157件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

2020年度中にもレベル3の量販車が公道を走る見通し。... 国交省は「これからの自動運転車の足がかりになる。... 市街地走行での自動運転には、十数センチメートル以下とされる自車位置特定の要求精度が...

同車台は既に日産の「ジューク」やルノーの量販車「クリオ」などで採用。... 【記者の目/eパワーに開発資源集中】 2代目ノートでは約3割の顧客がガソリン車を購入したが、3代目はeパワ...

従来のガソリン車を設定せずに、独自技術「eパワー」を搭載したハイブリッド車(HV)専用車とした。... 同車台は既に日産の「ジューク」やルノーの量販車「クリオ」などで採用。... 国内最量販車となるノ...

三菱ケミカル 2030への道(2)サーキュラーエコノミー (2020/9/8 素材・医療・ヘルスケア)

炭素繊維、狙いは“車” 【マネジメント】 「炭素繊維市場の拡大を抑制しているのはリサイクルだ。... 炭素繊維は車体を軽量化して、車の走行時に二...

運転支援やコネクテッドカー(つながる車)関連技術などを充実した。... ローグは今後1年間で生産開始する五つの新型車の第1弾。... 全体の約4分の1を占める最量販車だった。

中型SUV「CX―5」とマツダ3に続く第3の基軸車、量販車に育てたい。 ... 【記者の目/プレミアム化、奏功するか】 つい最近まで世界最量販車だったマツダ3(先代...

マツダはスポーツ多目的車(SUV)が好調で14カ月ぶりに増加に転じた。... トヨタ自動車は、セダン「レビン」などは好調だったが、モデル切り替えを迎えた最量販車「カローラ」が大きく落ち込み、全体の販売...

マツダは新型小型車「マツダ3」の国内販売を始めた。前世代までは国内名「アクセラ」として、世界では年間40万台前後を売り上げ、2017年まで同社最量販車の座を保ってきた主力製品。... 今世代から国内で...

またサイドミラーの映像をカメラで撮影し、車内の画面に映し出すデジタルアウターミラーを、量販車で初めて採用した。

一方、日産は22年に中国販売を17年比約7割増の260万台に伸ばし、そのうち3割をEVなどの電動車とする計画は変えていない。... シルフィは日産の中国での最量販車で強い需要がある。しかし大都市では環...

トヨタ自動車が国内で初投入した高級車ブランド「レクサス」の新型セダン「ES」に採用された。... デジタルアウターミラーはESの最上位グレードにオプション設定されており、量販車での採用は世界で初めてと...

トヨタ自動車は24日、高級車ブランド「レクサス」の新型セダン「ES=写真」を発売したと発表した。カメラでサイドミラーの映像を車内の画面に映し出す「デジタルアウターミラー」を量販車で初めて採用したほか、...

トヨタ自動車は12日、国内で10月下旬に発売する高級車ブランド「レクサス」の新型セダン「ES=写真」に、量販車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用すると発表した。

輸入車全体に占めるクリーンディーゼル車の割合は22・3%で、半期として過去最高だった。 日本車を含む輸入車の総計は同5・0%増の18万2519台で、上期としては3年連続のプラス。.....

将来的にはコンピューターやスマートフォン、量販車などへも展開する考え。

自動駐車システム向けのカメラや半導体、ソフトウエアなどを量販車に供給する考え。自動走行は各社、車だけが走行する高速道路などの分野に力を注ぐ。

海外自動車メーカーに加え、日本の大手車メーカーもEVの量販車に力を注いでいることが、淀川ヒューテックには追い風となっている。

同社初の量販型セダン「モデル3」の生産・販売準備のための投資拡大が響いた。... 主力の高級セダン「モデルS」とスポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」を合わせた既存車種の4―6月の出荷台数は、約53...

世界的に環境規制が強まる中、車両の軽量化・燃費改善につながる部材として、今後は量販車での採用拡大も期待される。 ... 量販車でCFRPを使うのはまだ珍しいが、今後は採用拡大が期待さ...

国内ではハイブリッド車(HV)仕様を販売し、燃費はJC08モードでガソリン1リットル当たり33・4キロメートルとクラストップレベルを実現した。... スポーツ多目的車(SUV)などへ需要がシフトする中...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる