237件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

ボーイング、2600億円支払い 墜落事故で米司法省と和解 (2021/1/11 機械・ロボット・航空機)

罰金2億4360万ドルのほか、MAX機を保有する航空会社に対する補償金17億7000万ドル、遺族基金創設で5億ドルを拠出する。 MAX機に対しては、司法省や連邦捜査局(FBI)が安全...

【ワシントン、シカゴ=ロイター時事】米連邦航空局(FAA)は、2019年3月以降に製造された、米航空機大手ボーイングの新型旅客機「737MAX」に耐空証明を初めて交付したと公表した。... 航空会社へ...

【シカゴ=時事】米航空機大手ボーイングは、2度の墜落事故を受けて世界中で運航停止となっている新型旅客機「737MAX」について、米連邦航空局(FAA)から運航再開の承認を得た。米航空会社には年内の路線...

ボーイング787、今度は水平尾翼に問題 (2020/9/10 機械・ロボット・航空機)

米航空機大手ボーイングは8日、中型旅客機「787」で新たに製造上の問題を発見したと発表した。... 米連邦航空局(FAA)は8日、「特定のボーイング787ジェット旅客機に影響を与えている製造上の欠陥に...

【ワシントン=ロイター時事】米連邦航空局(FAA)は6日、ボーイングの中型旅客機「787」の一部で判明した製造上の欠陥について調査中であるものの、新たな検査が必要かどうかを判断するのは時期尚早との認識...

米当局、アマゾンのドローン配送を認可 (2020/9/2 電機・電子部品・情報・通信1)

【ロイター時事】米アマゾン・ドット・コムは小型無人飛行機(ドローン)による国内配送サービスについて、米連邦航空局(FAA)から認可を受けたと31日に発表した。 FAAは、アマゾンのド...

■ ■ ■ 米国では貨物輸送大手のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)とドローンサービスベンチャーのMatternet社が、19年3月に米国で最初の連邦航空局の認可を取得した。...

欧当局、737MAXの運航再開日程策定せず (2020/8/6 機械・ロボット・航空機1)

【パリ=ロイター時事】欧州航空安全局(EASA)は4日、米ボーイングの新型旅客機「737MAX」の運航再開について、具体的な日程はまだ策定していないと明らかにした。 737MAXは、...

737MAX対策、米航空当局が設計変更要求案 (2020/8/5 機械・航空機 1)

【ワシントン=ロイター時事】米連邦航空局(FAA)は3日、米ボーイングの新型旅客機「737MAX」の安全問題への対応策として、4点の重要な設計変更を要求する「耐空性改善通報」案を公表した。 &...

737MAX、10月前の運航再開困難 米ボーイング (2020/7/23 機械・ロボット・航空機1)

FAAの手続き残る 米連邦航空局(FAA)は21日、米ボーイングの新型旅客機「737MAX」について、運航停止以来の変更点に対応した耐空性改善通報を「近い将来」出...

テラ・ラボ(愛知県春日井市、松浦孝英社長、0568・53・4501)は、災害対策向け長距離無人航空機の実用化研究を加速する。... 21年度に米国連邦航空局(FAA)の耐空証明を取得し、22年度に社会...

過去最大級の20億円制裁金 ボーイングに米当局検討 (2020/3/10 機械・ロボット・航空機1)

米連邦航空局(FAA)は、米ボーイングが737MAXや737ネクスト・ジェネレーション(NG)に当局が認めていないコックピット機器を装備したとして、同社に約1970万ドル(約20億7600万円)の制裁...

米ボーイングの乗務員、追加訓練必要になる可能性 (2020/3/3 機械・ロボット・航空機1)

米航空当局は米ボーイングに対し、運航停止中の737MAXのフライトシミュレーター試験で同社の乗務員が適切な手順を行えなかったとして、同社パイロットには緊急時の対応に関する新たな訓練が必要になる可能性が...

米連邦航空局、737MAXに落雷対策の改善指示 (2020/3/2 機械・ロボット・航空機1)

米連邦航空局(FAA)は運航停止となっている米ボーイングの旅客機737MAXに対する追加の安全対策を勧告した。... 連邦官報によると、落雷から配線を保護する目的でアルミニウム加工を施したパネルの検査...

三菱航空機(愛知県豊山町、水谷久和社長、0568・39・2100)は27日、開発中のジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」に、国内組み立ての初号エンジンを搭載し、飛行に成功したと発表した。....

欧エアバスは新世代旅客機「A330―800=写真」が、欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)の2機関から型式証明を取得した。

MAX運航再開は今年半ば 米ボーイングが声明 (2020/1/23 機械・ロボット・航空機1)

ボーイングは、運航再開時期を決定するのは米連邦航空局(FAA)などの規制当局だと断った上で、「安全な運航再開が最優先課題で、それが実現すると確信している」と強調。

米ボーイング、MAXで新たなソフト問題 (2020/1/21 機械・ロボット・航空機1)

ボーイングの電子メールによれば、同社はこの問題について米連邦航空局(FAA)に報告したほか、顧客やサプライヤーにも通知している。

米AerSale、ボーイング737など装置分解修理で認証 (2020/1/13 機械・ロボット・航空機)

航空機機体・部材を供給する米AerSaleの一部門AerSale・Component・Solutionsは米ボーイングの「737」「757」「767」型機の着陸装置の分解修理について、米連邦航空局(F...

米ボーイングは「737MAX」を運航する操縦士に模擬訓練を受けさせるよう航空会社に推奨する。... ボーイングは米連邦航空局(FAA)に方針転換を通知。... 新たな模擬訓練の義務付けは、各国当局の再...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる