932件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

4位は「ロボット・人工知能(AI)」(49・3%)、5位が「医療・ライフサイエンス」(45・3%)、6位が「ナノテク・材料・新素材」(44・8%)となった。 ... さらに「農業機械...

エアロセンス(東京都文京区、佐部浩太郎社長、03・3868・2551)は6日、最高時速100キロメートルで50キロメートルまでの長距離飛行が可能な固定翼飛行ロボット(ドローン)「エアロボウイング」を発...

産業(製造)、欧州グリーンディール(EUからの温室効果ガス排出削減政策)、モビリティー、ヘルスケア、金融、エネルギー、農業、行政、スキルの9分野である。... (水曜日に掲載) ロボ...

バーチャル実演会、井関農機がHPに公開 (2020/8/3 機械・ロボット・航空機2)

ロボットトラクターや可変施肥田植機などを現場作業者の目線で分かりやすく紹介。新型コロナウイルス感染防止対策で営業活動や展示会が制限される中、未来の農業へ理解を深めてもらう。

NTT東、ローカル5G実験施設刷新 (2020/7/31 電機・電子部品・情報・通信)

検証ルームでは、例えばローカル5Gを活用した農業用ロボットの動作確認を行える(写真)。NTT東は農業をはじめとする1次産業の効率化に向けた取り組みに力を注いでおり、今秋にもラボ付近の畑やビニールハウス...

生産性向上、ニーズに応える 独自シェルマシンで成長 岡田シェル製作所(兵庫県淡路市、岡田敏孝社長、0799・62・6098)は、建設機械や農業機械、産業用ロボット向けなどの鋳物の内側...

両機関の持つ人材や要素技術を融合し、センサーや人工知能(AI)を活用した先端ロボット技術の実現を目指す。... 共同研究テーマは、環境計測マルチモーダルガスセンシング技術や先端融合サービスロボットの開...

自律制御システム研究所は東光鉄工(秋田県大館市)と、防災・減災対策向けの飛行ロボット(ドローン)の開発・販売で協業を開始した。東光鉄工は農業向けや防災向けの大型ドローンが得意で、秋田県のサポートを得な...

経営ひと言/エフェクト・光安淳社長「AIがカギ」 (2020/7/23 中小・ベンチャー・中小政策)

最近、福岡県の支援で開発した「自律飛行ロボット(ドローン)によるイチゴ農園監視システム」を市場投入した。... 単にAIだけでなく、農業とドローンとの組み合わせの発想で生み出したシステムで「農業分野で...

【前橋】TEAD(群馬県高崎市、相吉雄二社長、027・388・9696)は、農業分野での飛行ロボット(ドローン)の活用を狙いに、群馬県立農林大学校で出前授業を行った。... 井上暢悠管理部部長は「スマ...

▽中尾アルミ製作所(台東区)=調理しやすく保温性能が高い業務用鍋の開発▽ランドバンクス(新宿区)=コスプレ撮影専用レンタルスペース▽ルクールプラス(千代田区)=オフィスコンシェルジュ事業▽ウェイビー(...

国産の紫外線照射ロボットとしては日本初の記録を得ることができた。... 農業分野もロボティクス化が進んでいない業界であるが、医療分野も日々の業務が多忙を極めるためか、新しい発想による医療ロボットが少な...

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)と共同で、土の水分や硬度を3次元的に計測し、AIが個々の作物に適した耕し方、水はけの仕方などを指示するロボットを開発中だ。 ... 「研究で...

自社で試したロボットの実践導入事例をショールーム化した工場内でお見せし、アレンジしたロボットを提案できる」(田名部徹朗社長)のも強みだ。 ... 厚生労働省令で定めた「産業用ロボット...

飛行ロボット(ドローン)の導入を考えているユーザーに提案を行う。農業、測量、空撮といった市場に加え、ドローンを使った点検・警備や物流、倉庫内在庫管理についても紹介する。

トンネル調査ロボ、自律飛行で水路内撮影 西松建と長崎大 (2020/6/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

同ロボットは電動式で最長6キロメートルの飛行が可能。... 今後、西松建設は農業用水路トンネルの点検にも用途を広げる。 トンネルマンボウは無人型飛行船ロボット。

クボタは農業機械のオンライン展示会のウェブサイトを開設した。... デンソーウェーブ(愛知県阿久比町)は7月にオンライン展示会を世界同時開催し、リアルタイムでロボットの実演などを配信する。 &...

経営革新計画承認/大分県・6件 (2020/6/24 東日本・西日本)

▽ultra beam(大分市)=オートシャンプーの導入で従業員の負担軽減・スキルアップの両立、お手頃価格と美容機器の体験で顧客満足度の向上を目指す▽大分からあげ(同)=新商品“新食感ほぐり鶏そぼろ”...

【横浜】アルプス技研は、日本総合研究所やユアサ商事などと農業用ロボットの事業化に向け、共同出資会社「DONKEY」(相模原市緑区)を設立した。... 2017年にコンソーシアムを立ち上げて自律多機能型...

【高圧洗浄に対応】 「日常使いできるロボット。... 道路の下を走る下水管や農業用水路、工場の排水インフラなど、狭くて汚い配管を泥だらけになってロボが点検する。... ロボットは精密...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる