285件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

公開したのは立ち乗り、座り乗り、車椅子連結の3種類の試作車で、最高速度は時速6キロ―10キロメートル。

日産自動車は高級車ブランド「インフィニティ」のスポーツ多目的車(SUV)「QX60」を8年ぶりに全面改良する。2021年の発売を前に、外観デザインの方向性を示した量産前の試作車「モノグラフ=写真」を横...

日産自動車は16日、新型スポーツ車「フェアレディZ」のプロトタイプ(試作車)を公開した。... 新型車の投入でブランド価値の向上を図り、同社全体の販売台数の底上げにつなげる。... 初代Zは60年代半...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とトヨタ自動車は、共同研究を進めている月面探査車(ローバー=イメージ)の愛称を「ルナ・クルーザー」に決めた。トヨタの大型スポーツ多目的車(SUV)「ランドクルーザー」に...

ソニーは、電気自動車(EV)「VISION―S」の試作車を東京都内の本社で報道陣に公開した。... 試作車には計33個のセンサーを搭載。... ソニーは1月、米国の家電見本市でEV試作車を世界初公開し...

2020年度内をめどに5台程度の生産を予定する、試作車を発売する。... 試作車は太いタイヤが特徴のスポーツバイク「ファットバイク」をベースに設計した。... 試作車の価格は23万―25万円を想定して...

既に試作車として1台を組み立て済みで、さらに1台の試作車を生産中という。... FCバスは、右ハンドルと左ハンドルのタイプを各1台試作。... 三井物産はEVや燃料電池自動車(FCV)関連で、カエタノ...

佐川急便、ASFと小型EV共同開発 (2020/6/17 建設・生活・環境・エネルギー)

今後両社でプロジェクトチームを立ち上げて試作車を製作、数年内の実証実験を予定する。

群馬製作所の完成車工場「矢島工場」に併設しており、主に工場見学者の受け入れの場として位置付けられ、年間10万人ほどが訪れる。 ... ひときわ注目を集めるのがスバル360の試作車。

環境に優しい商用車として「当社は2種類の車両を開発している」と強調。電気小型トラックを販売するほか、燃料電池(FC)トラックの試作車で可能性を探る。 ... 39年には全ての新型車で...

新幹線や地下鉄、機関車での採用実績が豊富で、最近は軽自動車や乗用車、トラックへの搭載も増える。 ... ソニーの試作車はセンサーを計33個搭載。... DATA ...

トヨタは年末にFCVの次期モデルを発売する計画(昨年に公開した試作車「ミライコンセプト」) 日系自動車...

FCトラックは環境に優しく利便性の良さが特徴で、次世代の商用車として期待される。... 2020年に入り、国内商用車各社はFCトラックへの取り組みを相次いで打ち出した。... 日野自はトヨタ自動車とF...

FCトラックも電動車の一種だ。... 日野自動車はトヨタ自動車とFC大型トラックを共同開発し、20年中に試作車を開発する計画だ。 商用車業界では物流における環境負荷低減が重要課題。

トヨタのFC技術と、日野自の大型車向けハイブリッド技術を組み合わせる。2020年中に試作車を完成させ、走行実証を実施する計画。... 大型トラックの二酸化炭素(CO2)排出量は国内商用車全体の約6割を...

アップダウンの激しい場所を走る電動車向けなどが想定される。試作車を検討している段階だ」 【記者の目/冷静に自社の強み磨く】 現中計でモノづくりの強化を掲げる。

ますます高速化するスパコン性能を活用すれば、まだ試作車が完成していない設計図の段階、すなわち設計の上流側でトレードオフする全ての車両性能を満たすような多目的最適化が可能となる。

東洋工業(現マツダ)のロータリーエンジン(RE)搭載車の中でも、最初の「コスモスポーツ」は最も有名なクルマだろう。1967年(昭42)5月の発売から4年前、63年10月の全日本自動車ショー(現東京モー...

SUBARU(スバル)は20日、2030年までに全世界の車両販売台数の40%以上を電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)にすると発表した。提携先のトヨタ自動車の「ストロングHV」の技術を20年代中...

軽量化、先端技術生かす 東洋工業(現マツダ)はすでに戦前の1940年(昭15)に4輪乗用車の試作車を完成させており、早くから4輪乗用車への参入意欲を持っていた。 5...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる