20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

キーワード/研究機器の遠隔利用 (2020/11/19 大学・産学連携)

Q 機器の遠隔利用ってどんな具合なの。 ... A 通常の共同研究は研究者同志が顔を合わせて議論することも大事だから、遠隔地からでも時間と交通費をかけて行き来することが多かった。.....

大阪大学は強みとする化学分析の核磁気共鳴装置(NMR)群を、学外研究機関や企業が遠隔地から利用する仕組みを確立した。... 学外からはインターネットを介した化学・製薬企業の利用などで、安全性がより重要...

長岡技術科学大学は連携する高等専門学校に、電子顕微鏡など同大の研究機器を遠隔利用の形で貸し出す活動を本格化した。... 新型コロナウイルス感染症で遠隔利用のニーズが高まって、日本電子や日立ハイテクなど...

学術情報ネットワーク(SINET)を含む基盤的設備の整備、遠隔利用の研究機器などモノを通じた支援が目を引く。... さらに付置研究所など共同利用・共同研究拠点に27億円増、消耗品代などで30億円増だ。...

遠隔・非対面・非接触の推進に向けた取り組みも加速する。... テレワークや遠隔教育、遠隔医療を支える情報通信基盤の整備には256億円を計上した。... 産学官で利用される大型研究施設・設備などの遠隔利...

新型コロナウイルス感染症対応で3密を避けると同時に、距離や時間に縛られない多様な研究者の利用を後押しする。... 高速通信システムやネットワークを介して、研究者が研究施設に出向かずに利用すれば、新型コ...

第2世代クラウド 古豪IT、全方位で攻め (2020/9/22 電機・電子部品・情報・通信1)

オンプレミス環境への同居ならば遠隔利用で生じる遅延はなく、企業独自のガバナンス(統制)の下で信頼性や安全性も担保した上で、オラクルが提供する「オートノマス・データベース」などの第2世代クラウドやコンテ...

大学や研究機関への学生や研究者の入構が制限され、研究設備を利用した実験ができなくなっている。... 研究施設や設備、機器が設置されている現場に研究者が行くことなく、遠隔で設備を利用できる環境の整備を目...

日本IBM、遠隔利用ツール追加 共創型統合サービス拡充 (2020/5/19 電機・電子部品・情報・通信2)

日本IBMは先進的なソリューションなどの早期開発を支援する共創型の統合サービス「IBMガレージ」を対人接触なしの遠隔からも利用できるように拡充した。... 試作や検証ソリューション開発では、遠隔調査手...

【新潟】長岡技術科学大学は、豊橋技術科学大学や全国7カ所の工業高等専門学校(高専)が持つ研究機器をネットワークで結び、IoT(モノのインターネット)で相互に遠隔利用できるネットワークを構築する。......

遠隔利用も可能。... 民間の拠点利用は2019年4月以降に始まる。利用企業は設備利用に加え、東大の人材育成メニューやベンチャーキャピタルによる金融面でのアドバイスも受けられる。

THDのクッションコントローラーは、エアチューブ経路に接続することで、装置内部の空気流制御を利用してピストンを減速するストッパーユニット。... また、シリンダーから2メートル程度以内のエアチューブに...

12年にはビッグデータ(大量データ)を利用した顧客動向分析など、必要な機能をそろえたマーケティング・プラットフォーム(基盤)を開発した。... IT資源の遠隔利用を提供するタイムシェアリングサービスは...

数百トン級の内航船を対象に、中小型造船会社が単独では導入が難しい3次元CADを、複数の造船所がインターネットを通じて共同利用する相乗り型のシステムをJSTRA内に構築する。... パソコンのみで3次元...

エム・ピー・テクノロジーズ(東京都新宿区)、日本IBM、シトリックス・システムズ・ジャパン(同千代田区)は11日、デスクトップ環境を仮想化して遠隔利用できるサービスを始めたと発表した。... 価格は利...

手元のパソコンにデータを残さずにシステムを利用するサービスを、アジアに進出した日系企業に提供する。... 利用者のパソコンなどに画面イメージを送信し、システムを遠隔利用できる仮想デスクトップサービスを...

翻訳電話には遠隔利用と対面利用の2種類がある。遠隔利用は発話すると音声をまず認識し、通話相手の言語に翻訳を始める。... 遠隔利用は母国語しか話せない人でも携帯電話1台あれば、将来的にはあらゆる国の人...

利用者はネットワークに接続されているあらゆる場所から、利用者自身の業務環境にアクセスできる。在宅勤務や東京電力管外からも利用可能。デスクトップクラウドに接続する自宅のパソコンには社内データが残らないた...

複数台のパソコンやストレージ(外部記憶装置)などに収納したデジタル資産を一元管理し、保護や共有、遠隔利用が簡単にできる。

日本ユニシスは9月をめどに社内業務システムのリモート(遠隔)サービス事業に参入する。パソコン端末を選ばずに企業内システムにアクセスでき、業務アプリケーション(応用ソフト)を低価格で遠隔利用できる。.....

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる