43件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

独パルサーフォトニクス(ノルトライン・ヴェストファーレン州)は超短パルスレーザーを用いたレーザー加工を手がける。... 1秒よりはるかに短い時間であるフェムト・ピコ単位のパルス幅の超短パルスレーザー制...

高精度・難加工技術展2020 ONLINE/注目の製品・サービス(1) (2020/10/19 機械・ロボット・航空機1)

ティ・ディ・シー/面粗さ1ナノメートル、超精密研磨加工 ティ・ディ・シー(宮城県利府町、022・356・3131)は、超精密研磨加工(写真)の技術を紹介する。... スペクトロニクス...

天田財団、今年度前期の助成テーマ92件(中) (2020/10/8 機械・ロボット・航空機2)

【研究開発助成/一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽吉田隆/名古屋大学大学院工学研究科電気工学専攻「積層金属―セラミックス複合テープにおける高精度導電性マイクロパス加工技術の構築」▽森謙一郎/...

設備導入の第1弾で、スイスのGFマシニングソリューションズ製のフェムト秒レーザー加工機1台をナカヤマ精密のテクニカルセンター(熊本県菊陽町)に設置する。... フェムト秒レーザー加工は、フェムト秒(フ...

日刊工業新聞社が15日に発行する「型技術3月号」は、「レーザー加工の進化と金型分野への応用」を特集する。 ... ピコ秒レーザーやフェムト秒レーザーと呼ばれる超短パルスレーザーを使う...

天田財団、今年度前期の助成テーマ95件(中) (2019/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽上杉祐貴/東北大学多元物質科学研究所光物質科学研究部門「フェムト秒レーザーによるナノ薄膜加工と高品質な電子位相ホログラムの実現」▽東口武史/宇都宮大学工学...

これまで別々の装置で計測していた2種類の分光手法を、一つのレーザー光源を利用したシステムで同時計測できる手法を確立。... 新手法では光の干渉を利用した分光法「フーリエ変換分光法」に超短パルスレーザー...

東レ・プレシジョン(大津市、池内秀樹社長、077・545・8804)は26日、超短パルスレーザーを用いた微細孔加工の受託サービスを10月に始めると発表した。二つの光学系を持つデュアルスキャナヘッドを搭...

ニコン、光加工機第2弾を披露 (2019/9/4 機械・航空機 1)

超短パルスレーザーで金属を加工し、計測技術と組み合わせて高精度の平面仕上げ、微細加工ができるという。

物体からの反射や透過した光の偏光情報の取得で、物体の分子が超高速で変化する様子などを観察し、高機能な光デバイスなどへの応用が期待できる。... 研究グループは従前から、3次元画像技術のホログラフィー技...

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(中) (2018/11/21 機械・航空機 2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽早稲田大学創造理工学部/准教授梅津信二郎「表面カラーマーカーを利用した透明薄膜加工技術の開発」▽大阪大学接合科学研究所接合機構部門複合化機構学分野/准教授...

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(上) (2018/11/20 機械・ロボット・航空機2)

(敬称略) 【重点研究開発助成(塑性加工)】▽早稲田大学理工学術院基幹理工学部・機械科学・航空学科/教授川田宏之「引抜き成形を用いたカーボンナノチューブ繊維の高強度化」▽大阪産業技術...

浜松ホトニクス、測定用光源開発 高輝度で高安定性 (2018/10/12 電機・電子部品・情報・通信1)

今回の開発品は、超短パルスレーザーがファイバー内を伝わる時に波長が広がる非線形現象を制御することで、安定性を高めた。

レーザー加工技術のトレンド (2018/10/11 特集・広告)

軽量化・低燃費化という社会的要求に直面する自動車・航空機など輸送機器産業や、精密・超小型化要求のある医療機器産業などでレーザーの加工応用は多くの成果を上げてきた。... 従来、ステントはステンレス鋼や...

一方、モールー氏とストリックランド氏は高出力で超短パルスレーザーを生成する手法を開発。彼らの論文は85年に出版され、強力な超短パルスレーザーの開発の道を開いた。 レーザーの増幅に必要...

高精度・高能率加工による航空機製造手法のパラダイムシフト、電気自動車(EV)での機能設計や強度設計を踏まえた生産技術、次世代移動体システムのための新しい製造プラットフォーム、超短パルスレーザーを用いた...

超短パルスレーザーや遺伝子工学により、学習・記憶だけでなく、意識、知覚、感情、精神疾患に関係すると考えられる学習時の大脳シナプスの運動を発見しました。

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(上) (2017/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【重点研究開発助成A グループ研究(塑性加工)】▽首都大学東京楊明教授、日本大学高橋進教授、職業能力開発総合大学校村上智広准教授「デジタルプレス加工のプロセス見える化・知能化技術開発」 ...

さらに、短パルスレーザーや超短パルスレーザーの照射で材料表面にトライボロジー(潤滑・摩擦・摩耗)的な機能を付加するレーザー表面改質や表面機能化などの技術が注目を浴びるようになってきた。 ...

超短パルスレーザーによる加工は、レーザー光の照射時間を表すパルス幅がフェムト秒(1000兆分の1秒)領域に達する。... 超短パルスレーザーは実用化されてから10年たっていないため、技術の応用分野が認...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる