3,335件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

鋳造材と比較した場合、強度は2・9倍、伸びは4・0倍あると確認した。

今回、価格を引き下げるのは、歯科鋳造用14カラット金合金インレー用など合計8品。

福島製鋼は日野自動車グループ企業で、登坂明弘氏も日野自動車ではトラックエンジン装置などの開発で鋳造加工・管理に長く関わった。今は「どんな鋳造品も生産できるラインを整え、素形材から加工までも一貫生産する...

素形材センターと日本鋳造工学会は10月14、21、27の3日間、オンライン素形材技術研修講座「銅合金鋳物の生産技術」を開く。... 素形材センター特別賛助会員、一般賛助会員と日本鋳造工学会正会員・学生...

チタン床の製作は金属を溶かし型に流し込む鋳造が主流だ。... 鋳造の場合は焼成に一晩かかっていたが、今回の切削加工は2時間30分で行える。価格は従来の鋳造チタンと同等とし、コスト競争力もあるという。

積層焼結では製品に超微細な亀裂が入るが、鉄元素の配列の一つであるオーステナイト組織を形成する特殊超合金により、鋳造並の体積密度や強度を実現した。

粉末化せず鋳造で成功 自動車産業は100年に一度の変革期にあると言われている。... 焼結磁石は鋳造と粉末冶金の技術を組み合わせ、多数の工程で作製されている。... 日本鋳造工学会東...

都中小公社、中小の「脱炭素」支援 技術の接点探しから (2022/7/22 中小・ベンチャー・中小政策)

石塚康治執行幹部環境ニュートラルシステム開発部長は材料や構造設計に立ち返り、サプライチェーン(供給網)全体で低カーボン化を進めていることや、「空飛ぶクルマ」と称される電動航空機開発で超...

素形材センターと日本鋳造工学会は8月31日と9月7日、同14日の3日間、オンライン素形材技術研修講座「鋳鋼の生産技術」を開く。... 素形材センター特別賛助会員、一般賛助会員と、日本鋳造工学会正会員・...

素形材センターと日本鋳造工学会は9月2、9、16日の3日間、オンライン素形材技術研修講座「軽合金鋳物の生産技術」を開く。... 素形材センター特別賛助会員、一般賛助会員と、日本鋳造工学会正会員・学生会...

そこへ溶解した金属を流し込むことで、発泡型と同じ形の製品を作る「消失模型鋳造法」で製造。同鋳造法では他の鋳造法のように砂を固めるための材料を混ぜる必要がなく、砂の再生処理が不要で環境にやさしい。...

リョーエイ(愛知県豊田市、杉山正昭社長)は、鋳造の金型からアルミニウムを剝がしやすくする離型剤を塗布する装置「小型エコスプレーシステム=写真」を発売した。

2021年度に参加した8社に旭化成や日本鋳造、昭和電工が加わり、総勢11社が協力する。

鋳造や機械加工は得意だが、制御系の開発はほぼ初めて。

日本鋳造協会(JFS)は2005年に鋳造3団体が合併し設立した。その後09年に日本非鉄金属鋳物協会、14年に日本鋳造機械工業会が加わり名実ともに鋳造業界の...

「創業者は地元の鋳造業を指導し、発展に貢献した人。... 約1年かけスズの鋳造技術開発を行った。... 「鋳造は労働現場の過酷さばかり注目されがちだった。

技能実習生は3年間、会社の寮で生活し日本語を学びながら、安全体感教育や鋳造現場での技能を身に付ける。

JMCは、工場自動化(FA)機器向けの鋳造部品の生産能力を2023年内に現状比2倍の月産1万台に高める。... 現在はコンセプトセンター(長野県飯田市)内の複...

アルミ鋳造よりも機密性や耐圧性に優れるため、水素タンク部品への応用を考えている」 ―会社の課題は。

生産工程では鋳造・塗装・加工工程の設備更新時に、従来比30%の省エネと非化石燃料への転換を図る。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン