128件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

シンフォニア、切り花用装置 プラズマ栄養水生成 (2021/8/20 機械・ロボット・航空機)

生成過程で微量のオゾンや過酸化水素が合成され、殺菌効果もあるという。

阪大、光触媒樹脂で過酸化水素製造 (2021/7/28 科学技術・大学)

大阪大学の白石康浩准教授と松本昌子大学院生、平井隆之教授らは、水と酸素から過酸化水素を製造する光触媒樹脂を開発した。... 過酸化水素はエネルギーキャリアの候補の一つ。

【名古屋】九州工業大学大学院工学研究院の横野照尚教授、豊田工業大学大学院工学研究科の山方啓准教授らの研究グループは、太陽光を用いて水と酸素から過酸化水素を生成できる光触媒の開発に成功した。過酸化水素は...

この中でも、BT基板材料や超純過酸化水素(超純過水)など半導体関連の生産拡大は重要な投資テーマだ。 ... 台湾では23年に原料の過酸化水素の工場を稼働する。 .....

過酸化水素水にペプチドを加え、加熱や冷却で結晶化するとスムーズに過酸化水素とペプチドの化合物ができた。 ... 過酸化水素の安定性も高まった。... ペプチドで過酸化水素の用途拡大が...

図は開発しているセンシングシステムの火星地表の着陸船からの観測を想定した際の観測シミュレーションであり、酸素や水などの資源探査や、オゾンや過酸化水素などの反応性の高い分子の観測が期待されている。...

金属を使わないことで過酸化水素分子の分解を防ぎ、リン酸が過酸化水素を安定させることにより水素の生成を促進する。直接の貯蔵や運搬の難しい水素に代わる輸送用物質として過酸化水素の利用が期待できる。 ...

【松山】三浦工業は過酸化水素ガスに少量のオゾンガスを添加することで促進酸化を誘発し、不活化が難しいとされるエンドトキシンを99・9%以上不活化できる滅菌技術を開発した。... 同技術では過酸化水素の使...

昭和電工は上海に工場用地を取得し、半導体やディスプレー製造時の酸化膜材料となる高純度亜酸化窒素(N2O)などの新設備を21年下期に稼働させる予定。 また、三菱ガス化学は台湾で、半導体...

三菱ガス化学は13日、台湾で過酸化水素製品の生産体制を増強すると発表した。... 台湾の既存の超純過酸化水素の製造設備に、原料として工業用過酸化水素を供給する。一貫生産を構築し、半導体製造工程向け超純...

谷口商会/酸・アルカリ漏出検知テープ2種 (2019/11/4 新製品フラッシュ2)

硫酸や塩酸など水素イオン濃度2以下の酸と、アンモニアやカセイソーダといった強アルカリや過酸化水素水などを検知する2種類の不織布テープ消費税抜きの価格は幅25ミリメートル×長さ10メートルで7...

過酸化水素ガスで包装資材や充填機内を低温殺菌する。... 従来の液体過酸化水素によるウェット減菌方式で必要だった過酸化水素水を除去する乾燥工程を省けるため、生産効率を大幅に向上できる。 ...

酸・アルカリ性漏出検知の不織布テープ、谷口商会が投入 (2019/9/30 素材・医療・ヘルスケア)

発売するのは硫酸や塩酸など水素イオン濃度2以下の酸と、アンモニアやカセイソーダといった強アルカリや過酸化水素水などを検知する2種類の不織布テープ。

三菱ガス化、中国子会社の資本金増額 (2019/7/18 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ガス化学は、過酸化水素や化学研磨液を製造販売する中国子会社「泰興菱蘇機能新材料」の資本金を現在の約2900万ドル(約31億円)から、2021年初めに全額出資により約4000万ドル(約43億円)に増...

宇部MC過酸化水素、過酸化水素がハラール認証 (2019/6/14 素材・医療・ヘルスケア)

宇部興産グループの宇部MC過酸化水素(東京都港区)は、宇部工場(山口県宇部市)で生産した過酸化水素について、日本ムスリム協会のハラール認証を取得した。過酸化水素として同認証の取得は国内初。

純水や過酸化水素水など原料を調整して製造ノウハウを蓄積した。

過酸化水素の使用量を大幅低減した作業者や滅菌物に優しい技術で、滅菌と同時に従来できなかった菌の死骸に含まれるエンドトキシンと呼ぶ発熱性物質を99・9%以上不活化することに成功した。... 過酸化水素に...

エタノール、HDAC阻害剤、酢酸で植物をそれぞれ前処理すると、エタノールは、活性酸素の一種である過酸化水素を水に還元する酵素(アスコルビン酸ペルオキシダーゼ:APX)などの遺伝子の転写を活性化し、活性...

コーヒーかすと鉄塩で作った殺菌用資材(ポリフェノール鉄錯体)を、土壌改良材の過酸化カルシウムとともに土壌に施用する。... すでにポリフェノール鉄錯体による殺菌技術は開発していたが、今回、これに過酸化...

厚さ3ナノメートル(ナノは10億分の1)の酸化チタンを熱処理で不動態化(パッシベーション)し、表面の欠陥による悪影響を低減することで結晶シリコン系太陽電池の高性能化につながる。 単結...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる