18件中、1ページ目 1〜18件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

ENEOS、導電フィルム開発 低抵抗と高透明性両立 (2021/1/18 素材・医療・ヘルスケア)

ENEOSは、ナノインプリント技術を活用した透明導電フィルムを開発、2022―23年の市場投入を目指す。... ENEOSのフィルムは、肉眼で視認できない高い透明性と高い導電性(低抵抗)を両立し、導電...

【コスト1000分の1】TASCが開発した透明導電フィルム(TASC提供) 夢の材料が普及しない理由は既存の炭素材料とのコスト競争だ。... 樹脂や電池電極に炭素材料を混ぜて導電率を...

タッチパネル用の透明導電フィルムに加え、有機デバイス用バリアーフィルムや反射防止フィルム、熱遮蔽(しゃへい)や飛散防止用のウインドーフィルムなどへの適用を見込む。... 築港工場には同方式のフィルム成...

タッチパネル用のインジウムスズ酸化物(ITO)透明導電性フィルムの市況が悪化している。... JSRも同フィルムの設備などで10億円を減損処理。... このほかタッチパネル用透明導電フィルムでも富士フ...

東京工業大学の坂尻浩一特任准教授らの研究グループは、アルミニウムを蒸着した樹脂フィルムを使い、インジウムスズ酸化物(ITO)と同程度の性能を持ちつつ、コストがその半分以下の透明導電フィルムを開発した。...

【一般型】▽アサヒメッキ(鳥取市)=あらゆるアルミ系素材に適応し、かつ毒物を使用しない表面処理技術の開発▽ダイヤ工業(岡山市南区)=感染を防止し、骨再生を促進する革新的インプラントの開発▽JRCS(山...

(政年佐貴恵) グラフェンは高い導電性や強度といった優れた性質を持つ。... 東芝は酸化グラフェンと銀ナノワイヤ(ナノは10億分の1)を積層した、透明導電フィルムを開発した。... ...

JSRのスマートフォン向け高耐熱性透明樹脂の出荷量が前年比で約3倍に増えた。... 三菱樹脂は光がタッチパネル内で乱反射するのを抑える透明粘着フィルムの採用が拡大している。... 日立化成の透明導電フ...

フレキシブルガラスに銀ナノワイヤインクを使った透明導電フィルムを貼り合わせたタッチパネルを両社で共同開発することを1月に決めていた。だが、インジウム・スズ酸化物(ITO)フィルムの価格下落で開発中の製...

ソニーは導電性に優れる炭素材料の一つであるグラフェンを、ロール・ツー・ロール方式(用語参照)で高品質に大量生産する技術を開発した。... 樹脂フィルムにグラフェンを転写して銅薄膜を溶かせば、透明導電フ...

東芝は炭素原子がシート上に並んだグラフェンの超薄膜と、銀を使ったナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)の細い線材膜を重ねた透明導電フィルムを開発した。透明で電気を通す透明導電膜はインジウム・スズ酸化...

同分散液を使い、透明導電フィルムの作成など用途に合わせた開発も行う。... CNTは高弾性や高導電性など優れた物性があり、蓄電池など環境・エネルギーを含む幅広い分野で応用が期待されている。

東レは9日、電子ペーパー用に折り曲げても高い導電性を持つカーボンナノチューブ(CNT)透明導電フィルムの量産化技術を確立したと発表した。... CNT透明導電フィルムの光透過率は90%以上と高く、IT...

信越ポリマーは31日、曲面形状や大型パネルに対応できるタッチパネル向け透明導電フィルムを開発したと発表した。表面比抵抗は単位面積当たり80オームで、一般的な酸化インジウムスズ(ITO)フィルムよりも低...

日立化成工業は21日、樹脂基板に転写・接着できるタッチパネル用転写形透明導電フィルムを開発したと発表した。... 全光線透過率は85―91%、表面抵抗値は単位面積当たり10―250オームと、インジウム...

東レフィルム加工(東京都中央区、山口進社長、03・5200・5611)は、銀ナノワイヤを利用して透明性と導電性を両立した透明導電フィルムを開発した。... 15年度には年間20億―30億円の売り上げを...

JSRは4日、実用温度260度C以上の超耐熱光学等方性透明フィルム「LUCERA(ルセラ)=写真」を開発したと発表した。タッチパネル用透明導電フィルム基材や有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)照明基...

東レは9日、銀ナノ粒子を用いた自己組織化透明導電フィルムの連続塗工プロセスの構築に成功したと発表した。今回開発したフィルムは、全光線透過率80%、導電性能を示す表面比抵抗は1平方ミリメートル当たり1―...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる