32件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

戸田建、大型コンクリ解体で新工法 通電加熱で破砕容易に (2020/10/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

同工法は、鉄筋コンクリート構造物の鉄筋を直流電源で1000度C以上に通電加熱し、コンクリートにひび割れを生じさせて解体を容易にする仕組み。

三菱UFJ技術育成財団、今年度第2回研究開発助成決定 (2019/2/25 中小・ベンチャー・中小政策)

▽Alivas(東京都文京区)「難治性便秘を治療する新規血管内治療用医療機器の開発」▽ビズジーン(大阪府茨木市)「複数の呼吸器感染病原体を核酸固定化膜上で同時、簡便かつ高感度に診断する新技術の開発」▽...

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(上) (2018/11/20 機械・ロボット・航空機2)

(敬称略) 【重点研究開発助成(塑性加工)】▽早稲田大学理工学術院基幹理工学部・機械科学・航空学科/教授川田宏之「引抜き成形を用いたカーボンナノチューブ繊維の高強度化」▽大阪産業技術...

研究グループは線状に加熱しながら走査して表面のみを構造変化させる、独自の「ゾーンヒーティング再結晶化法」(ZHR法)を使い表面の粗さを抑えた下地基板表面で、シリコンを成長させた。... 基板でのシリコ...

アカネ、銅と黒鉛の複合材を開発−熱伝導率2倍超 (2018/1/15 素材・ヘルスケア・環境)

自社で開発・販売する「多軸通電焼結機」を用い開発した。通電加熱と加圧を違う方向から行うため、焼結時の製造条件を最適化しやすい。... また冷却と加熱を数百回繰り返すと熱伝導率が低下する熱サイクルの問題...

NEMS動作の研究で先行していたジェノバ大と連携し、局所的な通電加熱による構造の相転移でアクチュエーターを動作させることに成功した。

【重点研究開発助成Aグループ研究(塑性加工)】▽「生体吸収性マグネシウム素形管材の革新的レーザダイレスフォーミング法の開発」東京大学生産技術研究所古島剛准教授ら 【重点研究開発助成B課題研究(...

▽中小企業庁長官賞「深絞り加工によるステンレス製ダイヤフラムバルブの開発」(フジキン、長崎プレス工業)▽経済産業省製造産業局長賞(2件)「曲げと捩りの同時制御によるポンプ羽根部品の逐次成形技術の開発」...

ネツレンは直接通電加熱(DH)により、自動車用鋼板の必要な部分のみ加熱できる技術(写真)をアークと共同開発した。... ネツレンはホットプレスの加熱用にDH装置を開発。... 今回は移動電極方式を取り...

住重、車体部品を大幅に軽量化−製造システム開発 (2016/1/11 機械・ロボット・航空機)

鋼管をプレス機の金型にセットしたのち、通電加熱から高圧空気注入、成形、焼入れの工程を制御システムにより、フランジ付き連続異形閉断面に高精度に成形加工できる。

■アミノ ホットフォーミングプレスを出展したアミノ(静岡県富士宮市)は、実際に900度Cに加熱した鋼板を自動車の骨格部品の縮尺モデルに加工する実演で注目されている。... 通電加熱装...

鋼板加熱用通電加熱装置、搬送用ロボット、プレス機を組み合わせた自動化システムにより約900度に加熱した鋼板の成形実演を行うとともに、周辺装置メーカーの製品展示も行う。 &#...

鋼板加熱用通電加熱装置を使い、搬送用ロボット、プレス機を組み合わせ、実際に900度Cに加熱した鋼板(ハイテン材)の成形実演を行う」 (静岡支局長・伊奈淳一) ...

【わずか1秒内】 私たちは、このような問題の解決を目指し、2003年から文部科学省の原子力試験研究費の支援を受け、複数の高温物質の熱物性値を短時間かつ容易に測定できる「光通電ハイブリ...

触媒を保持させたアルミニウム被膜電熱線に直接通電・加熱することで、加熱時のエネルギーロスを最小限に抑える。 ... 水素を安全・容易に取り扱えるように変換した有機ハイドライドのメチル...

豊橋技術科学大学と共同開発したチタン合金向け「通電加熱ホットスタンピング工法」で加工する。板材を通電して800度C以上に加熱して数秒間でプレスする。... 従来のプレス法では金型を加熱し、プレス後に金...

アミノは産学連携で、加熱炉を用いずに金型内で電気を使って加熱する通電加熱方式の供給を目指している。 ... 完成した「スマートホットプレス(SHP)」技術は、ブランク材に直接通電し必...

ホンダエンジニアリング、アイシン高丘、アステアの事例解説、導入レポートをはじめ、プレス機械、加熱炉、被加工材、型材、表面処理、シミュレーションなどの要素技術を網羅し、ホットスタンピング技術の現状と導入...

通電加熱によるホットスタンピングは直接材料に電流を加えることで、従来の炉加熱よりも急速に加熱することが可能で、酸化スケールも少ないといった利点がある。 ... 【鋼板を高強度化】&#...

機械的加圧とパルス通電加熱を併用する放電プラズマ焼結は各種粉末を焼結する手法の一つ。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる