電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

40件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

超小型衛星は地上観測や小型小惑星の探査など、従来の大型衛星では難しい種類のミッション実行が期待される。2003年に世界で初めて手のひらサイズの超小型衛星「キューブサット」を打ち上げ、日本の超小型衛星開...

「超小型衛星が拓く 宇宙開発」は休みました。

低コストで済む超小型衛星を利用することで、人工の“流れ星”や宇宙空間で撮影した画像を使った仮想現実(VR)コンテンツの実現など、誰もが宇宙を楽しめる時代がそこまで来ている。 &...

「超小型衛星が拓く 宇宙開発」は休みました。

宇宙開発に各国がしのぎを削る中、超小型衛星の打ち上げ数も伸びている。... こうした中、日本発の宇宙ベンチャーでシンガポールを拠点とするアストロスケールは、超小型衛星を使った宇宙ゴミの除去に取り組んで...

天体観測には従来、大型衛星が活躍していたが、今後は小回りがきき低コストの超小型衛星の出番が増えるかもしれない。 ... こうした動きとは別に、超小型衛星を利用した天体観測手法の開発が...

「超小型衛星が拓く 宇宙開発」は休みました。

7月、情報通信研究機構は超小型衛星を利用した量子通信の実証実験に成功したと発表。... さらに超小型衛星の運搬に必要な小型で安価な民間ロケットの開発も日本で始まっている。... 超小型衛星を利用した地...

「超小型衛星が拓く 宇宙開発」は休みました。

「超小型衛星が拓く 宇宙開発」は休みました。

「超小型衛星が拓く 宇宙開発」は休みました。

マイクロ波の反射波を合成する「合成開口レーダー」(SAR)を搭載した1辺約70センチメートルの超小型衛星により、空間解像度1メートルで地球を観測する。... 白坂教授は、「開発には衛星...

「超小型衛星で拓く 宇宙開発」は休みました。

金沢大学理工研究域の八木谷聡教授らは、重力波の発生源からのX線やガンマ線を観測する超小型衛星「カナザワサット」のプロジェクトを進める。 1辺50センチメートルの立方体形状の衛星に「広...

任務を遂行するのは1辺10センチメートルの立方体で質量は1キログラム以下の超小型衛星「サムサット01」(仮)。... 他の衛星に相乗りできるロケットを探しており、2022年までの打ち上...

「超小型衛星で拓く 宇宙開発」は休みました。

キヤノン電子は23日にも、同社初の超小型人工衛星をインド南部のサティシュ・ダワン宇宙センターからインドの「PSLVロケット」で打ち上げる。... 13年には当時の信州大学准教授で、現在は同社の衛星開発...

九州工業大学大学院工学研究院の奥山圭一教授らは、地球低軌道環境観測衛星「てんこう」の開発を進めている。同衛星は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2018年度に打ち上げ予定の温室効果ガス...

主衛星と同時に打ち上げられる超小型衛星は軌道や高度に制限があり、用途や稼働時間に限界が生じる。... 自在に観測ができる衛星として実用化を目指している。... 大阪工大の知的財産学部や関西の製造業と連...

平日の夜や休日に集い、超小型衛星を開発している。 開発中の衛星「RS―01」は、宇宙空間での自撮りに機能を特化。... 現在120人が衛星開発に力を注ぐ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン