23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

大阪大学は根本的治療法のない神経疾患のハンチントン病で、化合物により原因の遺伝子を正常化する方法を発見した。... 同様に塩基の繰り返しを原因とする他の神経疾患も、同じ仕組みで効果が期待できる。...

献血ベニロンは帝人ファーマとKMバイオロジクス(熊本市)が共同開発した完全分子型静注用人免疫グロブリン製剤で、重症感染症の治療に用いる。... 視神経炎は、視力で重要な役割を担う視神経細胞が、炎症によ...

希少や難治性疾患を薬で治療すべく、奮闘する。 現在、発達障害を伴う重症性の神経疾患向けの薬開発が進行中。... 疾患自体の“リポジショニング”にも挑む。

加藤珠蘭社長は「難治性疾患、希少疾患の治療薬開発を目指している。薬がない疾患に苦しむ患者さんに、迅速に届けたい」と意気込む。 ... 現在、精神神経疾患向けに開発されていた化合物を、...

量子科学技術研究開発機構の高畑圭輔研究員らは、事故やスポーツなどにより頭部に物理的な衝撃が加わった頭部外傷が原因で「遅発性脳障害」が起きた患者の生体脳を観察し、神経変性疾患の原因となる「タウたんぱく質...

ジェクスヴァル(神奈川県藤沢市、加藤珠蘭社長、0466・32・1944)は、発達障害を伴う重症性の神経疾患の治療薬について臨床試験の準備を開始した。海外で精神神経疾患向けの化合物として研究されていたも...

■25年に700万人 早期発見、重症化を防ぐ 認知症の発症や進行を遅らせる「予防」―。... 脳の老化による「物忘れ」とは違い、何らかの病気により脳の神経細胞が破壊されたことで発症す...

対象となるのは脊髄に損傷を受けてから14―28日後で、感覚と運動機能が完全にまひした重症の患者だ。 ... そのため倫理的な配慮から、他に治療法がない重症患者が対象となる。... さ...

iPS細胞を使った再生医療の臨床研究は、眼科疾患や心臓病、血液の疾患に続いて国内4例目。 ... 運動機能と感覚が完全にまひしている重症の患者4例に、他人(他家)由来のiPS細胞から...

これまで有効な治療法がなかった重症の脊髄損傷患者に、他人(他家)由来のiPS細胞から作製した「神経前駆細胞」を移植する。... 運動機能と感覚が完全にまひした重症の患者4例に対して、iPS細胞由来の神...

iPS、臨床応用へ前進 (2019/1/4 科学技術・大学)

また治験として、高橋淳教授らにより、神経変性疾患の一種「パーキンソン病」の患者を対象に、iPS細胞を神経細胞へ分化させ、患者の脳へ移植する治療が行われた。... 作製した細胞から、家族性ALSの原因遺...

iPS細胞を使った臨床研究で、心疾患対象は世界初。... (安川結野、斎藤弘和) 心不全に適用―他家由来の細胞シート移植 沢教授の研究で対象となるのは、血管の詰まり...

バイオジェン、乳児型脊髄性筋萎縮症治療薬を発売 (2017/8/28 素材・ヘルスケア・環境)

先天性の遺伝子変異による致死的な脊髄性筋萎縮症に対して治療手段を提供する初めての医薬品であるといった点が評価され、平均的な営業利益率に35%がプラスされた。 ... SMAは運動ニュ...

慶応義塾大学医学部内科学(神経)教室の鈴木重明専任講師らは、がん免疫治療薬「オプジーボ」の副作用として「重症筋無力症」を発症した場合、重篤化することが多いことを発見した。... 重症筋無力症とは、神経...

慶応義塾大学医学部の岡野栄之教授らは、脳の層構造や大脳の「しわ」が正常に形成されずに表面が平滑になる先天的疾患「滑脳(かつのう)症」の病態について、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って再現した。.....

特に統合失調症をはじめとする精神疾患では、外傷など目に見える症状とは違って薬の効果を実感しにくい場合が多いとされる。... 【効果が長持ち】 対策の一つには、持続性注射剤(LAI)の...

―高血圧など生活習慣病薬を手がけず、呼吸器や中枢神経系など特殊な疾患に事業を絞っています。... 重症のぜんぞくと好酸球性多発血管炎性肉芽腫症で開発しており、後者の患者は日本に1866人と少ない。.....

免疫グロブリン製剤は重症感染症から中枢神経系や皮膚科などの免疫疾患に広げている。いずれも希少疾患だ。... 原発性免疫不全(PID)など専門医の研究会や診療ネットワーク作りを手伝いたい。

炎症性サイトカインの一種「インターロイキン6」(IL6)の働きを阻害する薬剤に、神経の難病である「視神経脊髄炎」の症状を改善させる作用があることを裏付ける研究結果を、国立精神・神経医療研究センターの研...

産業教育機器システム便覧によれば、“情報の約80%は目から入ります”とその重要性を指摘している。... 第6回は眼球の運動にまつわる斜視などの神経疾患について、第7回はまぶたと涙に関係する疾患について...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる