117件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

作業者の環境と健康を守る 集塵機 (2021/6/17 特集・広告)

サンテクノのST式湿式電気集塵機は鉄粉などのダストや油煙をファンの力で吸引し、加湿器で水を吹きかけ水を同伴させる。... 塩基性酸化マンガンや酸化鉄などさまざまな有害物質が含まれている。

デンカが高断熱素材開発 CO2を60%削減効果 (2021/3/8 素材・医療・ヘルスケア)

デンカは二酸化炭素(CO2)削減に寄与する高断熱ボード・成形体を開発した。... 高耐熱・多孔質セラミックス材料を用いることで、酸化鉄による耐浸食性を改善しており、カーボンニュートラルなどに取り組む鉄...

大阪市立大学大学院理学研究科の宮田真人教授と八ッ橋知幸教授らは、東北大学と大阪産業技術研究所と共同で、原料濃度や反応時間によらず一定の大きさの酸化鉄ナノ粒子ができる簡便な合成法を開発した。

塗膜にラマン分光法を実施する際、他の成分の波長の読み取りを妨害しているのが、酸化鉄と酸化チタンであることをつきとめた。

経営ひと言/DIC・斉藤雅之副社長「ナチュラルに」 (2019/11/19 素材・医療・ヘルスケア)

2018年に買収した、米国の高純度酸化鉄顔料事業の生産設備の拡大を進め、成長分野で攻勢をかける構えだ。

酸化鉄の一種であるマグネタイト微粒子の表面に多孔質層を持つ二酸化ケイ素を結集させた。... 鉄イオンが飽和した酸性水溶液を使用することで、マグネタイト微粒子を溶かすことなく二酸化ケイ素を結集させること...

関西大学化学生命工学部の大洞康嗣教授らは、シリコーンなど有機ケイ素化合物の合成に使える、直径数ナノメートル(ナノは10億分の1)の酸化鉄粒子触媒を開発した。... 新しい触媒は、加熱してかき混ぜると酸...

鉄コンクリーションは直径数ミリ~数センチメートルの粒で、米国やモンゴルの砂漠で発見。酸化鉄の殻に覆われ、内部は砂が詰まっている。... 火星は約37億~40億年前、二酸化炭素の厚い大気が存在し、温暖湿...

独ランクセス、微粉砕赤色酸化鉄顔料 5000トン超増産 (2018/11/23 素材・ヘルスケア・環境)

独ランクセスは微粉砕赤色酸化鉄の生産量を増強した。酸化鉄顔料「バイフェロックス=写真」と酸化クロム顔料「カラーサーム」の微粉砕赤色顔料の年間生産量を、5000トン以上増やす。... 色の濃度や安定性も...

従来は鉄筋に電流を流して腐食反応を起こしていたが、鉄が溶解する酸化反応が加速されて塩化物などの副生成物が生じていた。... 新試験法は酸化鉄や水酸化鉄がメーンで、実際のさびに似た成分が生成された。&#...

経営ひと言/DIC・猪野薫社長「さらなる成長」 (2018/8/17 素材・ヘルスケア・環境)

買収した偽造防止用インクや化粧品向け酸化鉄顔料メーカーとも、早期に相乗効果を引き出す。

赤く見えるのは火星の表面が酸化鉄を多く含む土や岩で覆われているからだ。

DICと子会社の米サンケミカル(ニュージャージー州)は3日、香港のキャセイ・インダストリーズ・グループから化粧品用の高純度酸化鉄顔料事業を買収したと発表した。... 同工場で生産する高純度酸化鉄顔料は...

独ランクセス、ウレタンポリマー増産 (2018/6/13 素材・ヘルスケア・環境)

ポルトフェリース工場は現在、ポリアミド系エンジニアリングプラスチックの「デュレタン」やポリブチレンテレフタレート系エンプラ「ポカン」をはじめ、ゴム添加剤やタイヤ加硫用ブラダー、黄色の酸化鉄顔料などを生...

独ランクセス、赤色酸化鉄顔料を拡充 塗料並み表現訴求 (2017/12/28 素材・ヘルスケア・環境)

独ランクセス(ノルトライン・ヴェストファーレン州)は、生コンクリートやセメントに配合して着色する酸化鉄顔料について、赤色の品ぞろえを拡充した。... 同社は赤色のほか黒色と黄色の酸化鉄顔料をドイツとブ...

鉄系合金粉はコイルの磁心に使う。従来は酸化鉄を主成分とするフェライト材料を磁心に使ったインダクターが主流だったが、スマホの高機能化に伴い、小型・大電流化に適した合金系インダクターの搭載が増加。... ...

独ランクセスの無機顔料、EVレース防護壁に採用 (2017/9/22 素材・ヘルスケア・環境)

ランクセスがカナダのコンクリート大手ビトン・ブルネに黒色の酸化鉄顔料を約37トン供給した。

【耐候・耐薬品性に優れる】 独ランクセスが日本市場で展開するコンクリート向け酸化鉄顔料が、建築業界で存在感を高めている。... 酸化鉄顔料の世界市場は約100万トンで、約半分を生コン...

酸化鉄顔料は建築資材をはじめ、塗料や樹脂などの着色に使われる。... 世界の酸化鉄顔料需要が、25年度までに年率4%成長するとみる。... 同社の酸化鉄顔料は塗料に比べ導入コストが高いものの、耐候性や...

東京応化財団、向井賞に東大院教授の大越氏 (2017/5/30 中小企業・地域経済2)

大越教授はこれまで数百種類の磁性金属錯体を合成したほか、イプシロン型―酸化鉄を開発し、世界最高保磁力のフェライト磁石などを実現した点を評価した。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる