景には...

眞鍋淳社長は「薬価制度改革の影響で、売上構成比率60%以上を占める国内市場の先行きが不透明。

薬価制度改革などで後発薬市場を取り巻く環境が悪化し、将来にわたる安定的な収益の確保が困難だと判断した。

両社は、薬価制度改革や後発医薬品の普及などで医療用医薬品卸売事業を取り巻く環境が厳しさを増しつつある点も勘案して協業を決めた。

【早期退職が影響】 この背景を、日本CSO協会の阿部安孝会長(アポプラスステーション社長)は「製薬企業は社員に早期退職制度へ手を挙げさせておきながら契約MRは切らない、とはなかなか言...

薬価制度抜本改革に伴って4月から新薬評価の枠組みが縮小されるなど薬剤費抑制の流れが続いており、幅広い議論を促すことで苦境を打破する狙いがある。... これが実現したのは、薬価制度改革を含めて1766億...

顧客の製薬企業は薬価制度改革などを受けて経営資源の最適化を進める傾向にある。

日医工社長・田村友一氏、年210億錠の供給体制に ―薬価制度抜本改革の内容の受け止めは。 ... 「2016年4月の薬価改定や薬剤の適正使用に向けた施策が影響してい...

日本における薬価制度改革や、日本・欧州での後発医薬品浸透が響く。

「社会保障費抑制、薬価頼み」 薬価制度抜本改革の骨子案が中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)で了承された。... 薬価制度抜本改革に伴い、2018年度からは後発薬が...

薬価制度改革で製薬会社の外部環境は厳しいが、「我々が優先して取り組むことは最先端の科学、信頼、高いビジネス成果。

22日には厚生労働省が薬価制度改革案の詳細を提示した。... 新薬創出加算見直し 長期収載品依存にメス こうした中、22日の中医協では薬価制度改革案の詳細が提示された。... 18年...

日本政府が進める薬価制度の抜本改革について、製薬業界が警戒感を強めている。... 年末に向けて薬価制度改革の議論は加速する見通しで、業界の主張がどれだけ理解されるか注目される。... 18年度の薬価制...

薬価制度改革の進展や創薬難易度上昇などで製薬企業の経営環境が悪化する中では、ロシュと中外をモデルとした提携に踏み切る新薬メーカーも出てきそうなものだが、実際はない。

一方、順調といえないのが国内の薬価制度改革。「国民皆保険を守ることは大事だがイノベーション(技術革新)を評価する制度になってほしい」と成り行きを注視する。

「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)2017」が閣議決定された。薬価制度改革関連の内容は、2日に公表されていた素案から大きくは変わっていない。... 薬価制度の抜本改革では、製薬業界が長期収載品...

「今は(政府が薬価制度改革を進めているなど)非常に厳しい時代だが、皆と力を合わせて協会を盛り上げたい」。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる