157件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

輝け!スタートアップ(47)メドリッジ (2020/9/17 中小・ベンチャー・中小政策)

既存のセルソーターは赤血球を溶血除去した血液を狭い管に通して分離するなどの手法が多く、検査する血中細胞の品質を低下させるという。

低酸素状態に反応すると赤血球を活発に生み出し、組織に酸素を運搬する。... これまでの標準治療は、赤血球の生成を刺激する注射剤だった。

腎臓はエリスロポエチンなどのホルモンを産生することで赤血球の産生を促す。... ダーブロックは低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素阻害剤(HIF―PHI)で、骨髄における赤血球の産生を促して腎性貧血を改善...

FDAが認可したのは、新型コロナから回復した患者の血液のうち赤血球などの血球を取り除いた成分「血漿(けっしょう)」を重症患者に投与する治療法。

慢性腎臓病は、赤血球の生産を促すホルモン「エリスロポエチン」が十分につくられず、貧血が起きる。ダーブロックは、骨髄での赤血球産生を促す。

血液を吸い取る試験紙を刷新し、赤血球量が低い状態でも高い測定精度を維持する。... 新しい試験紙は血液中の赤血球割合を示すヘマトクリット値が5―70%の範囲で高精度に測定できる。

東洋紡、尿中有形成分分析装置を販売 (2020/4/21 ヘルスケア)

東洋紡は尿中の赤血球や白血球など有形成分を調べる尿中有形成分分析装置「ユースキャナープレミオ=写真」の販売を始めた。

ヒトのさい帯血から増やした赤血球の元となる細胞「赤芽球(せきがきゅう)」を使うと、変異の数が従来の約10―5分の1のiPS細胞を作製することができた。

同試薬は、血液のがんと言われる造血器腫瘍性疾患のうち、真性赤血球増加症(PV)や本態性血小板血症(ET)、原発性骨髄線維症(PMF)の診断に有用なJAK2V617F遺伝子の変異量を測定する。 ...

「個別化医療」実現に意欲 シスメックスは赤血球や白血球の数、種類を調べる血球計数分野で世界シェアトップを走る。

HIF―PH阻害薬は生体が低酸素状態に適応するために持つ生理学的反応を誘導するもので、酸素状態が正常でも生体内で複数の経路を調節し、赤血球の生成を活性化。

骨髄抑制は骨髄の機能が抗がん剤の副作用で抑制され、白血球や血小板、赤血球の産生が低下した状態。

アークレイ/尿沈渣分析装置 12項目を自動測定 (2019/10/14 新製品フラッシュ2)

尿中の赤血球、白血球、扁平上皮細胞など12項目を自動で測定できるのが特徴。

酸素が不足した環境で細胞へ効率的に酸素を供給するために起きる、血管新生や赤血球増殖などの分子メカニズムを解明した。... 低酸素環境では、腎臓の細胞で作られる「エリスロポエチン(EPO)」というホルモ...

東洋紡は、尿中の赤血球や白血球など有形成分を調べる尿中有形成分分析装置「ユースキャナープレミオ」を開発した。

これにより細胞に酸素を運ぶ赤血球が増加することが知られていたが、酸素量が減ったことを細胞がどのように検知しているかは不明だった。

生体が低酸素状態に適応するために持つ生理学的反応を誘導するもので、酸素状態が正常でも生体内で複数の経路を調節し、赤血球の生成を活性化。

血液中の白血球、赤血球、血小板など測定する血球計数装置で、処理速度は毎時120検体。

JCRファーマ、腎性貧血薬を投入 (2019/9/26 ヘルスケア)

JCRファーマは腎性貧血治療薬としての持続型赤血球造血刺激因子製剤ダルベポエチン アルファBS注「JCR」で国内の製造販売承認を取得した。

尿中の赤血球、白血球、扁平(へんぺい)上皮細胞など12項目を自動で測定できるのが特徴。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる