250件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

高温・高圧で超臨界にした二酸化炭素(CO2)を水の代替で使う工法で、従来の限られた用途を大幅に広げる。... 廃水ゼロ、乾燥不要の超臨界の効用を最大化させる。 ......

超臨界アンモニア中で結晶を育てる低圧酸性アモノサーマル(LPAAT)法に高品質な種結晶を用いると高純度な単結晶基板を作製できた。... LPAAT法では高圧でアンモニアを超臨界流体とし...

新役員/三菱重工業 執行役員・米谷秀雄氏ほか (2022/4/12 機械・ロボット・航空機2)

■シニアフェローエナジードメインエナジートランジション&パワー事業本部長代理兼日立工場長 宮本義之氏 【横顔】ポーランド初の超臨界圧発電所を完成させた。

地質情報などから、この異常域上部が超臨界地熱貯留層であることが分かった。... 貯留層直下にはマグマが存在し、このマグマが固まる際、上部に超臨界地熱流体を供給したと考えられる。超臨界地熱流体は、水を通...

▽神戸市西区▽高木祐社長▽078・922・5555 スーパーナノデザイン/超臨界技術で複合材料創出 東北...

原料を粉砕してから乾燥し、シリンダーに充填した後、超臨界ほど高温・高圧ではない「亜臨界」の状態にするため、加圧しながら加熱する。

神鋼、神戸3号機営業運転 超々臨界圧発電で燃料使用少なく (2022/2/8 素材・医療・ヘルスケア2)

微粉炭火力による超々臨界圧発電方式。... 超々臨界圧発電は、石炭の燃焼による蒸気を従来に比べて高温・高圧にして発電するため、燃料使用量が少なくて済む。... 同じく微粉炭火力だが、超臨界圧発電で発電...

リコーの持つ超臨界二酸化炭素を用いた可塑化重合法を活用する。... 今回、超臨界状態の二酸化炭素を用いてPLAを軟らかくし、副反応を防いで高分子化する。

NEDO、超臨界地熱資源をエネに利活用 国内4カ所で掘削調査 (2021/12/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が超臨界地熱資源の利用に向けた技術開発と調査を進めている。... 超臨界地熱はアイスランドで井戸の噴気に成功...

物質を壊さずに有効成分の有無が分かる「CO2超臨界流体抽出技術(SFE)」を用いたスクリーニング(選別)による細胞培養の高速化や、分析機器の組み合わせによる工程の自動化...

発電時に出る二酸化炭素(CO2)を超臨界状態にして再びタービンに戻し発電することで、大気中にCO2をほとんど排出しない画期的技術。

三菱ケミカル 変革への道(1)ベーシックマテリアルズ (2021/7/28 素材・医療・ヘルスケア)

英ムラ・テクノロジーの超臨界水技術を用いて、熱分解よりも高い収率で廃プラを油化し、プラや石油製品の原料とする。

多様なプラを分解できる英ムラ・テクノロジーの超臨界水技術を導入する。

ハイドロPRS技術は、高温高圧の超臨界水の中で複合プラを含む多様なプラを分解し、ナフサなどの代わりに化学品や燃料油の原料となる「リサイクル生成油」を製造する技術。

【単結晶を再析出】 液相成長法は、高温高圧下で超臨界状態にした液体アンモニアにGaN多結晶を溶かし、そこから単結晶を再析出させる。

インタビュー/産総研福島再生可能エネルギー研究所所長・宗像鉄雄氏 (2021/6/3 建設・生活・環境・エネルギー2)

大規模発電となる大深度超臨界地熱開発は現在資源調査段階だ」 「太陽光発電で水を電気分解し、水素吸蔵合金で水素を貯蔵、燃料電池で発電するシステムの実証を郡山市内で行ってきた。

酸素・水素で効率発電 川重・産総研など実証 (2021/5/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

最終的には35メガパスカル・700度C級の超臨界蒸気タービン、10メガパスカル・1700度C級の高温タービン、そして低圧タービンを組み合わせたサイクルの構築を目指す。

経営ひと言/ダイダン・藤澤一郎社長「再生事業に期待」 (2021/4/21 機械・ロボット・航空機2)

同社の再生技術は有機溶剤ではなく超臨界二酸化炭素(CO2)で洗浄するため、環境負荷を低減できる。

「超臨界流体のナノ秒スケールのシミュレーションができるのはうちのラボだけ」と語るのは、中央大学教授の森寛敏さん。超臨界流体内での化学反応は理論的に説明できないことが多い。 ... 超...

このうち超臨界圧(SC)以下の石炭火力は114基にのぼる。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン