66件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

新工法は移動式床版架設機で既設の床版を撤去し、舗装部分や防護柵と一体化した仮設の床版を短時間で設置する。

日本の販売総代理店だったモリタアンドカンパニー(愛知県小牧市)から機械安全防護柵の事業部門を譲り受けた。... Troaxは工場の機械やロボット用の防護柵や倉庫用防護柵で世界シェアトップ。

日本製鉄と神戸製鋼所は4日、防護柵や防音壁を製造する道路関連事業を4月に統合すると発表した。... 統合の2年後をめどに、大阪府高石市にある日鉄建材の防護柵製造設備を休止し、栃木県野木町にある同社の製...

アークノハラ、色つきで目立つ支柱カバー発売 (2019/10/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

アークノハラ(東京都新宿区、岡本力社長、03・3351・9301)は、色つきの支柱カバー「ワイヤロープ式防護柵用支柱カバー=写真」を発売した。道路中央に設置するワイヤロープ式防護柵を目立たせて、ドライ...

具体的には間伐材の有効利用や獣害防護柵の設置、森林・環境学習などを実施する。

東京製綱、落石対策にドローン活用 防護網の施工効率化 (2019/8/26 素材・医療・ヘルスケア)

東京製綱は道路などへの落石を食い止める落石防護網や防護柵の製造・販売事業で、設置工事に先立つ現地調査に飛行ロボット(ドローン)の導入を進める。... 道路脇などののり面に金網状や綱状、柵状の落石対策製...

中でものり面の落石を防ぐ防護網や防護柵では、ほぼ半世紀の歴史を持つ老舗で、国内シェアが4割に上るトップメーカーだ。... 東京製綱はワイヤロープの弾性を生かして衝撃を緩和するガードケーブル(車両用防護...

キャプテンインダストリーズ、簡単設置の防護柵システム (2019/6/24 機械・ロボット・航空機1)

同システムはボラード(保護柱)やドア・フレームプロテクション、歩行者用バリア(写真)、コラム(支柱)プロテクションなど多様な防護商品で構成。

橋桁の架設後、照明の設置や仮設の防護柵の撤去などが順調に進めば、3月中にも対面通行規制が解除される。

【A―Safe/特殊ポリマー柵で歩車分離】 A―Safe(奈良市)は特殊ポリマー製防護バリアーシステム(写真)を出展する。従来の金属製防護柵とは異なる防護性能とコスト優位性を提供する...

ひょうご科技協会、新事業創出助成5社決定 (2018/7/13 中小企業・地域経済1)

▽兵庫県手延素麺協同組合(兵庫県たつの市)=新製法による冷凍「揖保乃糸手延そうめん」開発▽ユメックス(同姫路市)=ショートアーク用電極を長寿命化するための繊維状タングステンナノ構造生成の最適化▽サンラ...

東京製綱、炭素繊維ケーブル新会社 営業益25億円目指す (2018/6/12 素材・ヘルスケア・環境)

新会社は(1)熱硬化性炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製の構造用ケーブル「CFCC」の製造・販売(2)のり面の落石防御網や道路の防護柵といった防災関連製品の海外展開―の両事業を会社分割方式で東京製...

経営ひと言/日本乾溜工業・伊東幸夫社長「あらゆる改善」 (2018/5/31 モノづくり基盤・成長企業)

防護柵設置など主力の建設事業が堅調な故の悩みを明かす。

神鋼建材、ガードレールなど値上げ (2017/10/2 建設・エネルギー・生活)

【神戸】神鋼建材工業(兵庫県尼崎市、工藤寛社長、06・6418・2621)は、ガードレールや落石防止柵などの製品を10月受注分から5―7%値上げすることを決め、販売店や商社に申し入れを始めた。... ...

防護柵などの交通安全施設やのり面、景観工事などの建設事業を主力に化学品製造や防災用品販売などを手がける日本乾溜工業。

昭和鉄工、11月に福岡・宇美工場に本社移転 (2017/6/1 モノづくり基盤・成長企業)

そのため5年前から「機能集約プロジェクト」を立ち上げ、防護柵などを手がける都市景観事業部を古賀工場(福岡県古賀市)に移転するなど、本社からの機能移管を段階的に進めてきた。

神鋼建材工業、道路製品値上げ (2016/12/9 商品市況)

対象製品はガードレール、ガードパイプ、ガードケーブルなどの車両用防護柵と横断防止柵、転落防止柵、防災関連、グレーチングなど道路製品全品種。

「2015年度の売上高は前年度より10億円下回った」と悔しがるのは、橋梁用防護柵などのアルミニウム製品を手がける住軽日軽エンジニアリング(東京都江東区)社長の佐久間勇三さん。

柴山 まだ安全柵を外せない状況ですが、協働作業でシステム化した実用化は既に始まっています。... 先ほど最後に見せた安全柵をとった生産工場というのが我々の理想です。... 完全に防護柵で覆われていても...

現在はロボットの周りを防護柵で囲むのが一般的で、作業などのために柵が設置できない側面では、発光ダイオード(LED)などによるライトカーテンを設置し、人が侵入した場合はロボットを停止している。 ...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる