電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

インタビュー/ミライト・ワン社長の中山俊樹氏 街づくり事業で成長 (2022/10/13 電機・電子部品・情報・通信1)

主力としてきた通信建設の市場が少子化などで頭打ちになると懸念される中、収益源の多様化を図っている。... 「第5世代通信(5G)自体が通信建設の需要を先導していく時代は終わった。......

少子化などで主力の通信建設市場の頭打ちが見込まれる中、収益源多様化を図る。 特に地方創生事業では、3月に子会社化した西武建設(東京都豊島区)とのシナジーを見込む。中山...

「西武建設(東京都豊島区)は、僕らの弱いところを丸ごと持っている」―。... 西武HDは1月、西武鉄道の100%子会社である西武建設の株式95%をミ...

1月には西武鉄道100%子会社である西武建設の株式95%をミライトHDに譲渡する契約を結んだと発表。ミライトHDと西武建設が持つ経営資源を相互に補完、共有、活用し、さらなる成長を図る。...

コロナ禍で鉄道やホテルの利用が低迷する中、西武HDは財務体質の強化や経営の効率化に向け資産売却を進めている。... 西武HDは「現時点で決定した事実はない」とコメントした。 ...

西武ホールディングス(HD)は27日、西武鉄道100%子会社である西武建設(東京都豊島区)の株式95%をミライトHDに譲渡する契約を結んだと発...

西武建設(埼玉県所沢市)は構造物への補修材吹き付け飛行ロボット(ドローン)の操縦を、無線方式から有線方式に改良した。

安藤ハザマ、西武建設(埼玉県所沢市)、東亜建設工業から成る基礎梁開孔補強研究会は、大開孔を持つ鉄筋コンクリート造基礎梁の補強工法「エコ基礎梁工法」の適用範囲を拡大した。

芝浦工業大学の長谷川忠大教授と西武建設(埼玉県所沢市)は、共同開発した飛行ロボット(ドローン)向け自動追従ノズルを開発した。

建築研究所と芝浦工業大学、西武建設(埼玉県所沢市)、日本ツーバイフォー建築協会(東京都港区)は22日、中高層建築物の定期点検に飛行ロボット(ドローン)を...

現場撮影・補修まで一括 西武ホールディングス(HD)はグループの西武建設を通じ、ドローンを活用し、インフラ構造物の維持管理や防災に役立てる取り組みを加速している。20...

西武ホールディングス(HD)傘下の西武建設(埼玉県所沢市、中村仁社長、04・2926・3311)は、飛行ロボット(ドローン)を活用して建物といった構造物...

主力事業会社の西武鉄道は、事業所が埼玉県所沢市の本社と沿線に集中していることから、プリンスホテルをはじめ、全国に事業所があるグループ会社を生かし、ダイバーシティーを促進する。 ...

芝浦工業大学土木工学科の伊代田岳史准教授は西武建設(埼玉県所沢市、宮本文夫社長、04・2926・3311)と共同で、補修材や水などを吹き付ける飛行ロボット(ドローン)を...

安藤ハザマと西武建設(埼玉県所沢市)は、接着剤で鉄骨ブレースを取り付ける耐震補強工法「鉄骨ブレース無溶接耐震補強工法」の適用範囲を拡大し、日本建築総合試験所の建築技術性能証明を再取得し...

安藤ハザマは西武建設(埼玉県所沢市)および不動テトラとの共同企業体(JV)によって神戸市内で進めていた大深度地下使用法適用の初工事で、シールドトンネルが貫通した。

ハザマは安藤建設、東亜建設工業、西武建設(埼玉県所沢市)と共同で、中低層建築物の鉄筋コンクリート(RC)基礎を従来に比べ3―6%安く構築できる基礎梁(は...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン