9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

日鉄、マツダ「CX―60」に軽量鋼材 34%軽く衝突安全性も向上 (2022/6/23 素材・医療・ヘルスケア2)

日本製鉄は22日、マツダと共同開発したBピラー(前後座席間の柱)向け軽量材が新型ラージSUV(スポーツ多目的車)「CX―60」に採用された...

(編集委員・宇田川智大) 【車体軽量化】 顧客が抱える課題の解決で鉄鋼各社が特に重視するのが、環境規制の世界的な強まりに応じ、車体の軽量化を急ぎたい...

マツダと共同で、製造方法を含む国際特許も取得済み。... 自動車業界は軽量化に向けて金属から繊維強化樹脂に置き換える研究が盛んで、新技術は注目されそうだ。 ... 栗本のGFRP技術...

【広島】マツダは2019年に市場投入予定の次世代小型車向けボディーで、超高張力鋼板(超ハイテン)の使用比率を大幅に高める。引っ張り強度が780メガパスカル以上の鋼材の質量比率は、現行の...

自動車の軽量化に向け、さらにホットプレス材が普及すると想定、採用拡大を図る。 ... 加えてプレス機や使う鋼材も改良し、同10回に生産性を高めるめどを付けた。... 高生産性を武器に...

軽量化を進める自動車部材の素材競争をくぐり、さらに上位のハイテンで採用部位を拡大。... 金属組織の硬質相、軟質相を均等にちりばめる技術を確立し、鋼材の伸び特性を従来の1180メガパスカル級の2倍に高...

次世代エコカーに求められる燃費低減を実現する上で“最後の課題”といわれるのがシート軽量化。... 従来シートは安全性や座り心地を確保するため骨格に鋼材が使われ、電装部品をまとっているため「軽量化が難し...

マツダが新解析技術で設計した部材について、検証試験を実施し、その効果を確認した。... 住金ではこの技術をマツダ以外の自動車メーカーにも適用する。 ... しかし、最近は自動車の軽量化ニーズに...

トヨタ自動車や三菱自動車、マツダなども全社プロジェクトで軽量化を推進する。... ホンダ系サプライヤーではテイ・エステックがシートフレーム材質を薄くて強度のある鋼材に切り替えたり機構部品の構造見直しな...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン