47件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

同社の手がける画像診断支援システムの追加機能として販売する。... システムは胸部CT画像に現れた肺結節をAIが検出し、マークする。... 医師が所見を文書にする際、文書作成を支援する機能も備える。

共和薬品工業(大阪市北区)は、人工知能(AI)を活用した認知症診断支援システムの実用化を目指している。FRONTEOと提携し、患者と医師の会話から認知機能障害の有無などを判定するシステムについて、医療...

FRONTEOが開発したAI(人工知能)を活用した認知症診断支援システムについて、共和薬品は医療機関向け営業・販売で連携する。

大口径レンズで皮膚の腫瘍・ホクロ観察 カシオが拡大鏡 (2020/2/20 素材・医療・ヘルスケア)

カシオ計算機はデジタルカメラの開発で培った技術を生かして、皮膚科医向けのカメラや画像管理システムを開発している。今後は人工知能(AI)による皮膚がん診断支援システムの開発を進めて、観察から診断補助まで...

AIで変わる医療業界 (2020/1/1 ヘルスケア)

キヤノンメディカルシステムズ(栃木県大田原市)は他社製のAIもインストールできる画像診断の支援システムを開発中だ。... AIによる画像診断支援システムを展開する富士フイルムの成行書史メディカル事業部...

京都府立医科大学の高松哲郎教授と熊本康昭助教、松本辰也大学院生、大阪大学の新岡宏彦特任准教授らは、リンパ節へのがんの転移の有無を、がん切除手術中に10分以内で診断できる迅速診断支援システムを開発した。...

人工知能(AI)を活用した診断支援システムの開発などを共通の目的に課題解決を目指す。

循環器・腫瘍学の新たな画像撮影技術や診断法、人工知能(AI)を活用した診断支援システムの開発を進め、医師の負担軽減や医療の効率化を目指す。医療拠点である神戸大をGEヘルスケア・ジャパンが支援し、技術開...

人工知能(AI)を活用した歯科分野の診断・治療を支援するシステムの開発や社会実装を進める。 ... さらに、AIによる補てつ装置の設計や矯正治療の診断に関連する研究が活発化するなど、...

「Viz.AI Contact」「IDx―DR」の二つの人工知能(AI)による診断支援システムについては本欄で紹介済みだ。残る一つのソフトウエア医療機器は、病気の治療を支援するスマホアプリだ。 ...

進化する医療機器(7)AI診断支援 (2019/2/21 ヘルスケア)

【専門家に匹敵】 2018年に、米国食品医薬品局(FDA)は、立て続けに3件のAIによる診断支援システムを承認した。まず2月にViz.AI社の「Viz.AI Contact」を初のA...

4分で1万440枚・精度91% 東京大学医学部付属病院の青木智則医師(同大大学院生)、山田篤生助教らは、人工知能(AI)を活用し、小腸カプセル内視鏡の画像の中から、びらんや潰瘍といっ...

富士フイルムは米国のインディアナ大学医学部(IUSM)と人工知能(AI)技術を活用した医療画像診断支援システム開発で共同研究契約を結んだ。富士フイルムの画像処理やAI技術と、IUSMの読影や臨床治験を...

アドダイス(東京都台東区、伊東大輔社長、03・6796・7788)は、広島県の医療機関と共同で、がん診断支援の人工知能(AI)開発に乗り出す。まず県立広島病院(広島市南区)と共同で、AIによる転移がん...

医療情報の基盤構築やAIによる診断支援システムの開発、診療情報の自動文章化などの研究を実施する。 ... また、内視鏡や磁気共鳴断層撮影装置(MRI)などの画像データを活用したAIに...

【浜松】浜松ホトニクスは28日、日本マイクロソフト(MS、東京都港区)と連携し、2020年ごろに高速で高精度な早期認知症診断支援システムの実用化を目指すと発表した。... 浜松ホトニクスは浜松光医学財...

富士経済(東京都中央区、清口正夫社長、03・3664・5811)は、医療ビッグデータビジネスの国内市場を調査し、AI(人工知能)搭載型医療画像診断支援システムは2025年に30億円の市場に成長すると予...

まずは診断と治療が困難な自己免疫疾患や、神経疾患領域などの難治性疾患を対象とした診断支援システムを開発し、2020年頃の実用化を目指す。 ... 大量のデータ収集が困難な疾患に対して...

フィリップス・ジャパン(東京都港区、堤浩幸社長、03・3740・5896)は、病理標本をデジタル化し病理診断を支援するシステム「インテリサイトパソロジーソリューション」が薬事承認を取得した。... 同...

統合失調症は約100人に1人が発症する精神障害で、診断は医者の所見に依存し、客観的な検査による診断法はいまだ確立してない。... 患者の主観的意見に左右されない、脳機能画像データに基づく客観的な診断法...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる