176件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

岐路に立つMVNO(下)日本通信社長・福田尚久氏に聞く (2020/12/28 電機・電子部品・情報・通信)

携帯大手より料金が安いにもかかわらず、大手MVNOを中心に、販売店に携帯大手と同水準の高額な販売奨励金を支払っているケースがある。... 当社は販売店と一体となり、いかに販売コストを下げるかを追求して...

国内も新型スポーツワゴン「レヴォーグ」の販売などで上振れる見通し。 ... 世界販売台数予想を同1万600台増の91万600台(同11・9%減)に引き上げる。 .....

全販売台数の約3割を占める主力の米国では、インセンティブ(販売奨励金)を使った値引き販売を展開。... ここ数年は米国での値引きを是正するなど販売の適正化に取り組むが、世界販売台数は17年度の577万...

日産、北米事業のトップ交代 (2020/5/25 自動車)

日産にとって北米は19年度の世界販売実績で3割以上を占める主力市場。中でも米国はこれまでの規模拡大路線の影響もあり新車の投入が遅れ、販売奨励金による値引き販売が増加した。

米国での販売増と販売奨励金の抑制が奏功し利益を押し上げた。世界販売台数は前期比3・3%増の103万4000台で着地。円高による為替差損があったものの、米国ではスポーツ多目的車(SUV)「フォレスター」...

ホンダ、昨年度の世界販売 日系で2位 (2020/4/29 自動車・ロボット)

一方、日産は米国で販売奨励金(インセンティブ)を抑えて収益を改善する取り組みを進め、台数が伸び悩んだ。 ... 中国の19年度の販売はホンダが同1・8%減の約144万台だった。......

日系メーカー5社の3月の米新車販売台数は前年同月比約4割減少。... 半分以上の販売店が販売活動を停止していることが影響した。 ... 北米事業は販売奨励金の抑制や固定費の削減といっ...

コスト低減や販売費抑制を進めたが、為替影響が907億円の悪化要因となりカバーしきれなかった。... スポーツ多目的車(SUV)やピックアップトラックの販売好調でインセンティブ(販売奨励金)抑制も進み、...

「米国での販売奨励金は計画よりかなり少なかった」と2019年4―12月期を振り返るのは、SUBARU(スバル)取締役専務執行役員で最高財務責任者(CFO)の岡田稔明さん。 旧型モデル...

為替の前提をドルで1円、ユーロで3円円安に見直したほか、北米事業の好調な販売などが寄与する。 19年4―12月期は北米でのスポーツ多目的車(SUV)などの販売好調や金融事業の増益、販...

対前年では中国や東南アジア、日本で販売が減少。さらに円高による利益押し下げに対し、販売奨励金抑制や単価改善、コスト改善に努めるも減収減益となる。... 世界販売台数は欧州以外の各地で減少し前年同期比5...

米国の販売が好調で販売奨励金を抑制できたのが主な要因。 ... 米国では新型に切り替わるスポーツ多目的車(SUV)「アウトバック」の旧型モデルの販売も好調で、販売奨励金を抑制しつつ売...

また販売した車についても不具合発生後の対応をいかに早く進めるかに取り組んでいる。... 動向を注視し政治状況を突き合わせながらどういう体制を築くか判断したい」 【記者の目/安全・安心...

2020予測/3大市場 減速 (2020/1/1 自動車)

また環境規制の導入など販売動向を左右しかねない波乱要因もある。... 足元では政府補助金が減額されたことを受け、新エネ車の販売に急ブレーキがかかったが、中長期的には中国市場の主戦場になる見通し。...

日産自動車が販売不振にあえぐ。... ゴーン被告の退場後、日産は商品・販売戦略の立て直しに乗り出した。... ゴーン体制下で米国においては、商品力低下をインセンティブ(販売奨励金)...

自動車の世界市場が減速しており販売台数が落ち込むほか、為替の円高も収益を圧迫する。... 世界販売は同30万台減の524万台(同5・0%減)に見直した。 ... 課題とする北米事業の...

米国で「アセント」や「フォレスター」の販売が好調だったほか、販売奨励金の抑制、前年同期に比べリコール関連費用が減少したことが利益を押し上げた。

また、販売奨励金など役員報酬以外にゴーン被告が日産に不正に支出させようとしていた金額は少なくとも約150億円に上るという。

新型小型車「マツダ3」で「新しいチャレンジ」を進めるが、4―6月販売は想定を下回った。 従来の売り方を大きく変え、「インセンティブ(販売奨励金)を抑制している」と説明する。

世界の新車販売市場が低迷する中、米国事業や、インドなど新興国事業が苦戦した。... 「RAV4」などスポーツ多目的車(SUV)が好調だったほか、インセンティブ(販売奨励金)利用の効率化など「収益改善の...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる