247件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

【広島】中国経済連合会は2020年度の事業計画を決めた。新型コロナウイルス感染拡大を受け、デジタル技術の一層の活用や、技術革新による成長産業の創出などを重点事業に掲げた。

重点事業の一つのモビリティーではMaaS(乗り物のサービス化)の普及に向けた取り組みを加速する。

中電不動産、マンション開発 日本エスコンと共同事業 (2020/3/31 建設・生活・環境・エネルギー2)

中電不動産(名古屋市中区、052・204・1383)は日本エスコンとの共同事業で2件目のマンション開発を名古屋市東区で行う。1件目の隣接地で日本エスコンが2019年に取得した事業用地に建設する。......

収益源の多様化が求められている点を踏まえて人材育成を促進し、重点事業の深掘りや新規事業の加速につなげる。 ... リース業界や貴社事業への影響は。 ... みずほリ...

味の素が中計 構造改革から再成長狙う (2020/2/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

重点事業に経営資源を集中し、M&A(合併・買収)や非重点事業再編を除くオーガニック成長で19年度の2%から22年度4%に、25年度5%に引き上げる。 フェーズ1では調味料や栄養・食品...

さらに、「事業承継は個々の企業の問題。... 支援制度の利用少なく 教育は「経営面にも重点」 事業承継の相談相手(複数回答)については、「税理士・会計士」と回答したのが43社、「金融...

レモン果汁製品は「ポッカ」ブランドを展開するサッポロの重点事業の一つであり、この研究を基にヘスペリジンを配合した新たな機能性健康食品の商品化を目指す。

すでに複数の自動車メーカーが英国の事業縮小や撤退を決めた。... 他方、日立製作所は重点事業と位置付ける鉄道の車両製造拠点を英国北部に構えるが、ブレグジットの影響は短期的には少ないとみている。 ...

短期間・低予算で要望実現 JBCCホールディングス(HD)は、クラウドサービスや「New SI」(新システム開発)など重点事業分野を明確にし、収益性を重視した事業モデルへのシフトを目...

ビッグデータの産業作り(上)中国・貴州省が一大集積地に (2019/6/24 電機・電子部品・情報・通信)

約5年前から中国政府の重点事業として展開され、現在では多数の中国大手IT企業が集積するなどデジタル化を象徴する地域として成長した。... 通信設備や通信端末事業を手がける中興通訊(ZTE)は、5Gの技...

独シーメンス、2700人追加削減 上場計画のガス電力部門で (2019/6/21 電機・電子部品・情報・通信1)

同社は昨秋にも主に発電事業を中心に世界で約6000人、うち国内で2900人を削減する方針を打ち出した。今回はプロジェクトや配送電などの事業が対象となる。 ... 同社では組織のスリム...

【広島】中国経済連合会は、2019年度の事業計画を決めた。重点事業に地域産業の振興、広域経済圏形成に向けた基盤整備、地域社会を支える人づくり―の3点を掲げた。

国土交通省はIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)などの最新技術を利用して、都市や地域の課題を解決するスマートシティーの「先行モデルプロジェクト」に15事業を選んだ。自治体と民間が一体となっ...

横顔/中小機構東北本部長に就任した杉村均氏 (2019/5/10 中小企業・地域経済2)

東北本部では各地域の中小企業支援機関と手を組むなどして、専門家派遣による収益アップの支援強化を重点事業に掲げる。

米国を中心に同社製品排除の動きが広がっているものの、主力のスマートフォンや情報通信技術関連事業が伸び、好調を維持した。  ... また、重点事業と位置付ける次世代通信規格「5G」につ...

ミサワホーム、米・住宅会社の株式51%取得 (2019/1/1 建設・エネルギー・生活2)

ミサワは2019年度までの中期経営計画で海外事業を重点事業の一つと位置付け、19年度の海外事業売上高を100億円とする計画。18年11月には豪州の住宅建設会社を子会社化し事業を拡大した。

東芝、電池・インフラ事業再編 (2018/12/28 総合3)

東芝は電池やインフラに関する事業を再編する。2019年4月1日付で東芝インフラシステムズ(川崎市幸区)の電池事業を東芝に移管する。... 重点事業の意思決定を迅速化するのが狙い。

足元では電子コミックなど重点事業が順調に拡大するほか、「新たな事業領域である地域包括ケアに着手」するなど、次の成長に向けた布石を打つ。

アイリスオーヤマ、ドラム式洗濯機 機能絞って値ごろな価格 (2018/12/12 電機・電子部品・情報・通信2)

アイリスオーヤマは、2019年の洗濯機事業本格参入に先駆け、同社初のドラム式洗濯機のテスト販売を始めた。17年に発売したルームエアコンと合わせて大型白物家電を主力事業に育てる。... 家電事業を最重点...

「2018年度下期も標準化、サステナビリティー(持続可能性)、情報発信の三つを重点事業として推進する」と語るのは、日本化学繊維協会副会長の上田英志さん。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる