232件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

宇宙では鉛フリーハンダで生じる電子機器の不具合実験などを行う。

鉛フリーで環境負荷を低減したほか、動作する電圧範囲を広げるなど性能を高めた。

一方、環境対策面でも鉛の製錬などと並び、北京五輪が開催された頃と前後し、中国の非鉄金属業界の先駆けとなり、それへの対応が中国の非鉄金属産業モデルとなり現在に至っている。 ... こう...

例えば、エナジー事業本部で取り扱うガルバニ電池式鉛フリー酸素センサー。... だが有害化学物質で土壌汚染や海洋汚染などが懸念される鉛を材料として利用している。マクセルの同センサーは独自の弱酸性電解液を...

タムラ製作所の微細印刷対応の鉛フリーハンダ「TLF-204G-HFW」は、0201部品の短絡(ショート)の原因となる印刷ダレやプリヒートダレを抑制し、チップ脇のハンダボ...

マクセル、ガルバニ電池式酸素センサー出荷開始 RoHS適合 (2020/12/10 電機・電子部品・情報・通信2)

マクセル(東京都港区、中村啓次社長、03・5715・7031)は、ガルバニ電池式鉛フリー酸素センサー3機種のサンプル出荷を開始した。... マクセルは独自の弱酸性電解液を使用して、同センサーを鉛フリー...

黄色粘着捕虫シート「ラスボスRタイプ」 大協技研工業 【日本力(にっぽんぶらんど)賞】=4件 ◇低燃費タイヤDUNLOP「エナセーブ NEXTIII」 住友ゴム工業...

アシストフックⅡは環境にやさしい鉛フリー素材で高い抗菌性を持つエコブラスを材料に採用。

三菱マテ、鉛フリー快削黄銅を開発 導電率16%に倍増 (2020/9/10 素材・医療・ヘルスケア)

三菱マテリアルは、同社従来品よりも経済性や導電性、熱間加工性を向上させた次世代鉛フリー快削黄銅「グローブラス」を開発した。... 人体や環境に有害な鉛の環境規制は世界的に強化されつつあり、国連の持続可...

部材に鉛フリーハンダを採用するなど自動車用途に加えて医療用機器や人体に接触するウエアラブル機器まで幅広い用途に使用できる。

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2020/4/30 中小企業優秀新技術・新製品賞)

鉛フリーの銅錫合金大型鋳造に挑んで、社員一同で苦労の末完成したZEMONで最初に蒸留したニューポットを試飲した時の感動は、いまだに忘れられません。... (鹿児島県霧島市) ...

六価クロムの使用量を従来比15分の1に低減し、鉛フリー電極を採用するなど環境に配慮した。

太洋工業、高耐熱・伸縮性のプリント配線板 鉛フリーハンダ可能 (2020/3/19 電機・電子部品・情報・通信2)

【和歌山】太洋工業は、鉛フリーハンダのリフロー工程に耐え得る耐熱性を持ち、伸縮性にも優れるプリント配線板を開発した。... しかし部品実装の際、鉛フリーハンダでの実装温度に耐えられず、低温ハンダで実装...

【大津】日本電気硝子は鉛フリーで、融点が380度Cと低く、耐熱性の低い電子部品のICパッケージの封止に使える低融点粉末ガラス(写真)を開発した。... 販売目標は明らかにしていないが、価格は鉛含有タイ...

JNC、電子部品事業から撤退 (2019/8/9 素材・医療・ヘルスケア)

同社は精細度が要求される液晶・プラズマディスプレー駆動用半導体への金バンプ加工やウエハテスト(電気特性検査)、鉛フリーハンダバンプ加工、RFID(無線識別)といった電子部品事業を展開している。

研究部門での研修や顧客訪問を通じ、金属表面処理の技術や業界の動向に対する知見を培った》 「欧州連合(EU)の化学物質規制『RoHS』施行を機に、扱うハンダメッキ液で従来の鉛合金が使用...

経営革新計画承認/東京都・51件 (2019/6/7 中小企業・地域経済1)

▽クレア(千代田区)=独自開発した教育用電子ペーパー端末による次世代学習システムの事業展開▽サカ井紙業(江戸川区)=化粧箱制作工程における効率的な業務体制の構築▽エム・ソリューションズ(同)=リニアッ...

OKIエンジ、低銀鉛フリーハンダの強度評価 ひび割れ改善提案 (2019/1/9 電機・電子部品・情報・通信1)

鉛の使用を制限した欧州RoHS(欧州特定有害物質規制)に対応するため、鉛を含まない鉛フリーハンダが普及した。... 銀の含有量は3%だが、高価なため1%以下に抑えた低銀鉛フリーハンダが開発されている。...

同社は鉛を添加しなくても、レギュラースパングル仕上げになる鉛フリーの溶融亜鉛メッキ鋼板を、一足先に商品化している。... 自動車や電機では欧州の環境規制などを受け、鉛や六価クロムなどの有害物質を使わな...

ふくおかIST、ハンダ実装講座 公募で15日開始 (2018/11/13 中小企業・地域経済2)

テーマは15日が「鉛フリーはんだ接合とエンジニアリングの基礎」、12月13日が「はんだ実装の各工程における品質の作り方」。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる