67件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

運輸・物流業界ではJR貨物で、貨物駅構内のコンテナ位置情報などを一元管理するトレースシステムで影響が発生。計32本の貨物列車が遅延した。... JR貨物はトレースシステムに対応したフォークリフトの車載...

JR貨物は貨物の積み降ろしに使うフォークリフト約600台の車載機器を2022年度内にすべて交換し、複数の通信キャリアを使えるようにする。同社は2日未明から発生したKDDIの通信障害で、貨物駅構内のコン...

日本航空(JAL)、佐川急便、JR貨物の3社は6日、滋賀県守山市が共催する琵琶湖岸のトライアスロン大会で、出場する一部選手の自転車を鉄道コンテナや電気自動車(EV)トラ...

うめきた(大阪)地下駅は、東海道支線(梅田貨物線)を地下化し開業する。この支線には吹田貨物ターミナル駅(大阪府吹田市、摂津市)と安治川口駅(大阪...

貨物鉄道は衛星で全コンテナの位置情報を把握できるシステムを持っている。... 「駅ナカ(駅構内)にマルチテナント型の大型物流施設ができることで、トラックと貨物駅との集配距離が短くなる。

ユーグレナとJR貨物が提携 トラックにバイオ燃料 (2021/10/19 素材・医療・ヘルスケア1)

ユーグレナとJR貨物は、JR貨物越谷貨物ターミナル駅でユーグレナが製造・販売している次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使うことで合意した。同駅の構内でコンテナ移送を担っている...

西濃運輸、コンテナ専用列車を運転 東京TM―広島・福山 (2021/10/5 建設・生活・環境・エネルギー2)

【岐阜】西濃運輸は5日から日本フレートライナー(東京都千代田区)、JR貨物と、東京貨物ターミナル駅(同品川区)と東福山駅(広島県福山市)間でコ...

JR貨物、駅内の荷役作業効率化へアプリ トラック運転手用 (2021/1/15 建設・生活・環境・エネルギー)

駅作業を予約できるほか、貨物列車位置情報や遅延情報、駅構内のコンテナ位置を把握可能で、作業利便性の改善や荷役作業の安全性向上などが見込める。隅田川駅(東京都荒川区)や百済貨物ターミナル...

JR貨物、輸送強靱化 総合物流事業を推進 (2021/1/11 建設・生活・環境・エネルギー)

JR貨物は総合物流事業の推進と不動産事業の拡大をメーンに、2030年度を目標年次とするグループ長期ビジョンを発表した。... 総合物流事業の推進では、災害が多発化・激甚化する中で幹線物流を担う鉄道ネッ...

当社も、貨物駅高度化で物流施設「レールゲート」やコンテナ積替施設を構築し、トラックとの結節機能を強化している。近々新設する新・仙台貨物ターミナル(仙台市宮城野区)では新技術を利用した駅...

JR貨物、“理想の駅”デザイン策定 参加型で20カ所対象 (2020/11/18 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR貨物は全国20の貨物駅・ターミナルを対象に、将来を見据えた駅の理想的なあり方「グランドデザイン」の策定を進める。... 現場を知る社員のアイデアを重視するとともに、参加型として働きやすい貨物駅の環...

産業春秋/JR飯田橋駅の移設 (2020/7/8 総合1)

1928年(昭3)に牛込駅と飯田町駅を統合し、中間の急曲線部に今の駅ができた。... 隣接する飯田町貨物駅は都心最後の貨物専用駅。... 今は貨物駅跡は再開発され、ビル群になっている。...

「うめきた」は旧梅田貨物駅の24万平方メートル区域で02年に官民一体で再開発が始まった。

JR貨物、横浜羽沢駅をリニューアル (2019/7/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

JR貨物は11月30日に、東海道貨物線の横浜羽沢駅(横浜市神奈川区)をE&S(着発線荷役)方式の駅としてリニューアル開業する。... 駅敷地をコンパクトにでき、...

JR貨物、貨物駅作業のアプリ予約を来春開始 トラック待機削減 (2019/7/22 建設・生活・環境・エネルギー)

JR貨物は2020年春にも、貨物駅へのコンテナ持ち込み時刻を予約できる、トラック運転手向けのスマートフォン(多機能携帯電話)用アプリケーション(応用ソフト)を導入する。...

JR貨物、スマート貨物駅構想 仙台で22年度、社内に検討チーム (2019/6/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR貨物は、2022年度の移転開業を予定する新・仙台貨物ターミナル駅(仙台市宮城野区)で、最新のICT(情報通信技術)を活用した次世代貨物駅「スマートターミナル」の実現...

変わる駅(7)神戸貨物ターミナル駅 E&S方式で合理性追求 (2019/6/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

神戸貨物ターミナル駅(神戸市須磨区)もその一つだ。... JR貨物は、多くの貨物駅で転換を進めている。 ... JR貨物は今後、鉄道貨物の利便性向上に向け、駅の機能強...

同区間はJR貨物も本州向け農産物の輸送に利用する路線で、現在が繁忙期。14日から特急と貨物列車を再開し、17日には普通列車も再開する計画だ。 運休する12日と13日は、JR北海道がバ...

JR貨物 再生・上場への道(中)モーダルシフトの追い風 (2018/4/18 建設・エネルギー・生活2)

JR貨物が貨物鉄道成長のカギと見るのは貨物駅の進化だ。... 【施設開発に挑む】 貨物駅の進化では、駅直結の利便性を生かした大型物流施設の開発も挑戦の一つだ。東京貨物ターミナル駅で複...

JR貨物、マルチテナント型の駅内物流施設 全国展開 (2018/4/5 建設・エネルギー・生活1)

JR貨物は、貨物駅構内で、複数企業が入居するマルチテナント型大型物流施設「レールゲート」の開発を全国に展開する。東京貨物ターミナル駅(東京都品川区)に2棟整備するのに続き、札幌貨物ター...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン