7件中、1ページ目 1〜7件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

蠕動(ぜんどう)運動でダクト内部を清掃する。

人間の大腸のような蠕動(ぜんどう)運動を模擬し、かき混ぜ用のブレードを使わず、固体燃料を安全で連続的に混ぜ合わせ、ロケット本体まで搬送できる。

ミニ腸はヒトのES細胞(胚性幹細胞)やiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、筋肉の収縮で消化した食べ物を移動させる蠕動(ぜんどう)運動など生体の腸に近い機能を持つため、腸の難病の研究や創薬の応用が期待...

ES細胞などから腸を作った報告はこれまでもあるが、消化中の食物や便を先へ送るための動きである「蠕動(ぜんどう)」を再現できたのは初めてという。

カプセル内視鏡は、小腸の蠕動(ぜんどう)で運ばれるので、向きにより患部を見逃す可能性がある。

胃腸機能調整剤のカルニチン塩化物と整腸剤のアカメガシワ末を配合し、胃腸の蠕動運動を改善して胃もたれを解消。

あすか製薬は販売契約を締結している日本製薬(東京都千代田区)が、胃蠕動(ぜんどう)運動抑制剤「ミンクリア内用散布液0・8%」(一般名lメントール)の製造販売承認を取得した。

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる