10件中、1ページ目 1〜10件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

東京都墨田区と同区のモノづくり企業らが所属する配財プロジェクト(東京都墨田区、浜野慶一代表理事、03・5631・9111)は、人材育成・定着支援の取り組みを始めた。... (大串菜月) ...

オキナの方眼紙「プロジェクトペーパー」、配財プロジェクトの「廃材を配財にかえる万華鏡」など約10種類を紹介。

未来の生活を考察するモノづくり日本会議ネイチャー・テクノロジー研究会、コマ大戦で知られる心技隊、廃材を活用して万華鏡などをつくる配財プロジェクトもモノづくりの楽しさを啓もうした。

配財プロジェクト(東京都墨田区、三田大介代表理事、03・6658・4334)は、スポンジの切れ端などの工場廃材を活用し再び製品化することを提案している。... 一方、「配財の工作展」では「はいざい万華...

「商売としてはまだまだこれからだが、作品の販売は連携している配財プロジェクト(東京都墨田区)と手がける予定。

「我々は配財アーティスト。企業から廃材として出された樹脂などを活用し、再び“財”として“配る”のが名前の由来」と語るのは配財プロジェクト(東京都墨田区)理事の大須賀和美さん。

配財プロジェクト(東京都墨田区、三田大介代表理事、03・6658・4334)は、墨田区の若手経営者を中心に工場廃材を活用した新たな製品づくりを行っている。... 材料の一部は配財プロジェクトの取り組み...

初年度目標は30―40企業・団体・個人」と意欲を語るのは配財プロジェクト(東京都墨田区)代表理事の三田大介さん。

配財プロジェクト(東京都墨田区、三田大介代表理事、03・6658・4334)は、工業製品などを手がけるプロダクトデザイナーと東京都墨田区内のモノづくり企業を結びつける異業種間のマッチング事業に乗り出す...

「商売としてはまだまだこれからだが、作品の販売は連携している配財プロジェクト(東京都墨田区)と手がける予定。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる