645件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

洋上風力発電事業を含めた再生エネプロジェクトへの参画や、水素やアンモニア、二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)、蓄電池などに関する事業の可能性を検討する。

さらにJOGMEC法の改正案では、民間の水素・アンモニア、CO2の回収・貯留(CCS)などの事業にJOGMECがリスクマネーを供給し支援できる仕組みを示す。

ブルーカーボンは、マングローブや海草藻場、塩性湿地といった海洋生態系によって隔離・貯留された二酸化炭素(CO2)由来の炭素のこと。

市民向けにはCO2貯留を1キログラム1ユーロ(約130円)で販売している。これはCO2貯留1トン13万円に相当し、日本の省エネ由来クレジットの1トン当たり1518円と比べるとはるかに高...

展望2022/ENEOSホールディングス・大田勝幸社長 (2022/1/5 建設・生活・環境・エネルギー2)

わが社は新規の上流投資は行わないが、東南アジアなど知見のあるところでCCS(CO2の回収・貯留)などをセットにした開発は続ける。

「再生可能エネルギーや原子力、水素、CCUS(二酸化炭素〈CO2〉回収・利用・貯留)などあらゆる選択肢を追求し、カーボンニュートラルを実現したい。

脱炭素移行期、ピンチ防ぎ新技術育成 「S+3E」守りエネルギー革新 (2022/1/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

再生エネを使って水を電気分解し取り出すグリーン水素だけでなく、石炭などの化石燃料を改質しCO2と水素に分解するブルー水素は、そのCO2を回収して地中に貯留するCCSを用いることで実質CO2フリーにでき...

三井物産はCO2回収・利用・貯留(CCUS)技術の活用を推進している。... また、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共同で豪州における燃料アンモニアの生...

新たな対象に検討しているのは水素やアンモニアなどのサプライチェーン構築の一環となる海外での二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)の適地確保や実際の水素製造、液化、メ...

新しい水素製造プロセスの創出のほか、高純度な二酸化炭素(CO2)の回収・貯留や回収・利用・貯留への応用が見込める。

重工大手 カーボンリサイクル始動(下)川重 明石工場で実証 (2021/12/16 機械・ロボット・航空機1)

貯留だけでなく、農業や林業の生育に生かしたり、化学品の生成に利用したりといった用途を見込む。

インタビュー/東京ガス社長・内田高史氏 脱炭素に2兆円投資 (2021/12/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

30年までに再生エネに5000億円、水素や合成メタン、CO2の回収・貯留(CCS)、蓄電池などの脱炭素技術には1000億円を投資する」 ―今年はLNGの需給逼迫、電力...

一方、CO2の貯留や転換利用には運搬手段の確立が欠かせない。... ノルウェーのエネルギー大手であるエクイノールなどは、複数の工業地帯から回収したCO2を北海の地下数千メートルに貯留する計画を進めてい...

重工大手2社、CO2活用設備開発 川重は大気から直接回収 (2021/12/9 機械・ロボット・航空機1)

次世代エネルギーとして有力視される水素やアンモニアへの燃料転換が加速する一方、CO2の回収から貯留、転換利用までのインフラ構築の需要も高まる見通し。

検証2021/火力発電の低炭素化 アンモニア・水素混焼 (2021/12/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

その後、バイオマスやアンモニア混焼、CO2回収・利用・貯留(CCUS)などを進め、最終的にはCO2フリー水素発電を目指す。

地下での水の流れやすさをより高精度に予測できるようになり、高レベル放射性廃棄物処分や二酸化炭素(CO2)地中貯留における貯留層の閉塞(へいそく)性評価などに役立つ。&#...

筑波大学の興野純准教授らは、二酸化炭素(CO2)地中貯留に関わる非晶質炭酸マグネシウムの構造や温度依存性を解明した。... CO2地中貯留のための重要な基礎データとなる。&#...

そのためには水素やアンモニア、CCUS(CO2の回収・利用・貯留)、合成燃料、メタネーション(水素とCO2でメタンを合成)などの高度な技術を、国を挙げて確立しなければな...

日本郵船と三菱造船、LCO2船を共同開発 (2021/12/2 建設・生活・環境・エネルギー2)

今後、液化CO2輸送船(LCO2船)の開発を足掛かりに、CCUS(CO2の回収・利用・貯留)バリューチェーンへの参画を目指す。

NEDO、超臨界地熱資源をエネに利活用 国内4カ所で掘削調査 (2021/12/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

通常なら深度4000メートルへの掘削技術は問題ないが、超臨界地熱貯留層は高温に加え、上部がシールされているとみており、数百気圧の圧力に耐える掘削システムの開発が課題」と指摘。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる