383件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

従来の密閉テントでは設置に時間がかかり、除染作業が遅れ作業者の内部被ばくのリスクが高まる可能性があった。

コンパクトサイズながら、低被ばくで高画質な撮影ができのが特徴。

医療被ばく線量管理・記録に対応 GEヘルスケア・ジャパン(東京都日野市、多田荘一郎社長、042・585・5111)は、放射線量管理システム「DoseWatch(ドーズウォッチ)」の販...

被ばく線量が少なく、高画質な撮影ができるのが特徴。... ノイズの少ない高画質な撮影を実現し、被ばく線量の少ない低侵襲な検査を実現する。 &#...

廃炉工事用には特殊な遠隔ロボットなどを生産しており「廃炉作業での被ばく低減のため、遠隔操作などで安全に作業を行えるようにする」という。

リアルタイムで腫瘍と臓器の位置を正確に把握することで、近接する臓器の被ばくを低減できる。

日本原子力研究開発機構と放射線影響研究所、米フロリダ大学、米国立がん研究所は、広島・長崎の原爆被ばく者の臓器の被ばく線量を精度良く評価する手法を開発した。代表的な被ばく条件での臓器線量を再評価し、従来...

さらに遠隔技術による被ばく低減だけではなく、作業効率向上に関するノウハウも日々蓄積している。

日本原子力研究開発機構は、原子力災害で放出される放射性物質による被ばく線量を評価するコード(プログラムの記述)を整備し、研究目的使用のために公開した。さまざまな気象条件に対する被ばく線量を評価できる。...

中部電、原子力公募研究で10件採択 (2020/7/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

基礎基盤的研究では、東北大学の中性子計測用ガラス熱蛍光体の開発、金沢工業大学の線種弁別可能な次世代個人被ばく線量計の開発などを採択した。

「弘前大は地域の持つ強みでもある『再生可能エネルギー』『環境』『被ばく医療』『食』の4領域を大学の重点分野に位置付け、教育研究と地域連携を推進している。

原発で冷却機能が失われるなどの事故が発生した場合、おおむね5キロメートル圏内の住民は放射性物質が放出される事態に至る前に、避難を始めたり、被ばくを低減するためのヨウ素剤を服用したりする。... 新型コ...

X線シンチレーターパネル、輝度30%向上 東レ (2020/4/22 素材・医療・ヘルスケア)

医療用X線撮影装置のX線検出器に用いることで、より明瞭な患部観察や、被ばく量低減が可能になる。

循環器領域では、血管撮影装置画像と超音波画像診断装置から得た情報を重ね合わせて表示する画像システムの導入により、造影剤使用量や被ばく線量の低減などが見込める。

肺がん死亡率低下に期待 【広島】広島大学は、低線量コンピューター断層撮影装置(CT)検査による被ばくが、人体に及ぼす影響は小さいことを初めて確認したと発表した。... 被ばく線量とが...

東京電力福島第1原発事故で初期被ばくをしたことなどで精神的損害を受けたとして、福島県「中通り」地方の住民52人が東電に計約9800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、福島地裁であった。

放射線作業中の微弱な被ばくを検出する安全管理などに応用が期待できる。

レディアクションの最高経営責任者(CEO)であるジョナサン・イファット氏は「イノヴァヘルスとの提携によって、当社の革新的なテクノロジーが放射線処置室にもたらされ、毎日放射線被ばくの影響に苦しむ医療従事...

ICAOでは、主に太陽活動を原因とする無線通信障害、測位誤差の増大と並んで、宇宙放射線による被ばく線量の増加を懸念しており、宇宙天気情報としての宇宙放射線被ばくに関する情報が必要とされている。 ...

今年、国際民間航空機関(ICAO)では航空運用にて、海洋上・極域航路での通信、宇宙放射線被ばく、GPSを利用した測位などに影響を与える宇宙天気情報の利用を開始した。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる