1,223件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

日鉄エンジ、洋上風力関連BOP事業 30年度売上高1000億円 (2021/8/26 素材・医療・ヘルスケア2)

半世紀に及ぶ海洋資源開発プロジュエクトにおける実績を、洋上風力関連に生かす考えだ。

新素材の用途開発推進 ―今後力を入れていく分野はどこですか。 「二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)や水素などの社会ニーズへの対応、リサイクル、資源開発の三つだ...

新役員/住友金属鉱山 執行役員・岡本秀征氏ほか (2021/8/20 素材・医療・ヘルスケア)

【略歴】おかもと・ひでゆき=89年(平元)山口大院工学研究科資源工学専攻修士課程修了、同年住友金属鉱山入社。... 鉱山開発に持続可能性が求められるなか、「責任ある生産」の当事者として当社の役割を会社...

国内唯一の洋上プラットフォーム「岩船沖油ガス田」はJAPEXグループの日本海洋石油資源開発が操業を担当。

資源価格の上昇で、世界の大手鉱山企業には追い風が吹いている。... 日立建機はABBと、フル電動ダンプトラックの共同開発契約を結んでいる。... 環境に配慮した資源開発で役割を果たし、市場の評価を勝ち...

石油資源開発の通期見通し、当期赤字1140億円 特損計上で拡大 (2021/8/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

石油資源開発は10日、2022年3月期連結業績予想を5月発表時から修正し、当期損益はカナダのオイルサンド(油砂)子会社売却に伴う特別損失計上などで、赤字幅が857億円増加し1140億円に膨らむと発表し...

海底熱水鉱床・集積港・海象、DB連携 海上技術安全研究所の中島康晴上席研究員らは、海底鉱物資源開発の事業性を計算する計画支援ツールを開発した。... 海底鉱物資源は埋蔵量などの科学的...

月面資源開発に取り組むアイスペースが発表した資料によれば、佐護氏など7投資家を引受先とする第三者割当増資を実施し、約50億7000万円の資金調達を行う契約を結んだ。 ... これまで...

石油資源開発、カナダのオイルサンド事業終結 特損900億円 (2021/7/30 建設・生活・環境・エネルギー)

石油資源開発(JAPEX)は29日に開いた取締役会で、カナダのオイルサンド事業を終結し、同国子会社が全額出資する事業会社「ジャパン・カナダ・オイルサンド(JACOS)」の全株式を同国オイルサンド事業会...

レアアース以外でもニッケルなどで精製品生産の35%以上が中国に集中するリスクに警鐘を鳴らしたほか、資源開発の促進を求めた。 ... 目標値のEV比率がないと必要な材料規模が見えない」...

例えば、海に囲まれた日本の場合、沖ノ鳥島などの小島が基点となって、日本が専ら漁業や資源開発などを行うことが国際的に認められる排他的経済水域(EEZ)が設定されている(図)。気候変動の影響で、海面が上昇...

三菱ガス化と石油資源開発、新潟でCO2活用事業検討 (2021/5/31 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ガス化学と石油資源開発は、新潟エリアで二酸化炭素(CO2)を有効活用した事業の可能性を共同検討する。

■執行役員フィナンシャルマネジメント第三部長 山口賢一郎氏 【横顔】エネルギーの仕事に従事し、液化天然ガス(LNG)や石油ガス開発など、主に上流資源事業を担当。... 16年天然ガス...

石油資源開発、カナダのシェールガス権益を売却 (2021/5/14 建設・生活・環境・エネルギー)

石油資源開発は13日、カナダのシェールガスプロジャクトで保有する鉱区権益10%のすべてを、オペレーターであるペトロナスエナジーカナダに譲渡すると発表した。

産業技術総合研究所再生可能エネルギー研究センターの岡本京祐研究員らの研究グループは、地熱発電に利用できる地下深部の熱水の流れをリアルタイムに検出する方法を開発した。... 地熱資源開発に加え、油田開発...

エネルギーや金属資源関連が長く、これまで豪州に駐在。... 09年非鉄原料第二部アルミ営業室長、12年LNG第二事業部カタール室長、14年広報部報道室長、17年エネルギー第一・第二本部人事総務室長、2...

日鉄物産は22日、環境資源開発コンサルタント(大阪市北区)、積水化成品工業、スマートエナジー(東京都中央区)と、水上太陽光発電システム事業を展開すると発表した。... 国内の事例は40件弱で、新エネル...

非鉄各社、資源事業強化 権益取得・操業改善で生産拡大 (2021/2/25 素材・医療・ヘルスケア)

世界では優良な鉱山の発見が徐々に難しくなりつつあり、資源メジャーによる寡占化が見られるなど資源獲得競争が激化している。... JX金属は2020年4月、カセロネス事業部と資源開発部を統合し「金属・リサ...

脱炭素社会実現へ化石燃料への厳しい姿勢が強まる中、二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)に関する開発促進や包括的な資源外交で中長期的な安定供給への道筋をつける。... 日本企業に対しては海外でのC...

フォレスト氏保有の資源開発会社スクアドロン・エナジーのスチュワート・ジョンストン最高経営責任者(CEO)は同紙に対して「基地に関してはこれまで以上に順調だ」と指摘。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる