53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.071秒)

さらに、ヴァレオとして初の実証実験となるV2X(車車間・路車間通信)による信号機情報を活用した自動運転にも取り組む。

第5世代通信(5G)と、車両間や路車間通信の無線技術「セルラーV2X通信システム(C―V2X)」を活用した実証実験を行った。... 実証実験は(1)自動運転車が合流路から本線車道にスムーズに合流(2)...

(松崎裕) 【4つの課題設定】 ITSジャパンは自動車や電機、通信サービスなど産業界や大学といった研究機関、自治体など250社・機関以上が参加するNPO法人だ。.....

同研究所はレベル2に加え、ハンズオフ機能やV2X(車車間・路車間通信)と地図情報を利用してレベル2のロバスト(頑健)性を高めた自動運転システムを「レベル2プラス」と設定し合計値を予想した。

情報通信系はナビゲーション機能やオーディオ機能を制御するIVI(車載インフォテインメントシステム)、路車間通信や車車間通信を制御する無線技術「セルラーV2X通信システム(C―V2X)」に関するECUが...

SUBARU(スバル)もソフトバンクと組み、5Gと、車両間や路車間通信の無線技術「セルラーV2X通信システム(C―V2X)」を活用したコネクテッド技術に関する共同研究を始めた。... 高速・大容量通信...

IHIはあいおいニッセイ同和損害保険やOKI、名古屋大学、日本自動車研究所、日本総合研究所と共同で、神戸市北区筑紫が丘で自動運転車両を用いた路車間通信の実証実験を始めた。

SUBARU(スバル)とソフトバンクは、第5世代通信(5G)と、車両間や路車間通信の無線技術「セルラーV2X通信システム(C―V2X)」を活用したコネクテッド技術に関する共同研究を始めた。... ソフ...

路車間通信で歩行者や信号情報などを得て運転手に注意を促す機能や、運転手に異常が発生した際に本人や乗客が押せる非常ブレーキスイッチ、車両同士が通信して運行を効率化するシステムなどを追加した。 &...

【京都】島津製作所は水中で大容量データを高速無線通信できる独自の水中光無線通信技術と装置を、空や陸の領域にも展開する。空と水中ロボットなどを結ぶ通信、航空機・飛行ロボット(ドローン)同士の通信、自動車...

車載向けの通信機器やセル電池などの測定試験を受託し、自社製の計測機器の販売促進につなげる。... 評価項目は車載レーダーやセル電池、車両緊急情報システム(eCall)、車載向けのネットワーク規格「CX...

自動運転車、円滑に合流 名大が制御技術 (2018/12/20 科学技術・大学)

操作候補を統計的に漏れなく検証、路車間通信の環境が整えられた車線の合流地点において、本線を走行中の車両への影響を極力抑えて円滑に合流できる。

既に自動運転の運行実績もあり、AI(人工知能)による交通管制や路車間通信など新技術の普及への貢献が期待される。

「路車間通信」技術は道路からの情報を車載端末で感知し、赤信号の注意喚起などをする。先行車が加減速するとセンサーが反応して後続車が最適な車間距離を保つ「加減速支援」や、路面場の誘導線をカメラが認識し、自...

住友電気工業は路車間通信に活用できる車載用ユニットを開発し、2020年にも販売する。... 路車間通信は自動運転に必要な技術として、多様な企業が開発実証に取り組んでいる。 ... 経...

アンリツは、車車間や路車間通信の情報データを解析できるソフトウエア「V2X 802・11p測定・解析ソフトウェアMX727000A」を発売した。... 同ソフトを使用することで、通信エラーが発生した場...

コネクテッドカーはトヨタの車車間通信や路車間通信技術でマツダと連携する。

コネクテッドカーはトヨタの車車間通信や路車間通信技術でマツダと連携する。

政府の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部、本部長=安倍晋三首相)がまとめた「官民ITS構想・ロードマップ2017」では、インフラ整備よりもデータ整備が前面に打ち出された。......

アルプス電気は「車載用V2X(車車間/路車間)通信モジュール」を開発した。欧州連合(EU)や米国など各国で異なる通信規格や周波数に合わせてモジュール化し、デファクトスタンダード(事実上の標準)を狙う。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる