130件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

同社は押し歩き時の駆動速度が時速6キロメートル以下などを定めた2019年12月の道路交通法の改正を踏まえ、サドルの状態を検知するセンサーなどにより押し歩きの補助機能を加えた。

道路交通法上のミニカー扱い。

経済産業省や国土交通省は「スマートモビリティチャレンジ」として、全国各地でサービス実現に向けて実証してきた。... 最終的には自動運転サービスに関わる省庁の調整や道路交通法、道路運送車両法など現行法の...

道路交通法上では歩行補助具の位置付けだ。

道路交通法上の分類ではミニカーの扱いで法定速度は時速60キロメートル。

電停を共有できれば都市部の道路渋滞の緩和、乗客の乗り換えの利便性向上、公共交通の利用促進などの効果が期待できる。... 2018年度から取り組んでいる「通信型高度道路交通システム(ITS)による公共交...

日本電動モビリティ推進協会(JEMPA、川崎市高津区、鳴海禎造代表=glafit社長、050・3138・3953)は、3年後をめどに車両区分や道路交通法の見直しを整理し、2030年に低速モビリティの走...

道路交通法上の分類ではミニカーとなり車検・車庫証明は不要。

(松崎裕) 高速道で実用化 【関連法を改定】 国内では2019年に改定された道路運送車両法と道路交通法の自動運転に関わる規定が...

2004年、自動車の運転中に携帯電話を使用することに罰則を設けた改正道路交通法が成立。

「あおり運転罪」を盛り込んだ改正道路交通法が30日、施行される。... 警察庁は2019年までの2年間に暴行罪などや自動車運転処罰法違反の危険運転致死傷罪を適用した悪質なあおり運転計133件について分...

国内では4月に補助者が付く「近接監視・操作型」の枠組みが整備されたが、政府が早期実現を目指す「遠隔監視・操作型」は道路交通法や道路運送車両法など制度上の位置づけがないため公道実証ができない状況にある。...

開発モデルは今後、顧客企業の現場で試用して改善点を探るとともに、道路交通法など車両に関わる関連法の改正動向を注視しながら、製品化に向けた改良を進める方針だ。

高齢運転者の交通事故防止、あおり運転厳罰化のための道路交通法改正案、安倍晋三政権が取り組む全世代型社会保障改革にかかわる年金制度改革関連法案、巨大IT企業を規制するデジタル・プラットフォーマー取引透明...

主な提出法案は、パート労働者への厚生年金の適用拡大などを盛り込んだ年金制度改革関連法案、高齢ドライバーの交通事故防止策として運転免許証の更新時に技能検査を実施する道路交通法改正案、20年度末となってい...

警察庁はあおり運転を厳罰化する道路交通法の改正案を20年の通常国会に提出する方針。交通インフラの中核である自動車のマナーがクローズアップされた。

キャンパス内は道路交通法で定める道路にはあたらないが、坂道やカーブ、信号など公道に近い環境を持ち、一つの街として機能している。 ... 次世代交通の実用化に向けてさまざまな実証を繰り...

自治体のインフラや自然環境を生かした展開は、次世代交通の在り方を構築する第一歩として注目される。... Limeのシェア型電動キックボードは既に25カ国約100都市で展開しているが、日本では道路交通法...

高速道路でのあおり運転や逆走事故が社会問題化する中、電子部品や無線通信メーカーの製品・システムが交通安全対策に一役買っている。... (山谷逸平) 警察庁のまとめによれば、全国の警察...

政府は五輪期間中の自動運転の実現に向け法改正などの環境を整備した。... 一方、政府は大会を前に自動運転車の公道走行を可能にするため法整備を進めた。今年5月には改正道路交通法が成立。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる