290件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

AIシステムを導入した2ラインに続き、残り5ラインの検査工程に今後3―5年間で導入を予定。... 同AIシステムはディープラーニング(深層学習)技術を用い、オーダーメードで開発した。... 以前使って...

日本大学工学部(福島県郡山市)の飛行ロボット(ドローン)による橋梁点検の研究チーム(リーダー=子田康弘土木工学科教授)と福島県内企業5社のグループは、福島県、ふくしまロボットテストフィールド(福島県南...

トラック便で路面診断 日本無線がシステム実証 (2020/12/15 電機・電子部品・情報・通信2)

同システムで診断したデータを道路管理者向けに提供し、診断の効率化と低コスト化につなげる。 実証を始めた路面性状診断システムは、グループ会社のJRCロジスティクスサービス(長野市)と共...

【奈良】光洋サーモシステム(奈良県天理市、竹岡伸高社長、0743・64・0981)は、熱処理炉の故障を予兆する診断システム事業を2021年後半に始める。... 光洋サーモシステムはジェイテクトの子会社...

両社の知見を結集し、農業・食品と医療分野を対象に、スマート農業の実現や新しい医療画像診断システムの開発を目指す。 ... また新しいセンシング技術を駆使し、解像度を高め病気を発見しや...

【名古屋】東朋テクノロジー(名古屋市中区、富田英之社長、052・251・7211)は、端子台関連製品の製造拠点の京都事業所(京都市山科区)に、機械の故障予知システムなどを扱うエレクトロニクス事業の開発...

東海大学医学部の三上幹男教授らは、卵巣がんの早期発見につながる診断システムを開発した。... さらに同システムに統計学的な解析法や人工知能(AI)の深層学習を応用することで、血液中の血清から初期卵巣が...

富士フイルムは、小型のクリニック向けX線診断システム「カルネオ コンパクト=写真」を発売した。... CR(コンピューテッドラジオグラフィー)方式のデジタルX線画像診断装置に比べ、約4分の1のX線量で...

同サービスは同行の助成金情報をベースとした「助成金・補助金自動診断システム」を活用。

ヒトゲノムの解読(03年)に始まり、システムバイオロジーや合成生物学のようなシステムや構成的な視点が求められる分野が注目を浴びるようになった。 ... その後の技術の進展の結果、18...

共伸、非磁性の手術器具開発 乳がん診断システムと展開 (2020/9/17 素材・医療・ヘルスケア)

開発中の乳がんの転移診断システムとともに展開を目指す。 ... 同社は産学連携により、放射線を使わず磁性を用いて乳がんの転移を正確に検出できるシステムの研究開発事業に参画。

ロボ・AIで巡視点検 関電、自動化システム開発 (2020/8/26 建設・生活・環境・エネルギー)

関西電力は25日、火力発電所においてロボットや人工知能(AI)を活用した巡視点検自動化システムを開発したと発表した。広い敷地で設備の点検項目が多い火力発電所で、人の五感で行う巡視点検の一部をロボットや...

PCR検査試薬といった診断部門が当社の得意分野。将来新たなウイルスが出てくる可能性もあり、検査や診断システムをより簡便に高速化できる技術開発を進めている。新しい診断項目の開発や未病段階で診断できるよう...

また、医療人材の不足などで高度な医療の提供が難しいため、診断だけを行うビジネスが拡大中。今回の商談会でも、現地代理店は日本企業との商談を希望する製品として画像診断システム機器などをあげているようだ。 ...

実証研究を主導するのは横浜市立大学で、同社はCTを搭載した新型コロナ肺炎診断の専用車両をつくる。車両と横浜市立大学付属病院を遠隔画像診断システムで接続し、医師が遠隔で患者を診られる仕組みも提供する。....

富士フイルムは橋やトンネルなどの社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」の機能を拡張した。... 富士フイルムは医療用画像診断システムで培った画像解析技術などを活用し、2018年にひびみっけの提供を...

3には対外診断システム、9には半導体製造装置の性能向上とコスト低減で貢献する。

【京都】島津製作所は兵庫医科大学と連携し、がん早期診断システムの研究開発を始めた。... 大腸がんや胃がん、肺がん、膵臓(すいぞう)がん、乳がんなど、主要がん種の検査法、早期診断システム開発を目指す。...

エムネス(広島市南区、阿部伸一社長、082・567・5150)は、新型コロナウイルスの診断を支援するため、全国の医療機関を対象に遠隔画像診断システムを7月末まで無償で提供する。同システムを利用すれば、...

通常、システムのバグ取りや堅牢性などは大学の研究室では取り組まない。... がん研究会とは子宮頸がんの高速3D細胞診断システムを開発する。... 対して腺がんは細胞塊をみて診断する。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる