182件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

防災・危機管理アドバイザーで防災システム研究所長の山村武彦さんはこう話す。

清水建設、埼玉の物流拠点稼働 AI防災・太陽光 (2021/7/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

首都圏向け物流拠点として好立地にあり、総延べ床面積は19万平方メートルと大規模施設で人工知能(AI)による高機能防災システムやクリーンルーム、太陽光発電設備などを備える。... 同Westの一部に導入...

Bit peeps(ビット・ピープス、兵庫県西宮市、如南友博社長)は、災害時の状況判断や行動を支援する防災システム「ボウサイコンパス」の提供を始めた。... 利用者は手元のスマホ上で災害状況を共有し、...

パソナテック(東京都千代田区、栗本裕司社長)は、自治体向けに開発した防災システムを2022年4月に発売する。... 開発したシステムは「防災ヘルプサービス」。... 移動サポーターは防災関連の民間非営...

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、大下元社長)は、自社工場やプラントの建設現場で、高速無線通信による安全・防災システムの整備に乗り出す。... 構内に高画質のカメラも設置し、歩いているように連続...

2020年12月、思わぬ企業が同島で次世代防災システムの実証実験に乗り出した。... 実証実験で構築するシステムは土砂の異常、増水を遠隔監視し、収集したデータをクラウドサーバーに送る。... その上で...

スマホで水位監視 IIJ、ため池・用水路用 (2021/1/6 電機・電子部品・情報・通信1)

施設園芸や見守り、防災システムでの活用も見込む。

NESICとシスコ、5G共創拠点を相次ぎ開設 事業化競う (2020/11/13 電機・電子部品・情報・通信)

スマート防災システムや地域サービスプラットフォーム(基盤)、都市型スマートビルディングを中心に「今後3年程度で年商300億円を目指す」(中川貴之執行役員)。 ... これをベースに、...

日本無線、災害情報を多言語表示 電子看板用システムに新機能 (2020/9/29 電機・電子部品・情報・通信2)

日本無線(東京都中野区、小洗健社長、03・6832・1721)は、デジタルサイネージ(電子看板)へ災害情報を自動配信して表示する情報混合表示システム「アラートマーカー」に多言語機能を追加する。... ...

日本無線(東京都中野区、小洗健社長、03・6832・1721)は、デジタルサイネージ(電子看板)へ災害情報を自動配信して表示する情報混合表示システム「アラートマーカー」に多言語機能を追加する。... ...

同じく地域未来牽引企業で搬送システム機器メーカーの伊東電機(加西市)はリモート営業を始めた。... 【移動型診療所】 医療・防災システムの輸入販売を手がけるヴィガラクス(神戸市中央区...

同拠点をベースに、京大防災研究所の飯尾能久教授が先導する次世代型地震観測システム「満点(万点)計画」の活動が2008年から展開されている。 ... 近計システムは同計画に当初から参画...

◇最優秀賞・文部科学大臣賞 「博士課程進学者と理科教育から日本の科学技術力を考える」 石原実奈(福井大学大学院) ◇優秀賞 「トランス・サイエンス...

旭化成など、IoT防災システム運用 21年度までに (2020/1/10 建設・生活・環境・エネルギー)

旭化成と旭化成ホームズは2021年度までに、防災科学技術研究所と共同開発しているIoT(モノのインターネット)技術による防災システム「ロングライフイージス」の運用を始める。... 一定数のヘーベルハウ...

超小型衛星データ利活用、福井知事が現場視察 (2019/11/14 中小企業・地域経済2)

参加企業らは衛星データと地図情報を重ね合わせた防災システムの事業を検討しており、1号顧客に福井県がなる予定。... 開発中の防災システムは2020年4月から福井県庁の河川や森林など関連部署で具体的な評...

応用地質、ため池危険情報発信システム 簡易センサー利用 (2019/11/5 建設・生活・環境・エネルギー)

応用地質は簡易な双方向通信型センサーを使い、豪雨災害などに伴うため池の氾濫危険情報を即時に発信する「ため池防災システム」を開発した。... 自治体の防災担当者と連携し、周辺住民の避難行動を支援する。&...

復旧訓練、地震に備え 東ガス・大ガス (2019/11/4 建設・生活・環境・エネルギー)

その目玉は東京ガスの地震防災対策だ。 2001年に稼働した、地震計を使いブロック単位の低圧ガスを供給停止できる地震防災システム「SUPREME(シュープリーム)」のほか、ガスの製造設...

テーマは「これからの防災・危機管理〜個人の備えと組織の対応」。事業継続計画(BCP)のマニュアル策定などに取り組む、防災システム研究所(東京都港区)の山村武彦所長が講師を務める。

モニターでは「総合防災システム」の情報も管理・表示している。同システムは以前からあったが、震度や気象情報、土砂災害情報、道路の被害・点検状況といった情報を集約して閲覧できるように刷新した。... 防災...

モノづくりの高度化に関する技術・システムを集めた展示会「スマートファクトリーJapan2019」(日刊工業新聞社主催)と、防災関連技術の展示会「2019防災産業展in東京」(日刊工業新聞社主催、日本防...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる