87件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

第50回機械工業デザイン賞IDEA、入賞21製品 (2020/11/26 機械工業デザイン賞)

【堀場製作所/自動運転システム ADS EVO】 実験室で自動車の燃費や排ガスを評価するシャシーダイナモ試験において、人間のドライバーと同じように試験車両を運転し、試験を自動化する。...

自身も最終的な性能をチェックする「マスタードライバー」として現場に出向き、「(試験車両を)壊しては直しの繰り返しだった」と振り返る。 GRヤリスを極限のレースの場で鍛えた競技車両を市...

燃料電池をトヨタが担当 JR東のハイブリッド試験車両 (2020/10/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR東日本は6日、2022年3月の実証試験開始を念頭に開発中の燃料電池と蓄電池によるハイブリッド試験車両について、燃料電池装置の開発をトヨタ自動車が担当すると発表した。... 神奈川県内の南武線、鶴見...

東北新幹線で時速320km JR東、防音壁など工事着手 (2020/10/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR東は2030年度の北海道新幹線・札幌延伸を見据え、時速360キロメートルで営業運転する次世代新幹線車両の開発を構想。試験車両「ALFA―X」を製作し、走行試験を繰り返している。

開発中の試験車両から走行データをリアルタイムに集め、天候や市販車両などのデータと付きあわせて分析できる。 ... モデルベース開発ではシミュレーションデータと試験車両のデータを検証し...

展望2020/JR東日本社長・深沢祐二氏 福島復興、特急は希望の印 (2020/1/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

駅、運輸区、メンテナンスの各職場で、各数秒の小さな工夫を積み重ねることで、それなりの効果が表れている」 ―試験車両「ALFA―X」での研究など北海道新幹線・札幌延伸への取り組みは。&...

JR九州、自動運転実証 運転士が乗務 (2019/12/23 建設・生活・環境・エネルギー)

まず12月下旬から20年2月中旬にかけて、同区間で営業時間終了後に試験運転する。... 819系を試験車両とする。

【ワシントン=ロイター時事】米運輸安全委員会(NTSB)は5日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転試験について、2018年3月に死亡事故を起こすまでの1年半に、自動運転モードで走行中...

同車両への導入により高品質な製品やサービスを訴求し、新興国事業の拡大につなげる。... 駆動装置は鉄道車両を駆動する主電動機の出力を車軸に伝達する装置。... 欧州にある同社の研究開発拠点とも連携し、...

緊急時にドライバーが運転する「レベル3」、限定された領域で運転手の操作が不要な「レベル4」の自動運転技術を装備した試験車両を開発。みちびきを利用できるシステムの構築や認識・判断のアルゴリズムの実装を試...

【電子版】先週の注目記事は? (2019/6/25 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(6/17~6/23) 1位 ニコン、ミラーレス最上位機種投入 「D5」相当 2位 村田製作所、全固体電池を年度...

JR東は時速360キロメートル営業運転に向けた試験車両「ALFA―X(アルファ・エックス)」の走行を始めた。JR東海も来夏投入する新型車両「N700S」確認試験車で時速360キロメートル試験を進める。...

JR東のハイブリッド試験車両、ハイドロ製燃料電池採用 (2019/6/18 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR東日本は2021年度の実証試験走行を目指す燃料電池ハイブリッド試験車両で、カナダ・ハイドロジェニックス(オンタリオ州)から燃料電池を調達する。... JR東が製作する試験車両は出力180キロワット...

燃料電池試験車両、鶴見線で21年度実証 JR東 (2019/6/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR東日本は4日、燃料電池と蓄電池によるハイブリッド試験車両(イメージ)を製作すると発表した。2021年度から神奈川県内の南武線、鶴見線で3年程度の実証試験を実施。... 投資額は40億円を想定し、グ...

JR東日本は、2031年春の北海道新幹線・札幌延伸時に投入する次世代新幹線車両で、ドライバーレス自動運転の実現を目指す。... 10日から走行を開始した新幹線試験車両「ALFA―X(アルファ・エックス...

次世代新幹線試験車両「ALFA―X」、JR東が公開 (2019/5/10 建設・生活・環境・エネルギー)

JR東日本は9日、新幹線総合車両センター(宮城県利府町)で新幹線試験車両「ALFA―X(アルファ・エックス=写真)」を公開した。2031年の北海道新幹線・札幌延伸に向けた次世代新幹線車両開発ための試験...

JR東日本は製作中の新幹線試験車両「ALFA―X(アルファ・エックス)」について、5月から走行試験を始める。2031年の北海道新幹線・札幌延伸を念頭にした次世代新幹線車両開発のための技術を検証する試験...

 米アップルの自動運転試験車両は、アルファベット傘下ウェイモの自動運転車やゼネラル・モーターズ(GM)の「クルーズ」と比べて、はるかに人間の介在を必要とすることが分かった。... ...

JR東、東北新幹線の福島駅改良 ダイヤ制約解消 (2019/2/5 建設・エネルギー・生活1)

JR東は5月に試験車両「ALFA―X」を投入し、東北新幹線で時速360キロメートルの営業運転実現に向けた車両開発を加速する。速度向上には、車両の技術開発とともに、騒音対策の遮音壁やトンネル微気圧波対策...

次の30年を考えてしっかり取り組もうというメッセージだ」 ―新幹線の高速化を念頭に、5月から試験車両「ALFA―X」が走行を始めます。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる