46件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

富士フイルムが、新型コロナウイルス向けワクチン候補の原薬製造の拡大を加速させている。... FDBは、30年以上にわたり遺伝子治療薬などの受託実績を持つバイオ医薬品の製造受託会社。... ワクチンを開...

遺伝子治療薬の効果を高め、投与量の軽減が期待できる。... 病気を遺伝子レベルで治療する「遺伝子治療」は、がんや慢性疾患などへの応用が期待されている。遺伝子治療薬では主にウイルスベクター(運び屋)が使...

名古屋工大、第一三共などと失明治療薬研究 (2020/5/26 科学技術・大学)

【名古屋】名古屋工業大学の大学院工学研究科の神取秀樹教授が第一三共、三菱UFJキャピタル(東京都中央区)と、網膜色素変性症で失った視力の遺伝子治療薬の共同研究を始めた。 視覚再生の可...

中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関、中医協)は13日の総会で、筋力が低下する難病「脊髄性筋萎縮症(SMA)」の遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」への公的医療保険の適用を了承した。公定価格(薬価)は...

FDBK、英バイオ企業と提携 開発・製造受託強化 (2020/5/14 素材・医療・ヘルスケア)

富士フイルムの英子会社でバイオ医薬品の開発受託を行うフジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ(FDBK)は、遺伝子治療領域の技術を持つ英バイオ企業オキシジェンとライセンス契約を結んだ。遺伝子治...

遺伝子治療薬の開発に向け、製薬企業の動きが活発化する。... 遺伝性疾患領域で、遺伝子治療薬開発の競争激化が予想される。 ... 国内の遺伝子治療薬の開発戦略として、遺伝子治療分野の...

厚生労働省は26日、全身の筋力が低下する難病「脊髄性筋萎縮症(SMA)」について、遺伝子治療薬の製造販売を承認することを決定した。... 治療薬はスイス製薬大手ノバルティスの「ゾルゲンスマ」。... ...

同社が研究開発を進めている抗がん剤のリポソーム製剤「FF―10832」「FF―10850」のほか、核酸医薬品、遺伝子治療薬などの治験薬製造や商業生産を展開する。 リポソーム製剤は有効...

遺伝子治療薬分野を強化し、将来の収益基盤の一つに育成する。 ... オーデンテスは重度の筋力低下や呼吸不全などが見られる希少な神経筋疾患を対象に、遺伝子治療薬の開発を進める。 ...

商工中金、医療・バイオVB3社に融資 SDGsへの貢献評価 (2019/11/28 中小・ベンチャー・中小政策)

【ALS治療薬】 遺伝子治療研究所は2014年5月に創業し、治療法が確立していない難病の遺伝子治療薬を開発するバイオベンチャー。... さらに遺伝子治療薬の研究開発を自治医科大学など...

遺伝子治療薬は疾患治療の期待が高いことで製薬企業の研究開発が活発化しており、長期的に市場の拡大が予想される。... 米国フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ(テキサス州)の工場で、遺伝子治...

中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関、中医協)は28日、足の動脈が詰まるなどした患者に筋肉注射で投与する遺伝子治療薬「コラテジェン」について、公的医療保険を適用することを了承した。 &...

米製薬会社ファイザーは、ノースカロライナ州サンフォードにある遺伝子治療薬の製造施設の拡張に5億ドル(約530億円)を投じる計画を発表した。... ファイザーは遺伝子治療薬という成長分野で存在感を高めよ...

ロシュ、米スパークと買収期限延期で合意 (2019/7/10 素材・医療・ヘルスケア)

【チューリヒ=ロイター時事】スイス医薬品大手ロシュは、43億ドル規模の米遺伝子治療開発会社スパーク・セラピューティクス買収計画について、同社と期限延期で合意した。... ロシュは、スパーク買収により、...

スパークは遺伝子治療薬の開発を専門とする企業で2013年創業。4年後には目の遺伝性疾患に対する遺伝子治療薬としては初めて、同社の「ラクスターナ」が米食品医薬品局(FDA)の承認を得た。同社は血友病の遺...

「重症虚血肢を適応症とした肝細胞増殖因子遺伝子治療薬で、再生医療等製品の製造販売承認を申請した」と、アンジェス社長の山田英さん。... “遺伝子医薬のグローバルリーダー”を目指し、奮闘を続ける。...

がんやアルツハイマー病などへの対策として期待される遺伝子治療薬の製造法を確立し、生活の質の向上や医療費削減、バイオ関連産業の競争力強化につなげる。... 遺伝子治療で遺伝子の運び役となる「ベクター」の...

タカラバイオは、滑膜肉腫や急性リンパ芽球性白血病への効果が期待できる、がん遺伝子治療薬の国内における共同開発・独占販売契約を大塚製薬と締結した。同治療薬の臨床開発の強化や、市場投入後の販売活動を効率的...

アンジェスは開発を進めてきた重症虚血肢を対象とした「肝細胞増殖因子(HGF)遺伝子治療薬(一般名ベペルミノゲン ペルプラスミド)」について、厚生労働省に再生医療等製品の製造販売承認を申請した。承認を得...

 希少な目の遺伝性疾患に対する革新的な遺伝子治療薬「ラクスターナ」が、両目85万ドル(約9600万円)、片目42万5000ドルという価格で販売される。... スパークは遺伝子の変異...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる