23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

蛍光顕微鏡よりも分解能が高い電子顕微鏡では、真空にする必要があるために生物を生きたまま見ることができない。 21世紀になり、蛍光顕微鏡を用いて、これまでの光学顕微鏡の常識を覆す「超解...

東陽テクニカはフランスのバイオアキシャル製の超解像顕微鏡モジュール「ユニバーサルCODIM=写真」を27日に発売する。医学、生物学分野で広く使われている市販の蛍光顕微鏡に取り付けるだけで、解像度を90...

ニコン、超解像画像顕微鏡を投入 細胞観察用 (2018/4/4 電機・電子部品・情報・通信2)

ニコンは生きた細胞の超解像画像を高速に取得し、観察できる顕微鏡「N―SIM S=写真」を発売した。... N―SIM Sの解像度の限界は、光学顕微鏡の約2倍にあたる100ナノメートル(ナノは10億分の...

オリンパスは神経系の超高速な信号伝達などを観察できる共焦点レーザー走査型顕微鏡「FV3000=写真」正立型2タイプを2018年1月に発売する。... 1・25―...

オリンパスは細胞内部の構造や信号伝達の動きなどを観察できる超解像顕微鏡「スピンエスアール10=写真」を2018年1月に発売する。... 一般的な光学顕微鏡と比べて分解能が約1・6倍高いため、従来観察し...

【名古屋】名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所の山口茂弘教授らは、超解像顕微鏡の一つである「誘導放出抑制(STED)顕微鏡」で、任意の細胞内構造の3次元画像を可視化する技術を開発した。生体分...

フォトクロミック(光の照射で可逆的に色調変化する)分子と、蛍光分子のポリマーをシリカの超微細粒子に高密度で被覆。... 超解像顕微鏡のバイオイメージング色素や記録材料、分子センサーに活用できる。...

東工大、光学顕微鏡で分子解像度を確保 (2017/7/5 科学技術・大学)

東京工業大学理学院物理学系の古林琢大学院生、本橋和也氏(元大学院生)、松下道雄准教授、藤芳暁助教らは、光学顕微鏡で3次元の分子を見分ける分子解像度を得ることに成功した。... 既存の最高性能の光学顕微...

大阪大学大学院医学系研究科は、世界主要4メーカーの最先端の超解像顕微鏡を一堂に集めた施設「アドバンスト・セルイメージングコア(ACI)=写真」を開所した。2014年ノーベル化学賞の受賞対象となった誘導...

監視カメラや細胞などを観察する生物顕微鏡として2016年の実用化を目指す。 ... 監視カメラのほか、細胞を観察する超高解像顕微鏡など、医療や生命科学分野への応用が期待される。...

島津賞に理研宮脇氏を選出 (2015/12/10 科学技術・大学)

医療・創薬で応用される蛍光たんぱく質を活用した細胞周期や、代謝など生命現象を可視化するさまざまなセンサーの開発や超解像光学顕微鏡の開発に貢献した。

だから米国の大学と共同の超解像顕微鏡プロジェクトに参画しても、当初は社内での仕事だけを担当していた。 ... だがこの超解像顕微鏡プロジェクトの進行中、上司の勧めもあり、管理職試験を...

京都大学大学院医学研究科の木内泰准教授と同生命科学研究科の渡邊直樹教授らの研究グループは、同時に複数のたんぱく質を染色し、かつ高精細な画像を撮影できる超解像顕微鏡法「IRIS」を開発した。... 研究...

超解像顕微鏡を用いた観測の普及につながると期待される。 ... 超解像顕微鏡は可視光の観測では難しかった200ナノメートル(ナノは10億分の1)以下の対象を観測できる技術として、20...

理化学研究所生命システム研究センターの岡田康志チームリーダーはオリンパスと共同で、従来の100分の1秒のシャッター速度で細胞内の微細構造を観測できる超解像蛍光顕微鏡を開発した。... さらにカメラと照...

オリンパスは15日、生きた細胞内の微細構造を観察するため画像撮影時間を大幅に短縮できる超解像蛍光顕微鏡の新技術を理化学研究所と共同開発したと発表した。... 従来の超解像蛍光顕微鏡に用いられている構造...

ニコンインステック(東京都港区、木村高社長、03・6433・3980)は、ナノメートル(ナノは10億分の1)レベルの対象物の動態観察が可能な超解像顕微鏡「N―STORM4・0=写真」を、5月末に発売す...

電気通信大学先端超高速レーザー研究センターの小林孝嘉センター長・客員教授(東京大学名誉教授)と宮崎淳特任助教、川角洸史大学院生は、蛍光を発しない分子も観察できるレーザー蛍光顕微鏡を開発した。... 蛍...

超短パルスレーザーを光源に使う従来の顕微鏡の50分の1以下のコストで製作できる。... 従来の超解像顕微鏡はチタンサファイアレーザーなど高価で大型の光源が必要だったが、半導体レーザーなら小型化できる。...

その上で開発した「高感度水溶性レドックス応答蛍光プローブ」と単一分子蛍光顕微鏡で、酸化チタンナノ粒子上で起こる光触媒反応の位置を10ナノメートル(ナノは10億分の1)程度の空間分解能で超高解像マッピン...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる