54件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

車両はトヨタと日野が共同開発(写真)し、アサヒGHD、NLJ、西濃、ヤマト、トヨタの5社が各社の物流業務で使用し、走行実証する。 ... アサヒGHDは茨城工場と平和島配送センター間...

【名古屋】新明工業(愛知県豊田市、佐々木和彦社長、0565・32・3450)は28日、愛知県豊田市などと連携し、同市内の区画整理事業区域内で実施した自動運転トラックの走行実証実験を...

【名古屋】新明工業(愛知県豊田市、佐々木和彦社長、0565・32・3450)は28日、愛知県豊田市などと連携し、同市内の区画整理事業区域内で実施した自動運転トラックの走行実証実験を...

開発した自動走行ロボットで、集合住宅や商業施設、工業地帯などで公道も含めた走行実証を11月以降順次実施する。... 日本郵便はセキュリティーマンション向けに複数台の自動走行ロボットでの配送サービスを関...

構内を走行するクローラ型ロボットの遠隔走行実証を行った(写真)。 福島ロボットテストフィールドではさまざまなロボットの実証施設を見学。

デジタル化では自動配送ロボットの公道走行実証を年内の早い時期に行い、社会実装に向けた制度設計を進める考えも明記。

港湾・工場内を自動運転 ZMP、貨物けん引車両発売 (2020/5/11 機械・ロボット・航空機)

自動走行用マップ作製や現地調整の初期費用、オペレーション用監視システム費用などが別途必要になる。... 丸紅との共同出資会社であるAiRO(東京都中央区)が、国土交通省航空局による空港制限区域内の自動...

2020年中に試作車を完成させ、走行実証を実施する計画。

19年末に中部国際空港制限区域内で実証実験を行い、誘導路横断の自動判断やバスを遠隔で操作するなど、システムを検証した。... 19年12月に中部国際空港で実施した検証では、同空港第一ターミナルの国際線...

【和歌山】glafit(グラフィット、和歌山市、鳴海禎造社長、050・3852・1236)は、和歌山市と共同で、11月から和歌山市内の公道で実証用車両を走行させる実験を行う。高齢者の免許返納後の移動を...

相模湖リゾート(相模原市緑区)と富士急行(山梨県富士吉田市)の「低速自動走行バスによる無人移動サービス実用化に向けた自動走行実証」、大和ハウス工業の「人と建物の健康をサポートするIoTスマートホーム実...

【さいたま】埼玉高速鉄道(さいたま市緑区、荻野洋社長、048・878・6845)などは3日、「埼玉スタジアム2002」(同区)周辺の公道約4・5キロメートルで自動運転バスの走行実証実験を行った。「レベ...

みちびきを利用できるシステムの構築や認識・判断のアルゴリズムの実装を試験車両に行い、東京都臨海部で走行実証試験を行う。 さらに飛行ロボット(ドローン)を利用した物流や農業機械の精密運...

AIROの実証実験で使用した自動走行車両「RoboCar Mini EV Bus」(中部国際空港) ...

国土交通省は空港でのトーイングトラクター(貨物けん引車)の自動走行実証実験の実施者に、応募があった全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、AIRO(東京都中央区)の3社4グループすべてを選んだ。.....

2019年度中に航空会社、空港会社、グランドハンドリング(地上支援業務)会社などを対象に、コンテナドーリー(貨物運搬台車)をけん引する車両、トーイングトラクターの自動走行の実証実験を行い、成果を見て2...

【福井】産業技術総合研究所は25日、福井県永平寺町で、計10台の自動運転車両を使った1カ月間の実証実験を始めた。... 6月後半をめどに次に6カ月間の実証実験を予定し、商業運行により近づけた形で運行す...

内閣府が自動運転バスの一般向け走行実証を沖縄県内で実施している。... 大型路線バスによる公道実証は国内初という。... 乗客は青い空と海を横目に、車内のモニターで制御システムがどのように走行車両や車...

ソフトバンクは、後続車両が自動運転で有人運転の先頭車両を追従するトラック隊列走行の実証実験で、車両間の無線通信の遅延を1000分の1秒以下にした。茨城県内のテストコースで行った実証では第5世代通信(5...

丸紅と自動運転関連ベンチャー企業のZMP(東京都文京区)の合弁会社であるAIROは24日、成田国際空港制限区域内で、28―30日の3日間、自動走行車両による実証実験を行うと発表した。... 今回の実証...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる