130件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.032秒)

受賞テーマは「半導体ナノ構造における核スピンの電子的制御と量子情報技術への応用の研究」。 ... 核スピンを量子情報技術などのエレクトロニクスに応用する道を開き、スピントロニクス(電...

一方、量子力学では情報は失われないと考える。... 量子情報の理論家ヘイデンとプレスキルは量子ビットをBHに投げ込む思考実験を行い、ホーキング放射の観測からBH内の情報が復元できると示した。... 量...

広島大学の片山春菜大学院生と畠中憲之教授は、旭川医科大学の藤井敏之助教らと共同で、量子力学における「量子ランダムウォーク」のウオーキング・メカニズムを解明した。... これを自在に操ることで、量子コン...

情報通信研究機構は量子計算や量子通信などの量子情報通信技術(ICT)を使いこなす人材「量子ネイティブ」を育成するプログラムの参加者を募集する。... 量子ICTの専門人材は国内では不足気味で、効率的か...

従来比約100倍となる0.9ミリ秒の長いコヒーレンス時間(量子情報などを保持する時間の長さ)を観測した。... 従来材料で形成した量子ビットは、コヒーレンス時間が短く、量子コンピューターに利用するのは...

東北大学大学院工学研究科・高等研究機構新領域創成部の好田誠准教授らの研究グループは、ニュージーランドのヴィクトリア大学ウェリントンと共同で、次世代の情報担体として期待されている半導体の「スピン波」が、...

対象は松田信幸東北大学大学院工学研究科通信工学専攻准教授の「量子情報処理システムの大規模化に向けた小型単一光子源の開発」など、276件(前年度は273件)。

光の最小単位である「光子(フォトン)」の一つひとつを捉えることのできる単一光子検出技術の高性能化は、量子情報通信、バイオ応用、深宇宙光通信、レーザーセンシング、半導体欠陥解析装置など広範囲な先端技術分...

光の最小構成単位である光子が量子状態の伝送に適していると考えられる一方、原子は量子情報処理に適しているとされる。... イオンは量子情報処理の結果を壊さずに光子に転送する量子インターフェース機能に優れ...

阪大、振動量子の移動を画像化 (2020/6/9 科学技術・大学)

量子情報処理の研究で使われる量子ビットや光子と同様に、振動量子が高い制御性や再現性を持つことが分かった。... 量子ビットより大きな情報量を持てるため、より複雑で高精度の計算が可能になる。量子コンピュ...

物材機構の内部で、情報が完全に守られる量子情報通信に必要な「量子ドットもつれ光源」や、量子現象を利用した磁気記録材料の開発など7テーマを選んだ。... 量子マテリアルの開発で、IoT(モノのインターネ...

大阪大学は、量子関連の異分野融合研究拠点として「量子情報・量子生命研究センター」を3月1日付で豊中キャンパス(大阪府豊中市)に設置する。... 量子技術を実用化し、社会課題の解決への貢献を目指す。&#...

(冨井哲雄) 「量子超越性」を達成 世界で研究過熱 量子コンピューターは量子情報の最小単位「量子ビット」を組み合わせ、膨大な計算を超高速で実現できると期待される。....

また、新たに加わった「未来産業」領域では、将来の産業の要となる三つの新興技術(AI・量子情報科学・コンピューティング、先進通信ネットワークと自律システム、先進製造)を特定している。米国では19年度より...

複雑な配線が必要ない量子計算手法「一方向量子計算方式」に注目。... 量子情報の最小単位の「量子ビット」を組み合わせて計算する。これまでは量子ビット間を配線した上で順に量子操作をしながら計算する「ゲー...

東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構は7月2日13時半から東京都目黒区の東大生産技術研究所のコンベンションホールで、シンポジウム「量子コンピューティング技術の将来を語る」を開く。内容は「超電導...

玉川大学量子情報科学研究所は盗聴者による暗号傍受を防げる光通信向け暗号「Y―00光通信量子暗号」を使い、光ファイバーでの長距離暗号通信に成功した。... 東京から北九州間の距離に相当する全長1000キ...

玉川大学量子情報科学研究所の谷澤健准教授と二見史生教授は、通信速度や品質などの通信性能と暗号の安全性を高いレベルで両立できる光通信暗号を使い、実験用の光ファイバー回線での伝送に成功した。... 近年商...

理化学研究所と産業技術総合研究所などの研究グループは、シリコン中の電子のスピン(自転)を利用し量子情報の最小単位を表すデバイス「シリコン量子ビット素子」をマイナス263度Cで動作させることに成功した。...

政府は国全体で量子技術に取り組む「量子技術イノベーション戦略(仮称)」を策定する。... 大学や企業などの関係者で構成する研究開発拠点の創設、量子コンピューターや量子暗号などの重点技術領域などを示す。...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる