21件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

挑む スマート農業(4)全国121地区で実証、課題探る (2020/4/9 機械・ロボット・航空機2)

また農水省は、19年度に本格運用を開始した農業データ連携基盤「WAGRI(ワグリ)」の整備も加速させている。従来、農機メーカーとソフトウエアベンダーの間では、データの互換性がなかったため、農業分野では...

AIによる自律型多機能ロボット「FARBOT」 【新ハードウエア】 我々が開発している「FARBOT」は、人工知能(AI)によって農場内を自律走行しながら、環境デー...

矢野経済研究所(東京都中野区、水越孝社長、03・5371・6900)は、2025年度のスマート農業の国内市場規模を18年度比3・1倍の442億円に拡大すると予測した。農業データ連携基盤(WAGRI)の...

農業データを音声入力 日立システムズが沖縄で実証 (2019/12/11 電機・電子部品・情報・通信1)

3社はJAおきなわ中部地区(沖縄県沖縄市)と連携し、農業分野のデータ入力作業負担の軽減や作業記録のデジタル化、知見のデータベース化を実現する。... テキストデータのうち、農作物の育成状況や育成ノウハ...

FBNが持つ会員ネットワークやデータ収集・活用技術と、伊藤忠商事のノウハウを組み合わせ、新たな農業ビジネスにつなげる。 ... 会員農家が持つ農業データと、収集した関連ビッグデータの...

その一つが「農業データ連携基盤(WAGRI)」。内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)で、農業ICT(情報通信技術)の課題を解決し、農業者が経験と勘だけに頼るのではなく、データを使って生...

農研機構は農業、食品分野における最大の研究機関として幅広い研究基盤を持ち、これまでにロボットトラクターの開発や農業データ連携基盤の構築を進め、スマート農業実現に向けた実証を重ねている。 ...

NECソリュ、農業ICTソリューション データ連携基盤に対応 (2018/11/27 電機・電子部品・情報・通信2)

NECソリューションイノベータは情報通信技術(ICT)を活用した四つの農業ソリューションにおいて、「農業データ連携基盤」への対応を2019年4月から順次始める。各ソリューションと農業データ連携基盤をつ...

農業・食品産業技術総合研究機構は27日、AI(人工知能)とデータ連携基盤を統合した「農業情報研究センター」を10月1日に開設すると発表した。人工知能やビッグデータ(大量データ)を活用したスマート農業の...

西松建設、農業データ計測を実証 LPWA・IoT活用 (2018/7/18 建設・エネルギー・生活1)

西松建設は17日、省電力広域無線通信「LPWA」とIoT(モノのインターネット)技術を活用し、農業分野で計測監視の実証実験を始めたと発表した。... 計測データはクラウド上で処理され、事前設定値を超え...

こうした農業が抱える課題を情報通信技術(ICT)などにより解決しようという「農業データ連携基盤」が動き出した。 ... 具体的には、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラムの支援を...

「農業分野におけるデータ契約ガイドライン検討会」を設置し、29日に初会合を開く。情報通信技術(ICT)を活用した農業(スマート農業)の普及を見据え、知財が侵害されない形でデータの他者への提供や使用許諾...

政府の未来投資会議構造改革徹底推進会合は13日、スマート農業のインフラとなる「農業データ連携基盤」の構築などで議論した。農業データ連携基盤は、企業ごとに異なるトラクターの作業データなどを相互にやりとり...

農林水産省は内閣府などと共同で、22日に「農業データ連携基盤協議会」を設立する。農業従事者が農業機械や気象、土壌などのデータを駆使し、生産性向上や経営改善に挑戦する環境を整備する。... 気象データ、...

慶応義塾大学やNEC、クボタなど23機関は、2019年4月をめどに、ビッグデータ(大量データ)を活用した農業を推進するための「農業データ連携基盤(データプラットフォーム)」を構築してサービスの提供を始...

農林水産省は15日、慶応義塾大学SFC研究所やNTT、全国農業協同組合連合会(JA全農)などと共同で、産学官連携の「農業データ連携基盤(データプラットフォーム)」を創設した(写真)。農家の高齢化で農業...

そのため北米を中心に、効率化に向けた農業データの分析・活用や自動化推進のニーズが高まっており、今後も拡大する見通し。... 三井物産は、FEを通じて農業ビッグデータを保有できる点を生かすことで、今後は...

米アグコ、米農業関連2社と提携 (2016/12/16 機械・航空機 1)

農業機器メーカーの米アグコは農業用ソフトウエアの米アグリティックスおよび農業データ管理の米ファーモバイルとの提携を発表した。... 農業機械のデータから実用的な情報を引き出して、収穫量の増加などを実現...

12月下旬から可視化した農業データを活用し、知見を共有するサービスの提供を開始。... データを収集する端末2台と収集したデータを可視化するアプリケーション(応用ソフト)で構成。... ITは補完であ...

全国のバイオマス資源に関する情報が豊富な丸紅、直営農場を展開するイオングループ、農業データの情報通信技術(ICT)活用を図るパナソニックなどの協力を得て、複数の栽培モデルの確立を目指す。 &#...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる