2,766件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

日産自動車と三菱自動車は軽自動車のEVを共同開発し、既存の軽と比較可能な価格帯を実現。... (西沢亮) 国内大手、技術開発進む 走りの質...

ダイハツ工業は自動車運転の予防安全機能「スマートアシスト」搭載車両の国内累計販売が、7月に400万台を突破した。2012年に一部改良した軽自動車「ムーヴ」に初搭載してから、約10年...

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が4日発表した7月の車名別新車販売は、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が2カ月ぶ...

スズキは、軽自動車「ワゴンR=写真」と「ワゴンR スティングレー」の仕様を一部変更するとともに新モデル「ワゴンR カスタムZ」を設定し、30日に発売する。

ダイハツ工業はスポーツ多目的車(SUV)タイプの軽自動車「タフト」の新たな特別仕様車として今秋に発売する「ダーククロム ベンチャー=写真」の先行受注...

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日発表した7月の新車販売台数は、前年同月比7・4%減の34万9335台と13カ月連続の...

三菱自動車は三菱UFJ銀行と、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)社会の実現に向けた協業に関する協定書を締結した。三菱UFJ銀は電気自動車(E...

また半導体や部品不足などによる自動車の減産で新車の納期が延びていることを受け、中古車需要が増加。... 現在の顧客層は40代がメーンだが、若年層の開拓に向けて軽自動車や中古車で100万―200万円とい...

再生エネで電気自動車(EV)を充電すればガソリンの使用量を抑え、高い光熱費を節約できる。... 島は農業従事者が多く、軽自動車の半数が軽トラックだ。だが、電動の軽トラックは製品化が進ん...

鈴鹿製作所では小型スポーツ多目的車(SUV)「ヴェゼル」や軽自動車「Nシリーズ」、埼玉製作所ではミニバン「ステップワゴン」などを生産している。

三菱自動車は電気自動車(EV)の販売で三菱UFJ銀行と協業する。... 販売するEVは軽自動車の商用EVバン「ミニキャブ・ミーブ」と、日産自動車と共同開発して6月に発売した軽...

ホンダはハイトワゴン型の軽自動車「N―WGN」を秋に一部改良する。上位グレード「N―WGNカスタム=写真」の内外装を刷新し、N―WGNで初となる軽乗用車「Nシリーズ」共通ブ...

日産自動車が6月16日に発売した軽自動車の電気自動車(EV)「サクラ」の受注台数が、同28日時点で約1万7000台となった。... 買い物や通勤など生活の足としての色合いが強い軽自動車...

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が6日発表した2022年上期(1―6月)の車名別新車販売は、ホ...

軽自動車は同15・1%減の80万418台。軽自動車が現行の規格となった1998年以降では下から2番目の水準で、直近の10年では最低となった。 ... 軽自動車は同0・4...

スズキは、軽自動車「アルト ラパン=写真」を一部改良して発売した。

三菱自動車は、徳島市、四国電力、四電ビジネス(高松市)と、公用車に電気自動車(EV)を活用する実証実験で、連携協定を締結した。... 三菱自は軽自動...

【第二製品開発部チーフビークルエンジニア・坂幸真氏】 日産自動車にとって初の軽自動車の電気自動車(EV)となる「サクラ」では、軽の常識をはるかに超...

横浜ゴムは16日、三菱自動車が発売した軽自動車の電気自動車(EV)「eKクロスEV」の新車装着用タイヤとして、「BluEarth(ブルーアース&#...

日産・三菱自、軽EV受注好調 (2022/6/14 自動車)

部品不足による生産制約課題 日産自動車と三菱自動車が共同開発し、16日に両社がそれぞれ発売する軽自動車の電気自動車(EV)の受注が好調だ。5月20...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン