78件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

今後、火星や火星以遠の深宇宙を人類が目指す際には、月や月周辺を中継基地として利用することが有望視されているからだ。  ... 月面の南極などから得られる試料から、資源利用の研究などを...

産業技術総合研究所の富永健一副ラボ長と北海道大学の西田まゆみ教授らは25日、二酸化炭素(CO2)を原料に利用できるアルコール連続生産技術を開発したと発表した。... CO2の資源利用につながる。...

化石資源からの脱却を目指す「脱炭素化」だけでなく、発生したCO2を回収して再利用や貯留する手法もポイントとなる。... CO2排出に大きく関与するのが、これまで化石資源を中心としてきたエネルギー製造や...

環境保全・資源利用に貢献 【多くが性質不明】 原核生物は細菌(バクテリア)や古細菌(アーキア)と呼ばれる微生物の仲間である。... これら未知の微生物を培養して性質...

同時に白書では、水素や燃料アンモニア、蓄電池、資源循環などグリーン成長に向けた14分野で日本の特許競争力を調査した。... 細かく見ると、人工光合成やポリカーボネートなどCO2を資源利用する「カーボン...

プラスチックゴミの再利用も、焼却処分によるCO2排出の削減につながる。... CO2の資源化やリサイクル、バイオマス利用などから場面に応じて最適な技術を選び、パズルのように組み合わせて完成する。現在の...

CO2の濃縮や圧縮、精製を行わないため、低コストかつ省エネルギーなCO2の固定化、資源利用につながりそうだ。... 開発技術は加熱分解が不要になり、低コストかつ省エネルギーなCO2利用につながると期待...

再生可能エネルギーの利用も進むが、有機物の燃焼をゼロにすることは難しい。CO2の資源利用などについて「(基礎技術を持つ)化学がリードするべきだ」と語る。

環境に貢献する『ブルーバリュー』製品群の利用拡大や原燃料転換、再生可能エネルギー利用を組み合わせ、カーボンニュートラルを目指す」 ―投資やM&A(合併・買収)の方針は。 &#...

さらに2030年をめがけて、ナイロンの効率的なリサイクルやバイオポリマー、大気中の二酸化炭素(CO2)利用などの技術を同時進行で開発する。... このほかにバイオマス由来のポリマー原料の開発、薄い濃度...

さらにハーディンは「コモンズの悲劇」(1968年)で人口過剰は有限な地球資源の不足と破滅を招くので家族規模の自決権を掲げる国連世界人権宣言は否定せよとまで述べている。 不足の解消から...

メタノールはエチレンやプロピレンの原料であるほか、合成樹脂や接着剤、塗料の基礎原料として利用されている。... 住友化学は4月に環境負荷低減技術開発を行う研究グループを新設し、CO2の資源利用などに向...

東レ、PIF契約を締結 三井住友信託と (2020/9/1 素材・医療・ヘルスケア)

締結にあたり東レは「気候変動対策の加速」「持続可能な循環型の資源利用と生産」などのテーマを設定した。

月面の無人探査や有人拠点の建設、将来的に生活空間としての利用などが進められる。... トヨタの燃料電池車技術を利用する。... 月での資源利用の可能性の調査や、重力天体表面の探査技術の獲得を目指す(ト...

(高屋優理) 【水涵養能力】 アサヒGHDは「アサヒグループ環境ビジョン2050」の重点施策の一つとして、持続可能な資源利用100%を掲げる。... 現在、2165...

政府が「プラスチック資源循環戦略」で掲げた国の目標と歩調を合わせ、途中の30年目標も設定した。 ... 例えば、汚れが目立つためリサイクルできていなかったプラ容器を回収し、化学工場が...

日本では個社の技術開発が中心だが、廃プラを資源利用する中核技術になるとみて、業界をあげて推進する。

具体的な最近の動きとして、昨年12月にEUの政策執行機関である欧州委員会は「The European Green Deal」(50年時点にてEU全体で温室効果ガスゼロかつ資源利用に依存しない経済成長を...

挑戦する企業/アサヒGHD(13)アサヒ環境ビジョン2050 (2019/12/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境ビジョン2050は、温室効果ガス削減や資源利用循環などの“ニュートラル”と、微生物・発酵技術の活用やプロセスイノベーションによる“プラス”の両面から推進する。 ... 再利用が難...

出光興産と宇部興産、日揮はカルシウムなどを多く含む産業廃棄物を活用し、CO2を資源利用する技術開発を目的とした「CCSU研究会」を3月に設立した。... 狙うのは「CO2の大量処理と資源利用のいいとこ...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる