9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

香港政府は23日、4カ月半続く政府への抗議活動の契機となった逃亡犯条例改正案を正式撤回。

THIS WEEK (2019/10/21 総合2)

21日(月)先勝 ■政治・経済 ▽実質輸出入動向(日銀) ▽9月と4―9月期の貿易統計(財務省) ▽8月の全産業活動指数(経済産...

足元の金融市場は、米中協議が10月に再開する見通しとなったことや香港政府による逃亡犯条例改正案の撤回を受けてリスク選好的になっている。

香港政府による逃亡犯条例改正案の撤回、英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)延期法案の議会可決、米中貿易協議の再開の報道を好感したものだ。... 選挙で過半を獲得できればEUと関税同盟を目指...

また香港に逃亡犯条例改正案の撤回を認めており、米国への譲歩も加われば習政権の求心力低下は避けられない。

多数の同社職員が逃亡犯条例改正案の撤回を求める抗議活動に参加し、中国の航空当局は安全上の脅威があると警告していた。

【香港=時事】香港政府トップの林鄭月娥行政長官は4日、市民向けのテレビ談話で、中国本土への容疑者の引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案について、正式に撤回すると表明した。香港では6月以降、改正案に反対...

またアルゼンチン通貨ペソの急落に加え、逃亡犯条例改正案をめぐる香港空港デモの混乱や日韓関係の一段の悪化などの地政学リスクも重なり、投資家心理が冷え込んで幅広い銘柄が売られた。

仮に米中会談が実現しても中国は習近平政権の政策を否定するような妥協案は示さず、協議期間の先延ばしを求めるだけにとどまりそうだ。 ... 16日には香港政府の「逃亡犯条例」改正案をめぐ...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる