36件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

近畿大学理工学部の前田佳伸教授と日本山岳救助機構(東京都新宿区)は、遭難時の緊急退避に使う、2次元コード付き反射マークを印刷した登山用小型シェルター(写真)を共同開発した。

東大阪モノづくり体験塾(西藪和明代表=近畿大学理工学部教授)は、新型コロナウイルスの感染拡大で経済的に苦しい大学生をアルバイトとして緊急募集する要請を中小企業に始めた。モノづくりの街の東大阪地域で学ぶ...

東大阪モノづくり体験塾(西藪和明代表=近畿大学理工学部教授)は、第3回フォーラムを城東工科高校(大阪府東大阪市)で開いた(写真)。... 東大阪市などの中小企業10社が学生を受け入れ、大阪産業大学や城...

天田財団、今年度前期の助成テーマ95件(中) (2019/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽上杉祐貴/東北大学多元物質科学研究所光物質科学研究部門「フェムト秒レーザーによるナノ薄膜加工と高品質な電子位相ホログラムの実現」▽東口武史/宇都宮大学工学...

丸仁/反射する2次元コードプリントの登山ウエア (2019/4/22 新製品フラッシュ1)

丸仁は近畿大学理工学部と共同開発した、強い光が当たると虹色に反射する2次元コードをプリントした登山用ウエア「ライトセーバー」を発売した。

近畿大学理工学部の佐賀佳央教授らは、神戸大学や金沢大学と共同で、バクテリアの色素を、たんぱく質に結合したままで葉緑素に変換することに成功した。

東大阪モノづくり体験塾、近畿大学生らが成果報告 (2019/3/5 中小企業・地域経済2)

東大阪モノづくり体験塾(西藪和明代表=近畿大学理工学部教授)は、大学生らが地域企業に出向き体験学習した報告会を大阪府東大阪市内で開いた。... 東大阪市などの中小14社が学生を受け入れ、近畿大や城東工...

近畿大学理工学部の前田佳伸教授らは、アミューズワンセルフ(大阪市中央区、佐野ひかる社長、06・6210・3345)と連携し、飛行ロボット(ドローン)にレーザーを搭載した山岳遭難者探索システムを開発した...

JIEC、AI活用「バーチャルTA」 近畿大に提供 (2018/9/27 電機・電子部品・情報・通信2)

JIECは、近畿大学理工学部に人工知能(AI)技術を活用した「バーチャル・ティーチング・アシスタント(バーチャルTA)」を提供した。

近畿大学理工学部の荒井規允准教授らは、人工知能(AI)を用いて、複雑な分子構造を持つ界面活性剤の性質予測に成功した。

不撓不屈/フルテック(2)科学少年、起業の原点 (2018/9/5 中小企業・地域経済1)

古田は近畿大学理工学部を71年に卒業後、渡英。マンチェスター大学大学院に5年間通い半導体の結晶に関する研究に携わり、電子工学の博士号を取得した。... 父は東京大学法学部出身。

「東大阪モノづくり体験塾」 企業・学生 “共に学ぶ” (2018/4/16 中堅・中小・ベンチャー)

体験塾代表の西藪和明近畿大学理工学部教授は「得られるモノは企業や学生次第」とし、白紙から生まれる思考と努力の双方を期待する。... 近畿大理工学部の長谷川智史さんは、職人の技を目の当たりにした。......

近畿財務局が1月31日に示した近畿2府4県の景気総括判断は「緩やかに拡大しつつある」。... 近畿大学理工学部の西藪和明教授は、東大阪の中小製造業にロシアから大学生を招き、企業見学をテコにした人材交流...

近畿大学理工学部の堂寺知成教授らは、結晶のような周期性はないが一定の規則性のある原子配列を持つ準結晶で、構成内に1対3・303の比率「青銅比」が現れる構造を発見した。

東京農工大学大学院工学研究院の嘉治寿彦准教授と近畿大学理工学部の田中仙君講師らは、有機物の「グアニジンヨウ化水素酸塩」を使い、人体に有害な鉛を用いずに次世代太陽電池である「ペロブスカイト太陽電池」の開...

近畿大学理工学部、27日にフォーラム (2017/6/26 科学技術・大学)

近畿大学理工学部は27日17時から同大の東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)で「第1回理工学部イノベーションフォーラム」を開く。米カリフォルニア大学サンタバーバラ校で有機薄膜太陽電池について研究した、同...

近畿大学理工学部の今井喜胤准教授らは、色素分子の一部を変えることで色合いが変化する有機色素材料を開発した。

近畿大学理工学部、あす発表交流会 (2017/3/9 科学技術・大学)

近畿大学理工学部は10日13時10分から同大東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)で「第9回理工学部研究発表交流会」を開く。

天田財団(岡本満夫理事長)は、2016年度前期の助成テーマに東京大学生産技術研究所の古島剛准教授らの研究など計91件を決めた。... 【重点研究開発助成Aグループ研究(塑性加工)】▽「生体吸収性マグネ...

近畿大、円偏光発光体を開発 (2016/11/3 科学技術・大学)

近畿大学理工学部の今井喜胤准教授らは固体状態でも、らせん状に回転しながら振動する光「円偏光発光(CPL)」を放つ発光体を開発した。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる