1,567件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

大阪市立大学大学院理学研究科の宮田真人教授と八ッ橋知幸教授らは、東北大学と大阪産業技術研究所と共同で、原料濃度や反応時間によらず一定の大きさの酸化鉄ナノ粒子ができる簡便な合成法を開発した。... 触媒...

2月に発表したマスクインナー「ダントツフィットインナー」と同様、ウイルスを酸化分解する光触媒技術「ウイルスシールド」を採用。

明晃化成工業(大阪府東大阪市、呉本啓郎社長、06・6736・1760)は、独自の光触媒技術でウイルスなどを除去するマスク用スプレーを開発した。... 弁当箱の開発は失敗したが、光触媒はあきらめずに続け...

白金使用半分で剝離性を付与 信越化が低減技術 (2020/5/28 素材・医療・ヘルスケア)

信越化学工業は27日、シリコーン剝離剤に用いる白金の使用量を約2分の1に低減する「低白金反応硬化技術」を開発したと発表した。... 一般的に白金系の硬化触媒を用いるが、白金は高価で枯渇リスクもあること...

グリセリンをDHAに変換 岩谷産業、阪大と触媒を共同開発 (2020/5/27 建設・生活・環境・エネルギー)

岩谷産業は26日、大阪大学と共同で、バイオディーゼル燃料の製造時に発生する廃棄物のグリセリンを、ジヒドロキシアセトン(DHA)に効率変換する触媒の開発に成功したと発表した。関連技術...

新型コロナ/イビデン、抗ウイルスコート剤開発 (2020/5/25 建設・生活・環境・エネルギー)

【岐阜】イビデンは同社の抗ウイルスメラミン化粧板の技術を応用し、高耐久性を備えた抗ウイルスコート剤を開発した。... 既存施設に施工でき、金属触媒により暗所でも即時性・持続性がある。

【実空間データ】 高度なサイバーフィジカルシステム(CPS)を築くためには、人工知能(AI)などの新たな情報処理技術や高速大容量ネットワーク技術と並んで、現実の世界(フィジカル空間)...

芝浦工業大学工学部応用化学科の大石知司教授は、光照射とアンモニア水溶液を用いたフッ素樹脂上への簡便な銅微細配線形成技術を開発した。... 触媒に貴金属を使わず、低コストも実現する。... 同技術では、...

「技術も工場もない、あるのは借金だけ」という状況からのスタート。... 「ものづくり補助金」を活用した技術開発を応用。... インフルエンザなどのウイルスやカビを効果的に除去し脱臭機能も備える空気清浄...

店舗用什器などを作る同社は新型コロナウイルス感染症が広がる中、これまで培った樹脂加工技術や知見を生かせる窓口用パーテーションに着目。... 手袋全体の素材に、サンワード商会(大阪市中央区)の複合タイプ...

独自の技術力を基に、感染予防に欠かせないマスクや消毒液、飛沫(ひまつ)拡散防止板などを開発。... コロナで前年比8倍増産 フジコー 空気消臭除菌装置 &...

野菜など食品廃棄量削減 物質・材料研究機構と産業技術総合研究所の研究グループは、野菜や果物を熟成させる植物ホルモン「エチレン」を常時モニターできる小型センサーを開発した。... 研究...

この受章を励みに、若い世代を育てつつ当社得意の自動制御盤の技術を高め、世の中を豊かにすべく、より一層挑戦して参ります。... 【紫綬/旭化成ケミカルズ(現旭化成)元取締役兼常務執行役員・永原肇(ながは...

東西の冷戦が終わり、電気通信やコンテナ輸送といった技術革新が進み、インフラ整備が進む中で、世界的な範囲で賃金水準の裁定が起こり、グローバリゼーションが進んだのは、いわば歴史の必然だった。 &#...

【北九州】フジコー(北九州市戸畑区、萩尾寿昭社長、093・871・3724)は、光触媒技術でインフルエンザウイルスや黄色ブドウ球菌などを除去する空気消臭除菌装置を増産し、2020年度は前年度比約8倍の...

積水化学工業は16日、可燃性ゴミをエタノールに変換する技術の展開を目指し、INCJ(東京都千代田区)との共同出資会社、積水バイオリファイナリー(東京都港区)を設立したと発表した。... 積水化学は米ラ...

群馬大学が出願した特許技術を基に、銅の表面に高い抗菌・抗ウイルス効果が報告されている可視光応答型の光触媒を塗布した繊維シートを開発した。

【相模原】神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)は、「製品化・事業化支援事業」の2020年度支援実施対象の企業など9者を決定した。対象企業の技術開発や事業化を支援し、KISTECの試験分析費用と...

産業技術総合研究所(産総研)の元研究者で同社技術顧問の垰田博史氏と共同開発した光触媒技術を応用した。... (総合1参照) 日本ポリマーの光触媒技術は、太陽光のほか蛍光灯や発光ダイオ...

住友化学は24日、4月1日付で石油化学品研究所(千葉県袖ケ浦市、写真)に、環境負荷低減技術開発を行う研究グループを新設すると発表した。ゴミ由来のエタノールを使ったポリオレフィン製造技術や廃プラスチック...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる