158件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

運転中のスマートフォン使用などによるわき見や居眠り、車間距離不足などを検知して警告音を発する。

設定した車間距離を維持する「全車速ミリ波車間クルーズ」は停止や発進を含めた全車速域(時速0―90キロメートル)で対応できるようにした。... コネクテッド関連では、車両の自己診断機能として尿素水残量や...

パッシングや車間距離をつめられるなど後方からの危険行為に対応した。

ホンダセンシングは、適切な車間距離を保つ「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」の加減速性能を高めたほか、「止まれ」「STOP」といった英語併記の標識が認識できるようにした。 ...

顧客が後方用の専用カメラを購入すれば、パッシングや車間距離を詰められるといった後方からの悪質行為を逃さず録画できる。

(山谷逸平) 警察庁のまとめによれば、全国の警察が高速道路における道路交通法違反のうち、あおり運転をした場合などに適用される「車間距離不保持」で2018年に摘発した件数は、前年比約1...

高速道路を時速70キロメートルで隊列走行する3台のトラック車両間で位置情報や速度情報をリアルタイムで共有し、車間距離を自動制御することに成功した。 ... 横浜ゴムはシェアリング時代...

2―3台の後続車無人システム(後続車有人状態)について、走行時速70キロ―80キロメートル、車間距離約10メートルまたは約20メートルの車群を組んで走行する。

ADAはカメラやレーダーで車間距離や車線を検知するなどしてブレーキやアクセル、ステアリングを効率的に自動制御する。... 今回の自動運転システムの実現には、ダイムラーや三菱ふそうで実施した日米欧での数...

空と水中ロボットなどを結ぶ通信、航空機・飛行ロボット(ドローン)同士の通信、自動車と道路側機の路車間通信などで用途開拓を始めた。... 通信距離は200メートル。... 車では路車間通信のほか、豪雨時...

ITSに関連した、速度を制御して狙った場所に精度良く停車する「正着制御」や、車間距離の維持を支援するシステムなどの導入も視野に入れる。

ソフトバンク、5G使い高速隊列走行に成功 (2019/6/13 電機・電子部品・情報・通信1)

高速道路を隊列走行するトラック車両間で位置情報や速度情報をリアルタイムで共有し、車間距離を自動制御することに世界で初めて成功したという。 ... CACC(協調型車間距離維持制御)に...

適切な車間距離を保ちながら追従走行できる「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)」や、道路標識をディスプレーに表示して見逃し防止を支援する「ロードサインアシスト」なども採用した。 &...

車両には先行車の制御情報を受信し自動で加減速する協調型車間距離維持支援システム(CACC)のほか、RTK(リアルタイムキネマティック)―全地球測位システム(GPS)やレーザーレーダー「LiDAR(ライ...

損保ジャパン日本興亜のドラレコは、適正な車間距離を運転手に警告する機能などがあるほか、ドラレコが収集した運転データをもとに毎月運転診断リポートを作成。

メルセデス・ベンツブランドの新型「アクトロス」は車載のレーダーやカメラで前方の車両と車間距離を保ち、道路の白線をはみ出ないようにするなど支援する。... 4日から始まった実証実験では、自動で加減速して...

2―4台の隊列を組み、車間距離を30―35メートルに保って走行した。車両には先行車の制御情報を受信し、自動で加減速して車間距離を保つ協調型車間距離維持支援システム(CACC)に加え、カメラで車線を認識...

通信大手、車向け5G実証本格化 つながる車・トラック隊列走行 (2018/11/27 電機・電子部品・情報・通信1)

車間距離が4メートルの隊列走行では空気抵抗の減少で単独走行に比べて燃費が15%向上し、2メートルに縮まれば25%向上する。ブレーキを操作する無線通信の遅延によって4GLTE(約100ミリ秒)の場合はブ...

車載のレーダーやカメラで前方の車両と車間距離を保つほか、道路の両側にある白線をはみ出ないようにするなどで運転を支援する。

協調型車間距離維持支援システム(CACC)を搭載する。CACCは先行車の制御情報を受信し、自動で加減速して車間距離を一定に保つ。

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる