電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

29件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

防衛省は自衛隊の戦傷医療に関する有識者検討会を6日に立ち上げる。... 元自衛隊中央病院長や国立病院機構災害医療センター病院長、防衛医科大学校病院救命救急センター長ら計8人の委員で構成。

防衛医科大学校の松尾洋孝教授らの研究グループは、コーヒーを飲む習慣が痛風の発症リスクを軽減することを明らかにした。

災害時の感染制御を支援する取り組みでは、岩手医科大学付属病院の桜井滋感染制御部長らの活動が示唆に富む。... その後、防衛医科大学校防衛医学研究センターの加来浩器教授らと情報収集システムを共同で構築し...

防衛省は、2020年度電力調達における入札公告の状況を公表した。... 河野太郎防衛相は「政府機関の中では最大規模の数字だ」と胸を張った。再生エネ率30%の電力を導入した施設は151施設のうち...

このオンライン手術の一例として東京女子医科大学とNTTドコモが構想するのが、遠隔治療システム「モバイルSCOT」だ。... 防衛医科大学校はKDDIなどと共同で災害時医療を支援する実証実験を実施。

防衛医科大学校免疫微生物学講座の木下学准教授らは、交通事故などで大量出血を起こした患者に輸血し、止血効果と酸素運搬効果がある人工のナノ粒子を開発した。... 早稲田大学と奈良県立医科大学との共同研究。

早稲田大学の藤枝俊宣准教授と山岸健人博士、防衛医科大学校の守本祐司教授らは、体内組織にシールのように貼るがん治療用の無線給電式発光デバイスを開発した。

北海道大学、防衛医科大学校、自然科学研究機構生理学研究所などとの共同研究。

防衛医科大学校の研究チームは、ALDH2を作る遺伝子の個人差が痛風の発症に関わっていることを発見した。

防衛医科大学校の松尾洋孝講師と崎山真幸医官らは、酒に対する強さ・弱さに関わる酵素「2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)」を作る遺伝子の個人差が、痛風の発症に関与していることを発見した...

防衛医科大学校の木下学准教授らは、腸の手術部位に貼り、傷口が他の組織と癒着するのを防ぐ”ばんそうこう“を開発した。

02年に防衛医科大学校を卒業後、医師として自衛隊大湊病院などに勤めた。

防衛医科大学校の松尾洋孝講師、久留米大学の山本健教授、国立遺伝学研究所の中岡博史特任研究員らの研究チームは、激しい関節痛を引き起こす痛風の発症に関わる遺伝子を発見した。... 松尾防衛医科大学校講師は...

防衛医科大学校の中山昌喜医官と松尾洋孝講師らのグループは、痛風の原因となる高尿酸血症の発症に、肥満や飲酒よりも遺伝子要因が強く影響していることを、日本人5005人を対象にした調査で明らかにした。

防衛医科大学校の松尾洋孝講師らのグループは、痛風関連遺伝子「ABCG2」が腎臓での尿酸排せつ機能に関与していることを突き止めた。

防衛医科大学校の松尾洋孝講師と東京薬科大学の市田公美教授、東京大学医学部付属病院の高田龍平講師らのグループは、痛風の発症に関与する遺伝子「ABCG2」が変異している痛風患者は、変異していない患者に比べ...

「外科手術を革命的に変えられる」と強調するのは、防衛医科大学校准教授の木下学さん。

防衛医科大学校の木下学准教授と早稲田大学の武岡真司教授らのグループは、生体内の組織に簡単に密着する生分解性シートを開発し、腹部大静脈の損傷部位にばんそうこうのように貼り付けて止血できることをウサギでの...

防衛医科大学校の守本祐司准教授らのグループは、光を照射する「光線力学療法」により、感染症の治療や予防ができることをマウスでの実験で明らかにした。

東京薬科大学、防衛医科大学校、東京大学の研究グループは、痛風などを引き起こす高尿酸血症が、腎臓ではなく、腸管からの尿酸排出機能の低下が主な原因で起こることを突き止めた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン