電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

33件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

このモノマーを有機酸触媒で重合させると透明度の高い多糖になった。 多糖は酸を加えて加熱すると分解されてモノマーに戻る。... 有機酸触媒は金属を含まず環境負荷が小さい。 &#...

横浜国立大学の本倉健教授らは、アルカンとベンゼンを直接結合させる触媒を開発した。... ゼオライトが酸触媒となりアルカンなどから水素を引き抜き、それぞれを結合させる。... 酸廃液が生じないためクリー...

三菱重工と日本触媒、アンモニア分解システム開発へ (2023/8/24 機械・ロボット・航空機1)

三菱重工業は日本触媒とアンモニア分解システムの共同開発契約を結んだ。水素やアンモニアの利活用拡大を見据え、熱分解触媒を用いるシステムの早期実用化を目指す。... 三菱重工は国内外でのアンモニア製造プラ...

ノボラック樹脂はフェノール樹脂の一種で、一般的にフェノールとホルムアルデヒドを縮合重合し酸触媒で合成する。

1960年代からエッチング液はクロム酸、触媒液にパラジウムが使われてきた。... 過マンガン酸でエッチングしてから銀触媒を付与する開発を中断し同時処理の方向を目指した。さらにクロム酸と比べ安定性が大き...

不斉合成で使われる「不斉ルイス酸触媒」を使用。触媒を溶媒とともに回収し、活性を保ったまま繰り返し再使用できた。... 輪の構造を持つ化合物「エポキシド」が切れる反応で触媒を評価すると触媒と水を10回再...

東京大学の宮村浩之助教と小林修教授は、金属ナノ粒子などの固体触媒と溶液に溶けるルイス酸触媒を組み合わせることで、水素化反応を30倍以上加速させることに成功した。... ロジウム白金合金のナノ粒子とスカ...

東京大学の斎藤由樹特任助教と小林修教授は、右手と左手のような鏡像関係にある不斉分子を作り分けるルイス酸触媒を用いたフロー合成手法を開発した。... ルイス酸触媒として代表的なスカンジウム触媒をシリカ担...

かさ高い立体構造を持ち、電子対を引き抜いて分子を反応しやすくする「ルイス酸触媒」を開発し、生成物の高い選択性と収率を達成した。同触媒は医薬品合成や工業利用などに幅広く使われている。 ...

山本教授はルイス酸触媒を用いた不斉合成反応を確立した。触媒の立体構造を利用し、右手と左手のように鏡像関係にある不斉分子を作り分けた。... 光触媒の藤嶋昭東大特別栄誉教授・東京理科大学栄誉教授が有力候...

バイオマス由来モノマーを重合 日本触媒など技術開発 (2020/10/8 素材・医療・ヘルスケア)

日本触媒は、重合が難しいバイオマス由来のモノマーを効率的に高分子量化できる重合技術を、理化学研究所と共同開発した。... 開発した重合技術は、モノマーを活性化させることで重合を進める有機酸触媒を用いた...

山本氏、ルイス酸触媒開発 2001年に化学賞を受賞した名古屋大学の野依良治特別教授らと切磋琢磨(せっさたくま)しながら触媒化学の研究に励んできた、中部大学の山本尚教授...

日本触媒、DX推進 マーケティング・材料開発など (2020/8/24 素材・医療・ヘルスケア)

日本触媒がデジタル変革(DX)を加速する。... 日本触媒は6月、データ解析を通じて新材料や代替材料を効率良く探索する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」強化の...

新材料開発にデータ解析 日本触媒が専門部署 (2020/7/21 素材・医療・ヘルスケア)

日本触媒は、データ解析を通じて新材料や代替材料を効率良く探索する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」の強化を目指し、専門部署「データサイエンス&インフォマティクス推進室...

山本氏-「ルイス酸触媒」応用 01年の化学賞受賞者である名古屋大学の野依良治特別教授らと触媒化学で切磋琢磨(せっさたくま)してきた中部大学の山本尚教授は化学賞...

山本教授はルイス酸触媒の反応体系を確立した。... 触媒研究には単純に純度や収率を競うだけでなく、プロセス条件に適した触媒という切り口が見つかる。... 【先鞭をつける】 岡本教授の...

中部大学分子性触媒研究センターの山本尚センター長・教授はルイス酸触媒の反応を確立した。... ディールス・アルダー反応やアルドール反応、アリル化反応など、次々と化学反応を実現してルイス酸触媒の基本体系...

そのような背景の下、アクリル酸エステルなど工業的に重要なエステル類を効率的に合成できる固体型酸触媒の開発研究に着手した。その結果、研究チームはp―フェノールスルホン酸とホルムアルデヒドから新しい高分子...

今回得た知見の応用で、従来酸触媒や熱によって反応しない原料を用いても、医農薬品に含まれるシクロヘキセン環やシクロブタン環を構築できた。

有機化合物の炭素―炭素骨格をつくる「ルイス酸触媒」の開発という研究の業績と取り組み姿勢を聞いた。 ... この電子対を受け取る相手としてルイス酸触媒が作用、化合物を活性化する」...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン