76件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

GAFAの一角崩せるか 動画共有サービスと言われる「ユーチューブ」(YouTube)には、さまざまな動画が収録されている。ノーベル賞の受賞記念講演など完璧な形で閲覧できる。欧米におけ...

「裏読み科学技術」は29日に掲載します。

感染拡大、26年まで継続予測 新型コロナウイルス(COVID―19)感染の勢いが止まらず、日本感染症学会によれば第2波の真っ最中にある(8月19日)。ところでCO...

裏読み科学技術(73)オンライン・セミナー (2020/7/27 科学技術・大学)

講演動画、作成手軽に 新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の防止のために、リモートワークが有効な対策として取られている。一方、コロナ禍以前からコンピューターを利用しての通信、...

まず、IS開発技術者は創造的でなければならず、そのために批判的な立場に立つべきであり「1次元的人間」であってはならない。... ということは、1次元的技術者が多いということを暗に指している、といえよう...

また、中国合弁企業では、造船技術の流出の危険をはらんでいる(同4月15日)。... 教授は、元来、設計哲学とでも言うものを専門としており、情報技術を生活にいかに取り入れるべきかを論じている。 ...

過去の事例から終息後予想 新型コロナウイルスの感染が猛威を振るっている。政府はパンデミックの防止策として、4月7日に緊急事態宣言を行い、5月6日まで、接触8割削減の協力を、国民に求め...

裏読み科学技術(69)AI応用の方向性 (2020/3/23 科学技術・大学)

記事の約7割(23件)が、AIにおける画像の認識技術を応用したものである。... 製造業におけるAIの応用の方向性も、このAIの最も進んだ技術を取り入れている点は納得できる。 ......

裏読み科学技術(68)「スクラッチ」に注目 (2020/2/24 科学技術・大学)

前回の本コラム(裏読み科学技術67=1月27日付)で、本紙1月6日付オピニオン面の「プログラミング必修の未来」を紹介したが、関連のウェブサイトによれば「スクラッチ・AIブロック」を利用した人工知能の教...

教育関係者は、事前の準備に追われているが、同時にコンピューター技術について関心も高まってきていて、人工知能(AI)にも強い興味が抱かれている。

その中に「理工系学生科学技術論文コンクール」があり、今年で20回になる。... 論文のテーマは「科学技術と日本の将来」を主題とし、副題は応募者が自由に決められる。... 来年もテーマの「科学技術と日本...

裏読み科学技術(65)AIを社業に直結 (2019/11/25 科学技術・大学)

AI技術でグーグルは最高の位置にいる。... 日本では、AI技術の開発は困難だという考えがある。... この間、グーグルは大規模にAIの研究を続け、12年、画期的なAIの技術を発表した。

裏読み科学技術(64)装置産業でAI浸透 (2019/10/28 科学技術・大学)

パイソンが使えるAI技術者に人気が集まっている。... 新物質の開発には、目的に沿う物質の探索が必要であり、その技術としてマテリアルズ・インフォマティクス(MI)が三菱ケミカルホールディングス、旭化成...

裏読み科学技術(63)AI翻訳の性能向上 (2019/9/23 科学技術・大学)

オズボーンの論文は、科学的考察により消える職業、継続する職業の可能性を確率で示している。... AI技術の浸透は本紙の記事にも見られるように、関連の記事は毎日、複数掲載されている。AI技術者の不足は深...

裏読み科学技術(62)AIは仕事奪う? (2019/8/26 科学技術・大学)

新たな職、人々の不安払拭 囲碁、将棋の世界最強のプロが人工知能(AI)に負けたニュースは衝撃的であった。将棋のプロがAIに負けたとき、囲碁は将棋よりはるかに複雑であるから、多くの人は...

MIとは、マテリアルズ・インフォマティクスの略であり、化学物質についてのAIの応用技術である。... 現在のAI技術によるシステム開発の状況は中盤戦に入っていると考えられる。... AI技術を用いたシ...

裏読み科学技術(60)コールセンターにAI (2019/6/24 科学技術・大学)

このような電話応対が可能になるのは、AIの技術によって、ビッグな情報の中から、最適な回答を、瞬時に見つけ出せるようになったためである。

裏読み科学技術(59)米の「実力行使」 (2019/5/27 科学技術・大学)

OSはスマホの根幹をなす技術であり、OSなくしてスマホはありえない。

最優秀賞は大学1年生 日刊工業新聞社が主催する「理工系学生科学技術論文コンクール」は今年で19回になる。... 論文のテーマは「科学技術と日本の将来」を主題とし、副題は応募者が自由に...

裏読み科学技術(57)コンピューター教育 (2019/3/25 科学技術・大学)

と質問したところ、阿尻会長からは「文部科学省ではインターネットを使って教育する方針だ」とのことであった。... コンピューター技術者の不足が、日本の発展を遅らせているが、足元でのコンピューター教育の見...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる