2,826件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

トヨタ自動車は2日、中国の電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)とEVの研究開発を手がける合弁会社を設立し、5月中をめどに事業を始めると発表した。... 20年にもトヨタブランドでEV2車種を中国市...

世界中で新型コロナウイルスの感染が広がる状況下「大変な時に就任した」としつつ、「機能材料事業を太くしたい」と意気込む。... 第5世代通信(5G)の本格化で回路基板材料「エスパネックス」や、車載向けの...

シキノハイテック、福岡にLSI開発拠点 半導体・車載向け開拓 (2020/3/31 電機・電子部品・情報・通信2)

【富山】シキノハイテック(富山県魚津市、浜田満広社長、0765・22・3477)は、主力のマイクロエレクトロニクス事業の拡大に向け、4月に福岡市早良区の「福岡システムLSI総合開発センター」内に「福岡...

4月から…こう変わる (2020/3/31 総合1)

極度額を定めない個人の根保証契約や、公証人による保証意思確認のない個人保証は無効 ・定型約款の新設 ・法定利率を3%に引き下げ ・短期(1―3年)...

日本ではJXTGホールディングスや丸紅が、石油・天然ガス事業の減損などで20年3月期連結決算の当期利益を赤字見通しに修正した。 ... 国内では車載部品などに加工される銅条の「受注が...

カーナビゲーションシステム各社が、既存事業からの脱却を図って付加価値を高める提案で成果を出し始めた。... 【カスタマイズカー】 旧アルプス電気と旧アルパインの経営統合で発足したアル...

(山下絵梨) 【外部環境に警戒】 「事業環境が加速度的に変化している中、自らも変わらなければ、ある時点で現在の当社がよってたつビジネスモデルが突然終わりかねないとの...

一方、コア事業の半導体デバイス事業は電源デバイス部門を中心に、製品ポートフォリオの転換と不採算製品からの撤退を加速した。... パワーモジュールの用途別比率は今は車載・産機向けで約10%、残りが白物家...

挑戦する企業/住友化学(21)社長・岩田圭一氏 (2020/3/27 素材・医療・ヘルスケア)

技術ライセンス事業の柱になる。... 車載に強い同業を子会社化したディスプレー部材の伸びが大きく、高機能プラスチックや化合物半導体、電池材料も伸びる」 ―社会課題の解決に、どう貢献し...

事業部門ごとの成長戦略は、金属事業は新規鉱山への投資や銅製錬の不純物除去技術の開発を進める。加工事業は電池市場での高機能粉末事業の拡販を目指す。... 環境・エネルギー事業は再生可能エネルギー開発や車...

国内需要が中心の環境エネルギー事業は影響が少ないなど、事業による差もある。... 車載電池用リード線も栃木の工場で材料を増産する。... 回復基調だった超硬工具は新型コロナの感染が半年程で収まれば急回...

車載センシングカメラに商機 ―車載カメラ用コネクターの動きは。 「自動運転システムの普及に伴い、キーパーツである車載カメラの搭載数が増える。... 売り上げでは18...

ちょっと訪問/マキシム・ジャパン 日本発の車載IC開発 (2020/3/24 電機・電子部品・情報・通信1)

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の大波が押し寄せ、世界的にも日本勢が強い車載分野に注力している。 ... 同時に医療関係の事業拡大を目指す。林社長は「これまで...

鉄道事業においてイタリアは英国と並ぶ重要拠点だ。... イタリアを中心に納入案件も多く、主力事業への影響は必至だ。 ... アルプスアルパインはアイルランド、チェコのほか、車載関係で...

新電元工業社長・鈴木吉憲氏 脱自前主義、協業を拡大 ―2020年度の事業環境は。 ... 「家電向けの半導体デバイスは落ち込むが、車載向けは伸び...

車載用発電機(オルタネーター)部品のブラシホルダーで、定時ベースでは月間約20万個生産する見通し。... 新興精機製作所は車載部品を製造する電機メーカーに、本業として製造設備に使う金型や部品の製作、試...

スマホと専用車載器の通信でドアが開閉し、車載器に格納した物理的なキーでエンジンを始動する仕組み。... まずはキムラユニティーの社用車管理システムを利用する3万5000台への提供を目指し、カーシェア事...

先進運転支援システム(ADAS)に象徴されるように車載カメラやセンサーは増え続け、データ処理が限界に近づいている。... コネクターとセンサーの組み合わせで、多様なソリューションを提供していく」...

食品関連や車載器具開発などのアイデアも発表された。 県では学生のアイデアを地元企業などが事業化する際には許諾不要で使える規定を設ける。

主力の高吸水性樹脂(SAP)に次ぐ主力事業に育てる意向だ。... 【研究の第一人者】 堀江APB社長は日産自動車出身で、車載リチウムイオン電池研究の第一人者。... 現在鉛蓄電池が使...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる