28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

トータル重量を抑え、車両軽量化につなげた結果、積載重量を増やすことが可能で、輸送効率化に貢献する。 ... 今年3月に発売した「グレイテック M829」で採用しているベルト張力を高め...

現地で車両軽量化ニーズが高まっており、金属代替の樹脂供給体制を整える。

車両の軽量化に役立つ技術を日本の完成車メーカーに提案し、日本事業を拡大する。 ... 車体軽量化のため同技術を採用する日本の完成車メーカーが増えると判断し、拠点の新設を決めた。...

アルミニウム切削加工品からの代替で、車両の軽量化に貢献できるという。また、金属部品は旋盤加工など複数工程が必要だが、樹脂なら射出成形の1工程のみと製造工程の短縮化にもつながる。

新フレームの採用などで車両重量を現行モデルより9キログラム軽量化した。 ... デザインをシャープにし、車両軽量化で操縦性を向上させた。 ... フレームは高剛性な...

同タイヤは従来品のように専用ホイールが要らないため、多くの車両に装着できる。使われずに捨てられやすい応急用タイヤが不要になるため、省資源化と車両軽量化による燃費向上も図れる。 大径化...

電装化や軽量化を背景にエンジンルームなど高温環境下で安定的に使える部品の需要が増えているからだ。... もうひとつは車両軽量化の実現。... これにより車両の軽量化が進展し、車メーカーが重視する燃費の...

中国は公共投資や大気汚染対策として高速鉄道や地下鉄などのインフラ整備が活発化している。... 酸化アルミ並みの低熱膨張率と窒化アルミと同等の熱伝導率を併せ持ち、機械強度も高い。... 新幹線など高速鉄...

また車両軽量化やエネルギー回生性能を向上させ、航続距離は全グレードで228キロメートル(JC08モード)と旧モデル比で14%高めた。EVの課題とされる車両価格と、航続距離を改善し普及拡大を目指す。&#...

車両軽量化を背景に、採用拡大が期待されるポリカーボネート(PC)製部品向けに売り込む。

車両軽量化技術をテーマに自動車メーカーや鉄鋼メーカー、研究機関の研究者らが講演する。

エンジン効率向上、車両軽量化、電動車両技術などを持つ54社・11大学・1研究機関が参加。

約10キログラムの車両軽量化に寄与するアルミニウムボンネットを採用した。

車両軽量化のため、より硬い素材を採用するには、ぶつける投射材も硬くする必要がある。

パンクしても一定距離走行できる同タイヤは、車両の軽量化に貢献することから自動車メーカー各社により採用車種が増えている。... スペアタイヤが不要なため、車両軽量化による燃費向上やトランクのスペースを有...

規格標準化で一躍脚光、スマートグリッドとの相性◎ コンセントを差せばインターネットにつながる―。... その一つがIEEEによる標準規格化だ。... 屋内の電力線を使うホームネットワ...

同社はエンジンや変速機などパワートレーンの効率改善や車両軽量化など車の基本性能である基礎技術を優先的に改良した上で、減速エネルギー回生システムやハイブリッドシステムなどの電気デバイスを段階的に導入する...

先進国の自動車メーカーとの取引は付加価値の高い製品が多く、技術の差別化を図りやすい。低コストを武器に韓国や中国の部品メーカーが台頭する中、日系部品各社は完成車メーカーを取り巻く環境規制や軽量化などの開...

「電気自動車(EV)は車両軽量化がカギを握る。... 「ボディーなど金属部分に穴をあければ、軽量化できる。... 構造材に穴を開けて軽量化を図る方法は、零戦と同じ。

《優秀賞》 【アーレスティ(東京都中野区)/セントラル硝子(東京都千代田区)・マグネシウム溶解におけるSF6代替ガスの開発と実用化】 自動車の車両軽量化への取り組みなどから、アルミニウ...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる